FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

バボラ PURE DRIVE

ついにストックの記事が無くなって、
自転車操業になってしまった。。。

ここからが大変・・・。

wowowで4月1日に錦織選手の
特集をやるようなので楽しみ。

wowowは本当にテニスを
だいぶ取り上げてくれるようになったので、
個人的には気に入っている。

久しぶりに過去記事を見たら、
ピュアドラは100拍手を超えていたことにびっくり!

皆さん、ありがとうございます。


今日、紹介するのは新しい「ピュアドライブ」




ユーザーを思ってのことだと思うが、
基本的にバボラのラケットは、
新しくなっても、あまり大幅には中身を変えない。

今回も「コアテックスシステム」という、
振動吸収を変えただけのよう。

実際、打ってみると・・・。


【打球感】 

 あまり変わっていないだろうと思って打ってみたが、
 意外と印象は違った・・・。
 
 何か前のモデルより、打球感が鈍いというか、
 シャープさが無くなったように感じた。


 少し、打ちどころや感触が読み取りづらい
 打球感になったと思う。

 前回はブレード製法に変わった分、
 打球感も大きく変わり、個人的には好みだったが、
 今回は前々のモデルの打球感に少し戻った感じがする。

 ここら辺は好みやガットなどで変わるので、
 断言はできないが、
 「コアテックス」をそんなに変える必要があったのか?
 よく分からない・・・。

 モデルチェンジでのウリを出す為に、
 何か変えないと!という考えで
 コアテックスを変えたように感じてしまうのは、
 私だけだろうか・・・?


【ストローク】

 ここら辺はスペックも変わっていないし
 今までと変わらず、問題なく使えると思う。
 飛びやすいラケットだが、
 しっかり使えると良いラケットだと思う。
 
 回転量やタッチをしっかりコントロール出来る人には
 飛びもある程度上手くコントロールできるし、
 パワーがあるラケットなので、
 本当に助けてもらえることが多い。

【ボレー】

 ダブルス主体の方でも良く使われているラケット。
 フレームが厚いので、飛びなどは申し分ない。

 今まで使っていた人には、慣れればすぐ使える。

 けれど、たまにボレーとストローク時の
 インパクトの感覚の違いに違和感を感じる人もいる


 確かに、ウーファーのせいか
 使い始めのころインパクトと飛びが
 良くわからないように感じる時もあるが
 これも慣れてくれば、あまり気にならないと思う。


【サーブ】

 スピードも出しやすい割に、
 しっかりコートにも入ってくれるので、
 ラケットの進化だなと感じれる(笑)

 パワーがある分、
 しっかり回転を使える人には問題ないが、
 回転などで調整していない人にとっては、
 オーバーしてしまうので
 入れるためにスイングを緩める→
 スピードやキレが落ちる

 という悪循環が起こるかも。。。

 フラットと言っても、
 少しスピンをかけているレベルなら
 パワーアップを感じるラケット。


【総評】

 はっきり言うと、個人的には前回の方が好み
 
 これは本当に好みなので、
 どちらの方が良いとかは無いと思う。

 買う時、アエロプロとも悩むが
 個人的にはアエロの方が好き(笑)
 ※自分用に重さなどをチューンした場合

 今まで使われていた方には、
 打球感が気にならないのであれば、
 問題なく使えると思う。

 私は振動止めをつけるのもあまり好きではないので、
 振動止めを付ける人にとっては、
 申し訳ないが、
 本当に参考にならないかもしれない(笑)


