スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

YONEX E ZONE Xi 98

実は最近、発売したラケットの中で、1番気になっていたラケット。



前回の「E ZONE」も、個人的にすごく好きだった。
しかもヨネックスは、ラケットバッグやグリップテープなどの小物の作りを見ても、
とてもしっかり作られている。

そういう観点から、さすが日本製!とも感じるし、
開発に関わったわけではないので、裏側は見えないが、
ラケットの作りもしっかりやっているんだろうな・・・。と勝手に思っている。

そんな期待のラケットを実際打ってみると・・・。

【打球感】

 第一印象は「柔らかい!」
 元々ヨネックスのラケットは面の形が独特の楕円形だが、
 今回のラケットはより横に長くなった影響かもしれない。
 
 今まで以上に、ボールを包みこんでいるような?マイルドな打球感で、
 その中で打ち応えも残っている。
 フレームがしなってボールを掴む感じというよりは、
 「独特なスイートスポットの柔らかさ」と感じる。
 
 これが、ヨネックスの個性・味だと思う。
 これが好きな方はハマる打球感。

 個人的には、柔らかすぎとまでは思わないが、
 ボールを包むより掴んでいるような、もう少しダイレクトな打球感があった方が好み。


【ストローク】

 このラケット、スペックの割にすごく飛ぶと感じた。
 明らかにスイートスポットが広く、スポットとそれ以外の飛びの差が少ない。
 現代風のラケットだと思う。
 
 新しいシリーズの中でも、より競技者向けのスペックだと思うが、
 女性でも簡単に使えるような飛びだと思う。
 
 少し、距離のコントロールが始め難しかったが、慣れれば問題ないと思う。
 コントロール自体はしやすかった。

 これぐらい飛ぶと、試合の中で追い込まれた時でも
 助けてくれると思うので、試合向けのラケット
かも。


【ボレー】

 飛びが良いので、ボレーしやすいラケットだった。
 重さはそこそこなので、広い層に使えると思う。

 けれど、少し気になるのが面の安定性。
 
 個人的な意見だが、ヨネックスのラケットは全般的に、
 面の安定性に少し不安を感じてしまう。
 
 悪くは無いと思うのだが、
 ボールを打ちにいった時にもう少しカチッとした感じが好み。
 

【サーブ】

 反発を感じれる分、打ちやすい。
 しかも、独特のホールド感のおかげでコントロールがしやすく感じた。
 重さもある程度あり、良いサーブが打てる。
 このラケットを選ぶ人には問題無いと思う。
 

【総評】

 とにかく、飛びさえ慣れればバランスの良いラケットだな、という感想。
 スイートスポットも広く、飛びもあるから助けもあるし、独特の打球感。
 良いラケットだと思う。
 
 最近、発売されるラケットを試打していて思うのが、
 少し前まで硬い、とりあえず反発で飛ぶラケット傾向から、
 少し変わってきているように感じる。
 
 しかも、良いと感じるラケットも多く、レベルが高い。
 今までヨネックスを使ってきた方には、ぜひ使ってほしいラケット。


<過去記事>

  E ZONE
 
スポンサーサイト

錦織選手。

たまには日記みたいなものも書こうと思い、
やっぱり書くならこれ。。。

錦織選手、全豪ベスト8!!!
本当にすごい。

5セットマッチを何日も続ける苦しさは、
多分、グランドスラムに出た人にしか分からないと思う。

テレビでもすごく取り上げられて、
テニスの認知度や人気が上がると、私もとても嬉しい。

気になるのは、体幹トレーニングをしたから強くなった
というニュアンスの報道
もあるところ。

トレーニングの中で、体幹は確かに重要な要素だが、
ただ体幹トレーニングをすれば良い
という変な誤解は生まれないでほしいと思う。
※間違ったやり方は腰を痛めたりする・・・。


今回、錦織選手の体型を見ても、
お尻の形が以前より盛り上がって、変わっている。

そこに注目している人はトレーニング好きかも(笑)

試合後のコメントを聞いていても分かるが、
戦い方も以前よりかなり、ミスの数に意識が向いているので、
コーチのブラッド・ギルバートの影響が大きいことが分かる。

これから先、どんな結果が出てくるのか、本当に楽しみ!
応援していきたい。

<過去記事>

 錦織選手の現コーチ、ブラッド・ギルバートの本
 

DUNLOP ネオマックス2000

最近、更新を頑張っている(笑)
これもVIVOのおかげかもしれない・・・。

このオフ期間に色々と試打をしたので、書いていこうと思う。
今年の春に、ウイルソンなど、
大量に新製品が出るので、試打が大変になる。

少しでも多く試打出来るように頑張りたい(笑)

