FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

クラブ指導 2009年度

今年のウインブルドン、
フェデラーの1回戦はなかなかヒヤヒヤさせてくれて面白かった!

そういえば、最近書いていなかったがクラブの方もきちんと見ていた。

今年も5月に引退試合があり、3年生が引退していった。

この年はとても強くて、全ての大会で個人・団体共に本戦出場し、
1番良い成績では本戦でベスト8、地域の大会ではベスト4まで勝ちあがった。

4月、5月はこちらがバテるほど大変だったが、
それだけの時間をかけた価値はあったと思う。

今年は引退した3年生から色紙をもらったのだが、
その中で多かった言葉が「人として成長出来ました」というフレーズだった。

それを読んでいて、あの松岡修造さんも、どこかのインタビューで、
「やはり技術だけを教えてくれたコーチよりも、
 マナーや挨拶、人として成長をさせてくれた人が印象に残っている」

という内容のことを答えていたことを思い出した。

そんなに礼儀などには、口うるさく言ったつもりはない(笑)が、
色々と相談されたときに、
「ここからは自分の成長のために自分で考え、行動してみよう」
とよく言ったからなのかもしれない。。。

「どんな練習をしていたの?」と思われる方もいると思うので、概要を書くと。

技術的・メンタル的な指導で今年の取り組みとしては、
文字だと分かりにくいかもしれないが、

・試合後に「感情」に触れないフィードバック
・感覚神経の向上
・ステップワークのためのラダーなど簡単なフィジカル
・試合や練習での意識の使い分け


などを徹底して行ったのが効果があったと思う。

そういえば、あまりラリーはさせなかった。
必要無いわけではないのだが、
ラリーをするとしても試合を想定した条件を与えてしていたので、
普通のクロスラリーとかはほとんどしていない。。。
(例えば前衛を立たして、前衛に取られないようになど・・・)

あと、やはり良かったのは「部内戦」

自分たちでは結果がはっきり出てしまい、なかなかやりたがらないので、
そこは権力を行使して有無を言わさず試合をやらした(笑)

一般的な学校は基本的にプロを育てるわけではないので、
テニスを通しての「成長」が最優先となってくると思う。

と、まぁクラブもこの1年しっかり見たが、
とりあえず労力がすごいので、一旦メニュー提供や試合での簡単なアドバイスだけにして、
今年からはサブ的な役割にしていただいた。

もしこのブログを読んでいる方の中で、
「テニス部の顧問をしているけど、どうしたらよいか困っている。」
「自分がテニス出来ないけど強くしたい」
など悩んでいるのであれば、
きちんとしたメールを、横のメールフォームからいただければと思う。

私は元教師なので、学校の先生のクラブへの事情は少しは分かると思うので、
その学校の環境や条件の中で、何か良い提案が出来れば嬉しい。

自分がテニスに恩返しできることは少ないので、
行ける範囲の学校で時間さえ合えば、
私でよければボランティアで少し練習を見たりしたいとも思っている。
(もちろん、宣伝などしません(笑))
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。