FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

強くなる子・ならない子。 その2

前回は、数学の問題で
「質問の仕方に違い」があることを紹介した。

勉強での質問でも違いが出るように、
テニスでも、アドバイスを聞きに来る生徒に「違い」がある。

それについて、今回は具体的に話していきたい。

※これから先に書くことは、軽く読み流してください。
 
練習試合などをしていると、1日中試合を見て、
1つ1つの試合後、
生徒にアドバイスを言わなければいけない。

これがなかなか大変・・・(笑)

そういうことは置いておいて、
私は基本的に、いきなりアドバイスを言わない。

なぜか?というと、
生徒自身がどう思ったか?が知りたいから。

だからいつも、
「先生、試合でのアドバイスをください。」

「で、○○(生徒の名前)は、この試合でどう感じた?」

と聞き返す。

これが意外と、
生徒は始めのうちは何も言えなかったりする(笑)

そういう時は、
「良かった点と、悪かった点は?」と聞くと答えやすくなる。

ここから先で生徒に違いが出る。

「フォアの調子が悪くて・・・。」
「足が動いていなかった・・・。」
「サーブが入らなくて・・・。」

などなど、色々な感想が出てくるが、
これらの答え方をしている生徒は、
強くなるのに、なかなか時間がかかる
と感じている。

※このフィードバックも別に悪いわけではない。

テニスは対人競技なので、
試合後は、相手との相対関係で話が出てこないといけない
と、
私は思っている。

分かりやすく言うと、
自分がいくらフォアが得意と言っても、
相手がもっとフォアが強いと負けやすい。

自分がバックが苦手でも、
繋いでいて、相手のミスを誘えていたら、
ポイント源になっていたりする。

だから試合後に、「相手がどうで自分がどうか?」という
相対的な評価も出来ていないと、
試合中はそれらを考えてプレーしていない・・・。
(ショットセレクションを間違いやすくなる。)

「自分の調子がどうだった。」だけで、
感想が「自分のこと」で終わっている生徒は
強くなりにくい
と思っている。

その後の練習課題も、
「フォアをもっと練習する」
「サーブが入るようにする」

など、漠然とした課題ばかりで終わってしまうことが多い。

※これらは、ブラッドギルバートの本にも書いていること・・・。

強くなりやすい生徒は、

「相手のフォアが強くて、バックに打ちたかったが、
 コントロール出来なかった。」
「自分のボールで相手を追い込んでいたのに、
 次のチャンスボールをミスしたり、甘かった。」


などなど、
相手との関係性や、
自分のラリーの中でのポイントの終わり方に
課題を見つけれている生徒は、練習課題も違う


「相手のバックに打てるように、
 バックのクロスラリーをもっと練習する」
「追い込む球は打ててきたので、
 次の球をしっかり決める練習をする」


といった風に、かなり具体的に練習課題を見つけて、
それを1つずつクリアしていけば良い。

この思考回路?というか、
課題の見つけ方が分かった生徒は
次の課題が明確になり、もっとやる気を出して、
勝手に「強く」なっていくことが多い。

※もっと上級者になってくると、
 ある程度ショットは打てるので、
 ショットセレクションなどの「判断」や「戦略」の話になってくる。

今回はクラブでの話をしたが、
一般の方にも同じ傾向があると感じている。

少し言葉足らずで、
分かりにくいこともあるかと思うが、
自分で課題を見つける助けになれば嬉しい。

もし気が向けば、
1度、相手との相対関係を把握しながら、
テニスの試合に臨んでみてほしい。

「試合の中で自分に必要なもの」が具体的に見えてくると、
それを手に入れた時、
もう1つ上のテニスが出来てくると思う。
 
スポンサーサイト

強くなる子・ならない子・・・。 その1

ちょっと今回、違う主旨の記事を書こうと思う。

というのも、今回の内容は前から思っていたことだが、
あえて書いていなかった。

誤解を与えるのではないか?という心配があったから。

しかし、少しでも参考になる方もいるのではないか?
という想いも出てきたので、1度書いてみようと思う。

※ここからは、1つの意見ですので、
 信じているコーチの意見を優先してください(笑)


顧問をしていた頃、大学時代のサークル、などなど
私は色々な事情で「テニス歴=指導歴」ぐらい(笑)

この詳しい話は別として、
ちょっと見た人を入れると、
今までかなりの人数のテニスを見てきた。

しかし、私は一般的なスクールとは違い、
基本的に「勝つこと」が評価につながる指導をしないと
いけなかったので、(サークルやクラブ指導が主だから)
上手くなることはもちろん、
強くするには?ということに、全力で挑んできた(笑)