今日、紹介するのは「ネオマックス2000」



このラケット、分かる人には分かるが、
あの名器「MAX200G」の復刻?現代版?のようなもの。

昔の「MAX200G」はマッケンローなどが使っており、
人気のラケットだった。

実は私も興味があり、昔のMAXを打ったことがある。
少し痛んでいたので、腰が抜けていたかもしれないが、
「こんなに柔らかい打球感のラケットがあるのか!?」と、感動した覚えがある。

そのラケットを使っていきたかったが、
あまりにも面が小さく、さすがに試合で使えない(笑)
使いこなす技術もないし、断念した。。。

そんな良い印象を持って、今回、期待をして打ってみた・・・。


【打球感】

 少し、現代版になったのか?と感じるほど、
 イメージした打球感よりはしっかりしていた。
 素材が硬いか、フレームの剛性を今風にしたのか、
 昔の打球感とは、ちょっと違うと思った。
 けれど、昔と同じようなものは、さすがに無理だなと変に納得した。
 
 しっかり芯で捉えると、喰いつき感しっかりの心地よい感触が得れる。
 ここら辺は、昔に近いと感じた。
 昔と比較せずに考えると、しっかりした中でも
 喰いつきと柔らかさを感じれる良い打球感だと思う。


【ストローク】

 もっと飛ぶかな?と思ったが、意外とちょうど良い飛びというか、
 反発力だと感じた。
 一昔前のラケットのように、少しスポットを外すと、
 飛びが落ちるのは、ラケットの個性であり、ある意味良い点かな?と感じる。

 
 喰いつきがあるので、コントロールはしやすいし、 パワー不足も感じない。 
 丁寧にボールを捉えていける人なら、試合でも使えると思う。


【ボレー】

 マッケンローが使っていたので、ボレーのイメージもあるラケット。
 けれど、使えないことはないが、ボレーが特別打ちやすいラケットではない(笑)
 可もなく不可もなく使えた印象。
 重さが320gあるので、そこの取り回しが問題なければ、
 使いやすい方かもしれない。
 
 喰いつきがある分、距離のコントロールなどは、しやすかった。


【サーブ】

 重さもそこそこあり、厚みも22㎜あるので、しっかり振れれば良いサーブが打てる。
 しっかりボールを掴んで、回転などをかける人にはキレが出て良い印象だと思う。
 コントロールもしやすいし、重さをクリアすれば、サーブは打ちやすい。

【総評】

 最近、発売されるラケットの中では、少しコンセプトが違う?というか、
 「テニス・ラケット好きに良い物を!」という印象を勝手に受けた(笑)
 
 爆発的には売れにくい?とは思うが、
 こういうラケットを求めている方も必ず居ると思う。

 重ささえ問題無ければ、現代風にアレンジされ、
 試合でも使えるラケットだと思うし、 ラケット好きには1度打ってほしいラケット。

 こういう復刻系のラケットが出てくるのも、個人的には嬉しい。
 

スピンプロ&ボレーマスター

いよいよ全豪が始まった。
4大大会の中でも、時差などが少なく個人的には1番観戦しやすい。

ナダルはラケットを重くしたようだし、その影響が出るのか楽しみ。
確か、一昨年のジャパンオープンの時は、
ガット込みで340g程度の重さで、グリップも2。

今はどれぐらい重くなったか分からないが、サーブなどに変化があるかも?

