スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

A君物語 その4

最近、少しずつオフを取ることの重要性に気付いた。
遅すぎるが・・・(笑)

どうしても予定が次々入ってしまい、
疲れるのだが、パフォーマンスのためには、
しっかり休むことも仕事。

暑くなってくるので、週末にドカッとテニスして
熱中症や疲労に、皆さんも気を付けていただきたい。

このA君シリーズも期間を伸ばし過ぎて、
だいぶ前の話になってきた(笑)

もう、なるべく早く終わらせようと思う。
ちなみに現在のA君は、
しっかり引退後に、勉強をして推薦ではなく受験で、
第一志望だった有名強豪校の、一流私立大学に合格。


テニス部に入って、頑張っている。
春の試合でも、1年生としては良い結果を出し、
私も期待している。インカレに行ってほしい。

私は元教師なので、テニスだけやって入れば良い
と言う感じではなく、勉強もして、
A君のように文武両道で頑張ってくれると嬉しい。


確か、前回はベスト8まで勝ち上がったことを書いた。
日にちが変わり、その次の試合でも、しっかり繋ぎ勝ち、
なんとベスト4へ!

この相手との試合では、
しっかりクロス展開で十分に打ち勝って行けた。
しっかりしたステップで、ボールに入れていたので、
繋ぎのボールの質が良かった。

こういう展開だと、自分が無理をしなくても勝てるので、
安心して見れる。

次はいよいよ、決勝に向けての試合!
ここまで来ると、大阪ではかなり強い子。

試合が始まって見ていると、
何とかキープキープで試合としては締まっているが、
ラリー展開の時に、やや不利。


A君のサーブが良く、
相手のバックハンドリターンが、少し精度が低かった。

なので、バックにサーブを入れると、リターンミスを奪えるので、
キープは出来ていたが、A君のセカンドサーブになると、
どうしてもラリー展開になってしまう。

ラリーで不利な状況が多いと、
相手のサーブはブレイク出来ないし、
試合の後半や1stサーブが入らないゲームで
ブレイクされやすくなるので、少し不安だった。


ラリー展開は、相手のフォアの逆クロスと
A君のバックハンドクロスの打ち合いの場面が多く、
そこから、どちらが先にストレートで仕掛けるか?
という状況。

ここで、序盤A君の仕掛けが遅く、
相手に先に回り込みフォアのストレートを打たれ、
エースやA君の走りながらのフォアのミスでポイントを取られる。

でもこれは、相手に仕掛けられているので、
ある程度は仕方ない。

そこでA君もバックハンドのストレートで展開しようとするが、
ボールが甘く、また相手の守備力が高くて、
相手の走りながらのフォアで、パッシングを打たれたり、
攻めているにもかかわらず、カウンターでポイントを取られる。

このラリー展開が多いにも関わらず、
内容としてポイントがあまり取れていなかった。

相手の取りやすい展開に持ち込まれていた。

もちろんこれだけが原因ではないが、
結局8ゲームの試合で、2ブレークされベスト4で敗退。

スコア的には競っているように見えたが、
こちらはブレークポイントもあまりなく、
内容的には、完全に負けていた。

次への課題が見えた試合だった。
結局この相手が、決勝も軽く勝ち、優勝した。


夏の総体はベスト4で、本人も満足だったみたいだが、
こうなると、次は追われる立場となる。

夏のジュニアでも勝ち上がり、またしてもこの子に当たった。
結果は1ブレーク負け・・・。6-8だったかな?
前の試合から、時間もなく仕方ないが、
同じ相手に負けると悔しい。

勝ち上がるようになると、最後は同じ相手とばかり当たる。


この後の私学と総体の近畿大会は、
会場が遠かったので、見に行けていない。


両方ともなかなか勝ちあがり、
私学の近畿大会では関西ジュニアでもトップシードの子を倒し、
全国大会出場を決めた。


総体の近畿大会でも2回戦で、
大阪の総体で準優勝だった子を倒して、
その後、世界クラスのシード(日本代表の子)と当たり、
負けてしまった。
※夏の総体は近畿大会で終わる。全国がない。

その対戦したシードの子が近畿大会を楽々優勝する
という、ドローが良いのか悪いのか良く分からない結果だった(笑)

これで、長かった夏がひとまず終わり。
今後は課題に向けて取り組んでいった。


その5に続く・・・。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。