<過去記事>

 前回モデルのピュアドライブ

 
スポンサーサイト

NX1

ついに、ブログの記事の貯金が無くなってしまった。
※いつも書き溜めて予約してある。

試合が始まると、なかなか時間が作れない。
今年は調子良く更新出来ているので、
なんとか頑張りたい・・・。

今日、紹介するのは、
最近発売したボール「NX1」




実際打って、使ってみたが、
確かに「耐久性」と書いている(笑)だけあって
かなりヘタりにくい。


フェルトもケバケバにならないし、
長く使っていても、
極端に飛びが落ちることも無い。

学生などには良いかもしれない。

けれど、使った方に感想を聞くと、
「ノンプレシャーボールみたい」
という意見が多かった。

私も同じことを思ったが、
缶を開けた直後から弾力性があり、
少しフォートなどに比べると、
ゴムのようなボヨン!とした打球感や跳ね方
をする。

この打球感や飛びに慣れてしまうと、
試合でフォートなどが多いのであれば、
少し違和感やタイミングが取りにくいかも。。。

たまに練習や試合などで使うなら、アリかもしれない。

だが、日本の大きな大会では「フォート」が多いので、
「フォート」を基準に考えるなら、
個人的には練習球には選ばない。

たまにしかボールを使わない方や、
男子学生でどうしてもボールが足りないのであれば、
耐久性はトップクラスなので、オススメ。

 

PRO STAFF SIX.ONE 90

最近、ちょこちょこ試打出来ているので、
ラケットの紹介も多くしていこうと思う。

この時期は新しいラケットが多く、
少しでもお役にたてれば・・・。

とは思っているが、
試打はガットの張りなどで印象は変わる。

記事を参考にしていただくのは嬉しいが、
最後は、自分で試打していただけたらと思う


今日紹介するのは、マニア向け?(笑)のラケット。
「プロスタッフ」の面が1番小さい「90」




このモデルは、とても長く愛されているラケット。

また、このスペックは、なかなか無い。
※フレームなどは17㎜!
その分、他では味わえない打球感や味がある。

実際、打ってみると・・・。


【打球感】

 やはり、このシリーズは期待を裏切らない、
 というか、この路線でしっかり守ってきている
 打球感が感じ取れる。
  
 スポットで捉えたときの独特のボールの重み
 しっかり体重が乗ったボールが 
 打てたかどうかすぐに分かる。
 
 打球感がしっかり感じれるのに、
 しなり?というか、
 フレームの薄さからくる独特のマイルドさが抜群!


 打球感がシャープなのに、柔らかい(笑)
 少し言っていることが矛盾するが、
 このスペックだから作れる打球感だと思う。

  
 以前までのラケットを使いこんでいないので、
 自信をもっては言えないが、
 今までこのシリーズを使っていた方も、
 使っていける打球感だと思う。 


【ストローク】

 スポットで当たった時のボールの飛びだしなどは、
 この薄さでなぜ?と思えるぐらいしっかり飛ぶ。

 もちろん、コントロールもしやすく、
 スピンをかけるのも問題なかった。

 しかし・・・
 この話はあくまでスポットで捉えれた時の話。

 芯を外した時は、明らかに打球感で分かるし、
 何よりボールが死んでいる(笑)

 返らないわけではないが、
 本当に軽いボールが相手に行くのが分かる。

 相手のボールが深く、
 ライジングで返したときのボールなどは、
 面も小さいので、かなり難しかった・・・。

 このラケットを使いこなせる? というか、
 常に生きたボールを打てる人はすごい。。。

 本当にごまかしのきかないラケットだと思う。


【ボレー】

 このラケットはボレーには向いてない(笑)
 
 しかし、ボレーが打てないわけではない。
 スポットで捉えた時などは、
 かなり良い、重たそうなボレーが打てる。

 けれど、私の技術では、早い段階で限界が訪れた(笑)

 ボレーストロークでスピードが上がってくると、
 半分ぐらいボールは死んでいたと思う。。。

 でも、ずっと使っていたら、
 この「飛ぶゾーンが狭い」感覚に慣れてきそう
。。。


【サーブ】

 技術があれば、良いサーブが打てるラケット。
 しかも重いので、筋力も必要になってくる。

 このラケットを選ぶ時点で、
 そういう問題はあまり無いと思うが。。。

 サーブは自分のタイミングで打てるので、
 スポットでしっかり飛ばしやすい。

 コントロールもしやすく、
 キレのあるサーブが打てる
と思う。 


【総評】

 正直、試合にはあまり向かないラケットだと思う。
 
 けれど、とても打球感は良いし、
 今までこのシリーズを使ってきた人にとっては、
 むしろ少し使いやすくなったかもしれない。

 初めてこのシリーズに挑戦する人は、
 試打の時、試合もして確認することをお勧めする(笑)