今日、紹介というか、
こういうグッズがある、と伝えたいのが「スピンプロ」



私も生徒さんに紹介してもらったのがきっかけ。

こういうのを見ると、とりあえず試してみたくなる(笑)
安いので、買ってみて実際レッスンなどで試してみた。

一応、スピンがかけにくい、かけることが出来ない方向けのグッズで、
これを付けることによって、スピンをかける感覚が出る
という。。。

今のラケットなどを考えると、スピンの技術と言うのは、
本当に必要な要素になってきた。

女性だと、スライスの多用もよく見る。
初中級の頃は、スライスのボールを持ち上げる技術が無い方が多く、とても有効。

しかし、よっぽどキレが無いと、あるレベルから上にはなかなか効いてくれず、
ボールの軌道が直線的なため、ボレーにつかまりやすい。

かといって、スピードを上げれる球種ではないので、
コースがシビアになっていく。

スピンに比べると、コートに入れるために通さないといけない
ネットの高さのゾーンが狭いのも手伝って、スピンが主流になってきている。
※もちろん、これだけの理由ではない。

やはりどんどんと現代のテニスには、
スピンとスライスの使い分けの技術が必要と感じる。


この商品、実際、私も使ってみたが、はっきり言って微妙だった・・・。
というのも、手首がある程度固定されているので、
インパクト後の面の感覚などは掴みやすいかもしれない。

けれど、インパクト前のラケットダウンがチューブがあるため、しにくい。
生徒さん何人かにも使ってみてもらったが・・・。


しかし、私はこれを今、レッスンでちょくちょく使っている!?
私としてはこの商品、ボレーに使いやすい。。。

というのも、女性の方に多いのだが、
ボレーの時に必要以上にラケットヘッドが下がってしまい、
ボレーがすぐに浮いてくる。


「ラケットの頭が下がり過ぎていますよ」と言っても、
自分で分からない方が多く、以前はビデオに撮って、見てもらったりしていた。

しかし今はこれがあるので、ヘッドが下がり過ぎると、
チューブでかなり抵抗があるため、自分で気付きやすい!

しかも、これを付けながらボレーすると、
手首の角度を少し感じれるので、なかなか良い効果がある。

チューブがあるので、ロングのボレーなどはやりにくいが、
近くの距離で感覚を掴むのには良い商品だと思う。

似た商品で「ボレーマスター」というものもある(笑)



2つとも買ったが、ほぼ同じつくりで、
「スピンプロ」の方がしっかりしているので、個人的にはオススメ。

この2つは、スピンに悩んでいる方にも良いかもしれないが、
ボレーの面に悩んでいる方の方がオススメかも??


 

HALEO VIVO (ビボ) その後・・・。

年末から試している「VIVO」

飲み始めて早くも2週間以上経ち、効果がだいたい分かってきた。



今までは、「NBG」というサプリを飲んでいたので、
それをやめて、朝食後・夕食後に各3錠で試してみた。

飲む前から
「普段、NBGを飲んでいるから、体感は無いのではないか?」
と、半信半疑(笑)
体感が無いなら無いで、正直に書こうと思っていた。

※ここから先は、あくまで個人の感想です。

飲み始めて1週間程度の内は、正直、あまり体感も無く、
良くも悪くも無い状態。

他の女性の方にも試してもらったら、
その方は「妙に肌の調子が良い」とのこと。

私は男なので、あまり肌はよく分からず・・・(笑)

けれど、1週間を超えたあたりから、自分でもよくわかる違いに気付いた。

普段から、外のコートに居ることが多いので、
夜になると、昼に浴びた日光などですごく目が疲れる。

ひどい時などは、皆さんも経験があると思うが、
目の奥が疲れての頭痛などもある。

なので、日差しが強い時などは、なるべくサングラスをするのだが、
このサプリを飲みだしてから、明らかに夜の目の疲れなどが減った。

疲れている時は、テレビを見るのもしんどくなるが、それも無い。

体調というか、けだるくなることがすごく減ったと思っている。
日常でのスッキリ感??というのも、とても感じる。

少し高いので、NBGと変わらなければ、
やめておこうと思っていたが、ビタミン系はこれに変えようと思う。


明らかに個人差のある商品だが、
興味のある方は1度、1ヶ月ほど試してみてほしい。


私も飲み続けて、違う体感などがあれば、また記事を書きたいと思う。

<参考記事>

サプリマスターによるVIVO徹底解説

VIVOオフィシャルサイト

<過去記事>
 NBG 

A君物語 その3

だいぶ、A君物語の間が空いてしまった(笑)

