FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

BLADE 98 BLX

始めに書くことが思いつかないので(笑)、
さっそくラケットの紹介を。

今日、紹介するラケットはウイルソンの「BLADE 98 BLX」



このブレードシリーズは、少し前からあるシリーズなので、
気になっている方もいるはず。。。

実際、打ってみると・・・。
本当に素直で硬派なラケットだと感じた。

独特の喰いつきや弾きなどもなく、
インパクトの感触が「純粋」に感じやすい打球感

前回モデルから、あまり変わっていないと思う。
というか、あえてあまり変えていないのだと思う。

飛びは微妙に飛ぶようになった??という感じで、
ガットなどのセッティングで調整できそう。

前回モデルからの以降はしやすいと思う。

近頃のラケットは素材や新機能の搭載で、
色々な意味で個性的になってきているが、
このラケットはそういう感じが一切ない。

余計なものをラケットに付けずに、
打った分がそのままボールに伝わる。

ラケットの助けなどはほとんど感じない。

昔からのラケットが好きな方は、
こういうラケットがお勧めだと思う。

個人的にこういう硬派なラケットは、
このまま1つのシリーズとして残してほしい。。。


プレステージなどもこの路線だったはずが、
少しずつ素材の影響が大きくなりすぎて、
何か変わってしまって残念・・・。

スペック的に男子学生から年配の方まで、
幅広い層のユーザーに受け入れられそうなので、
最近のラケットの打球感が嫌いな方には1度試してみてほしい。


過去記事   前回モデル「K BLADE 98」 
 
スポンサーサイト

YouTek IG Speed MP 18×20

昨日の雪景色はきれいだった。

大阪ではなかなか雪が積もらないので、新鮮。

こういうことを書いておけば、久しぶりに読み返した時に、
「確かにこの年、雪が積もったなぁ」とその時のことを思いだせる。


最近ラケットネタが続いて申し訳ないが、
このブログはラケットネタで成り立っているようなブログなので、
勝手にラケットネタが続いても良しとしている(笑)


今日紹介するのは、
今年の全豪で見事優勝したジョコビッチのラケット「IGスピードプロ」




このシリーズはジョコビッチが、
「ウイルソン」から「ヘッド」に契約を変えた時に出来たシリーズ。

何種類かあり、今日、紹介するのは重さは315gで、
ストリングパターンが細かい方のラケット。

実際打ってみると・・・。
個人的には前回モデルよりは、好みの打球感。

というのも、前回モデルよりは
喰いつき感やボールの当たり所などを感じ取りやすい。

素材として使っている金属の影響か、
ヘッドのラケットには、かなり金属的な硬さを打球感の中で感じてしまう。


その分、メリットとしてはフレームがしっかりしているので、
打ちにいった時のボールを潰す感は感じ取りやすい。

あまりしならないが、ガットのたわみで喰いつくのは感じ取れる。

目の粗い方(16×19)も打ったが、私はこちらの方が好み。
(目の粗い方はまたレポートを書きます)
やはり打ち応えがこちらの方が感じ取れる。

目が細かいと、スピンがかけにくいのかもしれないが、
しっかりボールの打ち応えが感じれるので好きだった。


これだけ硬いフレーム感だと、すぐにボールを弾いてしまって、
ボールをどれだけ捉えているか感じるのが難しい・・・。
その分、飛びのコントロールもこちらの方がしやすく感じる。

いつからか、ヘッドは本当に金属的な傾向になってしまって、
今回もその傾向が残っている。

こういう「カンッ!」とした硬い打球感が好みな人には良いと思う。
が、昔のような「優しさ」が含まれる打球感が好きな人には少し違和感があるかも。

素材が硬いので、20mmのフレーム厚にしては飛ぶ方。
けれど、目の細かいこちらのラケットは、
まだ飛びはマシだと思ってもらって良いと思う。

このスペックで探しているなら、
スピン重視なら16×19、打ち応えなど重視なら18×20がオススメ。

フレームは薄いが、パワー不足は感じないラケット。

過去記事   Youtec speed MP 

ヨネックス V CORE98D

最近、真面目に記事を更新している(笑)

これがいつまで続くかは分からない・・・。

今日、紹介するラケットは
もう少ししたら発売になるヨネックスの新しいラケット「V CORE98D」



最近、ヨネックスは「E ZONE」といい「RDIS200」といい、
個人的には好きな打球感のラケットを作ってくれる。

今回はどうなのか?実際打ってみると・・・。
一球目打った時「おっ!」とつい言ってしまった。

当たり所やある程度のスイングスピードがあれば、
打球感はシャープな感じで、まさに吸いつく打球感。

「ネトッ!」と粘り気がある感じの吸いつき感ではなく、
「スパン!」と抜けるような吸いつき感で、この打球感はかなり好き!!