※もちろんスクールの中でもそういうところがあるのは理解している。

4月に新入生が入ってきて、テニス歴など同じスタートラインで、
同じように毎日一生懸命練習しているのに、
2年後にはすごく実力に差が出ている。
ということは毎年のこと。

その実力差は「運動神経」、「やる気」とか生徒が勝手に言っているのを耳にする。
もちろんそれらも大事だが、
私はそれ以外での違いが大きいと、毎年見ていて気付いた。。。

というのも、強くなる子とならない子は
思考回路が明らかに違う。


頭の違い??と思われるかもしれないが、
この説明を詳しくする前に、少し違う話をしておきたい。


私は、数年だが数学の教師をしていた。

テスト前には生徒からの質問が多く、
よく遅くまで質問の対応に追われていた。

教師の方は当たり前のように知っていることだが、
生徒の質問の仕方で、
その生徒が本当にその問題を理解できるか、考えたか分かる。


それは・・・
「先生、この問題が分からないです。」

「どこがわからない?」

この先で、差が出る。

「この問題、全部分からないです。」

こいう質問の仕方をする生徒に、
1度、始めから順を追って説明しても、
私は、定着した記憶があまりない。

わかった気にはなるが、
自分で解けるようには、なっていないと感じた。

「はい、はい。分かりました。」としっかり聞いていた生徒が、
テストで同じ問題を間違っているのを確認してから、
※私の説明もあまりよくなかったのかもしれない。
そういう質問の仕方で来た生徒に、
同じ問題をその場で解かすと、ほぼ出来なかった。


けれど、
「この問題のここまでは、自分で解けたんですが、
 この先が分からないです。」


という質問の仕方をする生徒は、
かなりの確率で「あっ、そうか!」という反応と、
やり直しをその場でさせても、正解が多かった

この「違い」、がテニスでも同じだと思う。

テニスでも質問の仕方や、フィードバックの仕方が良い生徒は、
強くなる確率が高い。


というか、フィードバックの仕方が良いので、
質問の仕方や言葉が違うのだと思う


次回はその具体的な話をしたい。。。
 

DUNLOP ネオマックス3000

錦織選手のおかげで、
テニスがメディアで少しずつ取り上げられるようになった。

この流れに乗って、
昔のようにまたテニス人気が上がると嬉しい。

今日、紹介するラケットは「ネオマックス3000」




このラケットは「ネオマックス2000」と同じ
素材やコンセプト?で、面や重さが違う。

こちらの方が、2000よりは
スペックから女性向けなのだと思う。

実際打ってみると・・・。

【打球感】

 第一印象は、やっぱり思った以上に硬い。。。
 こういうスペックのラケットは、
 柔らかく、もっと弾く感じにしているかと思ったが、
 そういうわけでもない。
 
 2000よりは面が大きい分、少し打ち応えは減る。
 少しだけボールを掴んで、パンっ!と離れる感じ。
 
 素材が基本的に2000と同じなので、
 似たような打球感だが、スペックからの思いこみか、
 こちらの方がもっと柔らかくてもいいのにな・・・と感じた。


【ストローク】

 硬いだけでなく、少しだけ弾く?というか、
 喰いつき感が物足りなく感じた分、コントロールが難しかった。
  
 しかも思った以上に飛ばない(笑)
 もちろん、他のラケットよりは飛びやすいが、
 面が100を超えているラケットとしては、飛びにくいと感じた。
 
 フレーム厚を23㎜に押さえているからかもしれない。
 
 普段、あまりこのようなスペックを使っていないので、
 なるべく読み流してほしい(笑)


【ボレー】

 重さが285g程度なので、操作性は良い。
 
 しかし、弾かないわけではないが
 そんなに弾く方ではなく、しかも飛びにくいので、
 このスペックを使ってきている方には
 少し使いにくいかも・・・。 

 距離のコントロールはしやすいかもしれないが、
 ボールの伸びを出すのは、
 しっかり打っていかないといけないラケット・・・。

【サーブ】

 操作性はよいので、振りやすいと思う。
 コントロールはしやすい?と思うが、
 スピードは出にくいと思う。

 女性で多い、羽子板のようにただ押すだけの
 サーブの打ち方だと厳しいかも。。。


【総評】

 普段、このスペックのラケットを使い慣れていないので、
 試打の感想は微妙・・・(笑)
 あてにならないと思ってもらっても良いかも(笑)
 ※もともとあまり、あてにならないが・・・。
 
 重さが285gなので、年配の女性には少しだけ重く、
 ターゲット層?が・・・?年配の男性になるのだろうか。

 飛びも少し抑えられているし、
 年配の男性でしっかり振る方には、受け入れられるかも。。。

 それであれば、もう少し打球感がマイルドの方が好まれそう。
 けれど、素材が2000と同じにしないといけない分、
 仕方ないのかもしれない。
 
 あまりにも違う素材にしてしまうと、
 違うシリーズのラケットになってしまう。

 面が大きくて、
 あまり飛び過ぎばないラケットを探している方
には
 1度、試してみてほしい。

  

ナダルへのサーブレッスン

デビスカップ、日本勢頑張っていますね。
相手も強いので、なかなか勝つのは難しいかもしれないが
勝ってほしい!!

