FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

DUNLOP バイオミメティック200

ふと気付いたらもう18日。日が過ぎるのが早い(笑)。。。
更新遅れてすみません。。。


まだ公には出ていない??が、
バボラのピュアストームあたりがニューモデルが出るとの情報が。
今、世界のトップに君臨するバボラなので、新しいラケットが楽しみ。

今日、紹介するのはダンロップの新しいラケット「バイオミメティック200」



このラケットは昔からある「200G」の後継モデルで、
ダンロップの中でも、競技者向けのラケットとしても人気。

実際打ってみると・・・。
確かに200Gらしい硬派なラケット

前回モデルよりも喰いつき感が増して、元々コントロールの良いラケットなのに、
もっとコントロールしやすくなったように感じる。

あまりしなりを感じなかったが、フレームでボールを潰す感じは得られそう。
300の方はもう少し「カチッと感」が減るが、喰いつき具合は近い。

このシリーズのラケットは、本当にカチッ!とした打球感で、
しっかりボールを潰せれば、かなり良い感触を得られるが、
スイングが遅かったりすると、なかなか厳しいラケット。


面の安定性はまだ高いと感じるが、さすがにスポットを外すとヘロヘロに(笑)

そう考えると、試合向けなのは300の方だが、
しっかりボールを捉えてコントロールしていきたい方にはこちらの方がオススメ。

トータル的な使いやすさや、今のテニスには300が良いのかもしれない。

これも最近のラケットのように、少し高反発にはなってきているが、
まだまだ使う人を選ぶラケットなので、
今までこのシリーズを使っていた人や、しっかり振る学生などにお勧め。


過去記事 エアロジェル4D 200     
       バイオミメティック300
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。