スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

GOSEN AKコントロール

そういえば最近ガットの記事を書いていない(そんな記事はいっぱいあるが(笑))
と気付いたので、少し書こうと思う。

けれど、ガットの記事はラケットとの相性、ガットを張る人の技術の差など、
なかなか難しい話なので、軽い感じで読んで欲しい。。。

GOSENの中でも「AKプロ」は有名かつ人気の商品。

少し「AKプロ」では硬いと感じる方にはこちらの方が良いかもしれない。
(リンク先は簡単なこのガットについての説明が載っている所を選びました。)



この「AK コントロール」はモノフィラメント(※)だが、
マルチのような感触のガット。

少し優しい感じで、悪い言い方をすれば「頼りなく、打つ力が吸収される」感じ。

良い言い方をすればマイルドな打球感で
自分のラケットを優しい打球感の方向に持っていける。


反発力はそこまで無いが、そこそこといった感じ。
性能が少し「ミクロスーパー」の感じも見え隠れする(笑)

一応、モノなので耐久性があるとのことだったが、
そんなに学生のようには切らない私でも
10回使うぐらいには切れてしまったので、個人的に耐久性には「??」

と言っても、マルチよりは耐久性があるので、
「マルチの打球感が好きで、もう少し耐久性を求めたい人」には
1度、候補として試してほしいガット。


※モノフィラメント、マルチって何だ!?と思われた方は下を参考に。

参考ページ 「製法と素材から見たストリングの種類」

過去記事  AKプロ        
        ミクロスーパー
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。