そんな中、せっかくこのようなタメにならない
ブログを読んでいただいている(笑)方に、
たまには真面目な記事も書こうと思う(笑)。。。

2010年の全米オープン、
ナダルのサーブがとても良くなっていた。

平均速度もかなり上がり、
エースやサービスゲームの内容も
格段に良くなっていた。

ナダルがその原因をインタビューで聞かれた時、
「グリップを少し厚くしただけ」
という感じのことを言っていた。

でも実は、トニーとは違うコーチに
プライベートレッスンを受けて良くなっていた。


そのレッスンの動画を見つけたので、
紹介したいと思う。

英語での説明なので、
分かりにくい方の為に、
簡単に説明も書いておいた。

※本当に簡単な説明です。
 何をしているか?ぐらいは
 分かると思います。

また、動画が重いので、
記事を分割しています。 
続きを読む

C3 fit パフォーマンスロングタイツ

少し前に、スマートフォンでこのブログを見ると、
「文章の区切りがパソコンより短くて、
なんだか読みにくい!!」
と思ったので、
今回から少し文章を縦長にしてみます(笑)

何度かこれで試してみて、
パソコンの方も見にくければ、戻したいと思います。


こういう寒い時期は、
長ズボンだと動きにくいが、短パンだと寒い!
私は感じてしまう。

人間の足は、足首の上(アキレス健あたりの部分)は、
筋肉が少ないため、冷えやすい。

※レッグウォーマーなどで、この部分を温めておくと
 足の血液が冷えにくく、足先も冷えにくい。

しかし走る競技ではアキレス健などは重要なため、
なるべく冷やさずにプレーしたいところ



テニスという競技の性質上、
ボールを拾いに行ったり、コートチェンジ、
ポイント間など休憩を挟むことが多いので、
あまりにも気温が低い時は、筋肉が冷えやすい。

※レベルによるが1ポイントのプレーは
ほとんどが8秒以内で終わる。


JOPの試合でも、この時期、
ロングのスパッツを履く選手が多い。

私も寒さ対策の為に履こうと探してみたが、
色々あって良くわからない(笑)

そこで
、「とりあえず試してブログに書けばいいや」
ということで、試してみることに。


スキンズはショートのスパッツを持っているし、
CWXはもう試したが、少し硬くて分厚く、
締め付け感も強い。

サポートしてほしい時には良いが、
今回はサポートより動きやすさや回復重視

ということで、今回は「C3 fit」を試してみた。




これは、圧力(少し締め付ける)で、
筋肉の回復を促進させてくれるスパッツ。


基本的にスキンズと同じような機能、
コンセプトだと私は判断している。

試し履きした時、SKINSぐらい薄く、
動きやすそうだったので、購入してみた。

実際履いてみると・・・。
思ったより、締め付けがきつい。。。(笑)

SKINSよりは締め付けがきつく、
ガシッ!とサポートというよりは、
軽く筋肉を絞めて、筋肉のブレ?というか、
不安定感を無くしてくれる。

トレーニングでの筋肉痛が残るときの
練習で履いてみると、
なかなか足が楽じゃないか!?
と喜んで練習に行った。

※ここからは個人の感想です。

しかし、、、締め付け感のせいで、
足が上がりにくく感じて動きづらい・・・

ふくらはぎなどは良い感じだが、
股関節のところがもっと伸びてくれないと、
足を上げる時に詰まっているように感じた。

サイドのきわどいボールの処理の時には、
足を大きく広げて取ったりするが、それもしにくい。

他のメーカーのものを、
あまり試していないので何とも言えないが、
締め付けがあるから動きづらいのではなく、
もともと私がロングスパッツを
動きづらいと感じてしまうのかもしれない。



ちょっと、テニスには使えいづらいと思感じたので、
※2回ほど試して、2回とも動きづらいと感じた・・・。
 ランニングにはとても良いと思う。
今ではトレーニング後に寒さ対策+回復の為
に履いている。


<過去記事>

 SKINS(スキンズ)

 CWX 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。