スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

DUNLOP ネオマックス2000

最近、更新を頑張っている(笑)
これもVIVOのおかげかもしれない・・・。

このオフ期間に色々と試打をしたので、書いていこうと思う。
今年の春に、ウイルソンなど、
大量に新製品が出るので、試打が大変になる。

少しでも多く試打出来るように頑張りたい(笑)

今日、紹介するのは「ネオマックス2000」



このラケット、分かる人には分かるが、
あの名器「MAX200G」の復刻?現代版?のようなもの。

昔の「MAX200G」はマッケンローなどが使っており、
人気のラケットだった。

実は私も興味があり、昔のMAXを打ったことがある。
少し痛んでいたので、腰が抜けていたかもしれないが、
「こんなに柔らかい打球感のラケットがあるのか!?」と、感動した覚えがある。

そのラケットを使っていきたかったが、
あまりにも面が小さく、さすがに試合で使えない(笑)
使いこなす技術もないし、断念した。。。

そんな良い印象を持って、今回、期待をして打ってみた・・・。


【打球感】

 少し、現代版になったのか?と感じるほど、
 イメージした打球感よりはしっかりしていた。
 素材が硬いか、フレームの剛性を今風にしたのか、
 昔の打球感とは、ちょっと違うと思った。
 けれど、昔と同じようなものは、さすがに無理だなと変に納得した。
 
 しっかり芯で捉えると、喰いつき感しっかりの心地よい感触が得れる。
 ここら辺は、昔に近いと感じた。
 昔と比較せずに考えると、しっかりした中でも
 喰いつきと柔らかさを感じれる良い打球感だと思う。


【ストローク】

 もっと飛ぶかな?と思ったが、意外とちょうど良い飛びというか、
 反発力だと感じた。
 一昔前のラケットのように、少しスポットを外すと、
 飛びが落ちるのは、ラケットの個性であり、ある意味良い点かな?と感じる。

 
 喰いつきがあるので、コントロールはしやすいし、 パワー不足も感じない。 
 丁寧にボールを捉えていける人なら、試合でも使えると思う。


【ボレー】

 マッケンローが使っていたので、ボレーのイメージもあるラケット。
 けれど、使えないことはないが、ボレーが特別打ちやすいラケットではない(笑)
 可もなく不可もなく使えた印象。
 重さが320gあるので、そこの取り回しが問題なければ、
 使いやすい方かもしれない。
 
 喰いつきがある分、距離のコントロールなどは、しやすかった。


【サーブ】

 重さもそこそこあり、厚みも22㎜あるので、しっかり振れれば良いサーブが打てる。
 しっかりボールを掴んで、回転などをかける人にはキレが出て良い印象だと思う。
 コントロールもしやすいし、重さをクリアすれば、サーブは打ちやすい。

【総評】

 最近、発売されるラケットの中では、少しコンセプトが違う?というか、
 「テニス・ラケット好きに良い物を!」という印象を勝手に受けた(笑)
 
 爆発的には売れにくい?とは思うが、
 こういうラケットを求めている方も必ず居ると思う。

 重ささえ問題無ければ、現代風にアレンジされ、
 試合でも使えるラケットだと思うし、 ラケット好きには1度打ってほしいラケット。

 こういう復刻系のラケットが出てくるのも、個人的には嬉しい。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。