早めに書かないと忘れてしまうが、この記事が実は1番大変。。。

思いだしたりするのも大変だが、練習の内容などを適当に書いてしまうと、
色々な誤解を招く可能性がある。

皆さんには、本当に軽く読んでいただきたい。

前回は、夏の大会前までに、
とりあえず球出しなどでA君がコントロール出来る範囲のボールを、
なるべく自分で分かるようなメニューをしたところまで話した。

今日はその後の大会の結果などを書きたい。

高校生の夏だとまず、大きく分けて「私学大会」「高校総体」があり、
これにジュニアの大阪大会も入ってくる。

とりあえず、A君のお母さんとも話しては「私学」、「総体」ともに
「近畿大会」に行くことを目標に取り組んだ。

近畿大会に行くためには、本戦で3回勝てば確実に行ける。
(3回戦で負けても、まだ行ける可能性はある。)

申し訳ないが、「私学」の方はあまり覚えていない(笑)
見に行ったような気もするが、しっかり勝って近畿大会に行けた。

確か、4回戦ぐらいで、
全国クラスのシード上の生徒に早めに当たって、4-6ぐらいで負けたと思う。

とにかく、こちらとしては「高校総体」に1番気合を入れているので、
そちらで結果を出してもらわないと困る(笑)

幸い、本戦で下の方だがシードに入れたので、
近畿大会に行くには自分のシードを守ればよい。。。

※本戦シードは16まであり、シードがつかない生徒は予選からとなる

けれど、番狂わせはいくらでもあるので、安心は出来ない。

1回戦、さすがに勝つだろうと思って見に行かず、あっさり勝っていた。。。

2回戦、インターハイの出場校の1年生。
練習試合では競ったらしいが、試合を見ていても、
明らかにつなぎ勝っているので、大丈夫だと思って見ていると、
大差であっさり勝ち。

次に勝てば近畿大会が決定する。

休憩の時間でマッサージやストレッチをしたり、
飲み物の確認などして、試合に入った。

3回戦の相手は珍しく、公立の生徒。
(大阪では、上位はほとんどが私学の生徒)

試合を見ていると、相手はとにかく繋いでくる相手で、
そんなに球も速くない。

昔だと少し苦手なタイプの相手だったので、
自分からの仕掛けのタイミングを焦らなければいいな、と思って見ていた。

すると、ミスは出ても、続けて同じミスをしなくなっているように感じた。

焦ってミスして落としたポイントの次は、
しっかり繋いで待って、繋ぎ勝つ。
安定したテニスも出来ていたので、危なげなく勝ち、近畿大会出場を決めた。

私も一安心していたが、勝っているので試合はまだ続く。
(私は時間的に厳しく、その後の試合は見ていない。)

ここまで来るとシード勢が、だいたい残ってくるので、
次の相手はシード!?と思いきや、違う生徒にあっさり潰されていた。

相手はインターハイ出場校の生徒。
お母さんの話では、ずっとスコアがビハインドながら、
なんと、タイブレークで逆転勝ち!!!

ここまで来ると、知らない間にベスト8まで来ていた。

始めに目標としていた大阪ベスト8に届いた!!

その日の試合は、日没のためここで終了。
勝ちあがった生徒はまた後日、試合がある。

ここまで、試合を聞いたり、見たりして感じたことは、
明らかにストロークでのミスが減ったこと、
ミスをしても、同じミスを繰り返さなくなったこと
が、快進撃の要因だと感じた。

基本的に自分から積極的に攻めるタイプではなかったので、
繋ぎのボールの質を下げずに、ディフェンス力や安定感が増したことが、
早く結果に結びついたのかもしれない。

次はいよいよベスト4をかけた戦いが始まる・・・・。


続く。



 

謹賀新年。

あけましておめでとうございます。

今年は、更新を予約しておきました(笑)

去年は日本にとって、大変な年となりました。
今年は「良い1年だった」と言えるような1年だと嬉しいです。

このブログも、軽い気持ちで始めたにも関わらず、
思った以上に長くやっています。

いつまで続くか!?は分かりませんが、
出会った人に「ブログを見ていますよ」「更新、楽しみにしています」と
言われる内は書いていこうと思っています(笑)

今はオフなので、試打も順調に出来ています。
また、更新していきたいと思います。

今年の目標は、今回のように少しの文章でも良いので更新をしてみようかな?と思っています。

だいたい1つの記事を書くのに、1~2時間かかるので、
更新がなかなか大変。
けれど、1ヶ月以上、全くブログを更新しないよりは、
簡単にでも書く方が良いかな?と試験的にやるつもりです。

訪問者も今がだいたい500人ぐらいなので、
かなり厳しいですが、1000人目指したいですね(笑)


今年もよろしくお願いいたします。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。