スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ストロークにパワーが出ない

テニスをしている人の悩みは色々とある。
その中でもよく相談される内容をピックアップし、
私ならまずどこを見るか?を簡単に書きたいと思う。
※あくまで、私です。

まず第1回目の内容は、「強いフォアハンドが打てない」。

もちろん体の使い方や打点など、
色々な原因が考えられると思う。

その中でも、私がまず疑うのは「肘の使い方」。

肘を上手く使い、
肘を基点としてラケットを加速できているか?を見る。

見た方が早いので、動画を入れる。



これを見たときに、肘の向きを確認すると、
インパクトの際、小指側の面(肘の内側)がインパクト方向に向いている。

しかし、上手く肘が使えない方は、

・肘が伸びきったまま、振り始めていたり(肩を支点に回している)、
・インパクトの時、肘の内側が下を向いている(手のひら側が打球方向)、

のように、力の入る関節の使い方が出来てないことを私は疑う。

これが起こる原因としては、手首の使い方も合ってないからだと思う。
あと、注意点としては、
グリップがイースタンなど、かなり薄い人は肘の内側が
ここまで打球方向に向く必要はない。

また、肘の向きを調整したら、手首の位置も調整しないと、
全然違う方向にボールが飛ぶと思う。

そこは球出しなどで、肘をしっかり使って、
ボールがしっかり入る手首の角度を探してほしい。

肘の向きが合っているが弱いボールの方は、
体の使い方(肩甲骨で押せているか)、
主導筋は何か?
(手になっているのか?足なのか?腰なのか?)
を見ていく。

簡単だが、これで1人でも悩みが解決しくれたら嬉しい。

スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。