 個人的にこれまで、必ずこのシリーズは試打してきた。 
 ※記事を書いていない時もあるが。
 
 それは使っていて本当に味のあるラケットで、
 愛されるラケットだと思うから外せない。

 
 使いこなせる人や、ファンにとっては、
 良いラケットが売られ続けていると思う。

 今までこのシリーズだった人は、
 是非使って欲しいラケット。

 

テクニファイバー T.FLASH315 STEPFLEX'11

最近少し、テニス指導のような記事を書いてしまったので、
ここらへんでやはり、ラケットに戻りたい(笑)

※指導の仕方は色々あるので、
 信念を持っているコーチの元で、
 じっくり付いて行くのが1番だと思う。。。

今日、紹介するラケットは久しぶりのテクニファイバー。

テクニファイバーは基本的にシンプルなラインナップで、
「Fight」と「FLASH」の2種類。
あとは、重さが何種類かある。

今日のラケットは「FLASH」の一番重たいもの。




前回モデルも、個人的にはこちらのシリーズの方が好きだが、
実際打ってみると・・・。


【打球感】
 
 すごく「しなり」を感じる打球感。
 第一印象はしなりによる「喰いつき感」と「マイルドさ」。
 
 昔はこういう打球感のラケットがあったが、
 今では本当に減ったと思う。
 
 1度、ボールをラケットに乗せている?という
 表現が当てはまる打球感だと思う。

 最近のラケットの喰いつき感が
 「グッ!」という表現だとしたら
 このラケットは「グニッ!」とまでいく感覚(笑)
 
 なかなか文章で表現するのは難しいが、
 思った以上にラケットに、めり込む感じで、
 個人的には好きな打球感。

 インパクトが強いほど、分かりやすいかも。
 この打球感が好きな人は、
 ラケット好きには多いはず
(笑)


【ストローク】

 少し、ラケットの頭が重いので、
 ストロークの振り抜きが良く、
 個人的には好きなバランス。 

 しなる割に「フレームの復元力?」が強いのか、
 かなりボールが飛ぶ印象。

 一般的にしなっていると、
 少しパワー不足が出やすいが、
 このラケットだと大丈夫だと思う。

 私は少しこの「しなりに対する飛びの誤差」
 違和感を感じたが、慣れれば問題ないのだと思う。

 喰いつく分、コントロールはしやすいが
 距離のコントロールの方がやりにくかった。


【ボレー】

 重さやバランスで、
 操作性がそこまで良いとは思えないが、
 重さの問題さえクリアできれば、
 弾きも良いので、ボレーが楽なラケット

 重さがネックの人は、もう1つ軽いのがあるので、
 そちらを打ってみるとよいかも。

 
【サーブ】

 これも重さが問題無ければ、
 打ちやすいと思う。

 やはり、ある程度の反発を感じれるラケットだと、
 サーブもスピードを出しやすい。

 しっかり喰いつくので、回転も掛けやすく、
 コントロールもしやすい。
 しっかり振れる方なら、
 このバランスも良い方に働くと思う。
 

【総評】

 トータル的なバランスも良く、良いラケットだと思う。
 ピュアドラなどの黄金スペックで、
 これだけしなりや反発を感じるラケットはなかなか無い
と思う。

 しなりと言えば、「トアルソン」のシリーズだが、
 「トアルソン」とは少し違うしなりに感じる。

 こちらの方が、少しマイルドなしなり方で、
 竿がしなって戻るような打球感
と感じる。

 これはこれで、
 テクニファイバー独自の打球感なので、
 個人的には好き。
 
 この新しいシリーズもなかなか良いので、
 周りがあまり持っていないラケットの中で、
 お勧めのラケット。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。