久々にこんなラケットに出会った・・・。

「RDIS200」の打球感など好みに近かったが、
もうひと喰い込み?が欲しかった。


自分の感覚より、喰い込む前にボールがはじき出される感じがしていたが、
このラケットはその喰い込み具合が増した打球感。


少し、金属的な音がする時もあるが、まだ気にならない程度。

21mm-22mmのフレームなのにしっかりしているし、
パワー負けしにくいラケットだと思う。

フレーム厚のわりに思ったより弾きも良いが、
しんどい時は軽く当てれば飛んでくれるし、
打ちに行っても飛びすぎず、しっかりコートに収まってくれる。

フレーム厚や硬さのバランスがすごく良いと思う。

ボレーも楽だし、サーブもしっかり飛ぶ。
何より、打球感が好き!!個人的にデザインは・・・。

さすがにこの重さのままは軽いので、
真剣に、重さを増やしてこのラケットに変えようかとテスト中。。。

もしよければ、1度試打してみてほしいラケット。
久々にかなりオススメ。

<過去記事>   「RDIS200」 「E ZONE」 

YouTek IG エクストリーム Pro

そろそろ新作のラケットが色々と出てくる時期。
少しずつ試打をして、記事を書ければと思っている。

いつも言っているが、これらの記事はあくまで1つの意見なので、
あまり参考にはしないでほしい(笑)

実は、ジャパンオープンに来日した
ナダルのラケットのスペック情報が入った。
また機会があれば、記事にしようかと思う。

一つ言えることは・・・意外と軽い。。。

今日紹介するのは、ヘッドの新しいラケット「YouTek IG Extreme Pro」



このラケットは「プロ」、「MP」、「ELITE」の3種類の重さがある。

今回紹介するのは、一番重い「プロ」。
一番重いと言っても、315g程度なのでまだ使えそう。

実際打ってみると・・・。
やはり「YouTek」シリーズになってから、
少し硬めで、とにかく反発がすごい。。。

たぶん、素材がかなり硬く重めというのが影響しているのだろう。
だが、意外と飛びすぎる感じはなく、
少しコントロールすれば、コートに収まってくれる。


打球感はほのかに喰いつきは感じるが、しなりは感じず。
本当にパンッ!と言った感じ。

その中でも打ち応えはしっかり感じれるので、
打球感がぼやけることはない、フレームがしっかりしているからかも。

最近のラケットの傾向なので、
慣れている方はあまり気にならないと思うが、
昔ながらのラケットが好きな方は、金属的で違和感を感じるかも。。。

けれど、やはり素材がしっかりした分、
面の安定感や、しんどい時のラケットの助けはしっかり感じれる。
そこら辺がメリットだと思う。

ラケットの歴史を見れば、
素材が硬く変わっていき、面の大きさが大きくなり、
どんどん反発力のあるラケットが主流になっている。

そのパワーを、スピードにつなげて、コントロールすることで、
現在のテニスのスタイルになっているのだと思う。


10年、20年後には、もっと高反発なラケットをトッププロが使っているかも?

そう考えると、少しずつこういう高反発なラケットを
使っていくのが時代の流れなのかな?
とよく思う。

ちょっと話がそれたが(笑)、
ラケットにパワーが欲しい男性などにはお勧めだと思う。

女性などなら、もう少し軽い「MP」や「ELITE]の方がオススメかも?
ボレーなどはかなりしやすいので、ダブルス主体の人には良いかも。


 

改めてオススメ・グルタミン。

最近、サプリネタの記事を書いていなかった。。。

ちょくちょく新しいサプリを試したりはしているが、
記事を書くまでには至らず・・・。

そこでこの時期、受験などで風邪をひくわけにはいかない
という学生や、寒くてテニスをすると体調が崩れやすくなるという方もいるはず。

そこで、かなりお勧めしたいのがやっぱり「グルタミン」

「なぜ、グルタミンが良いのか?」と、少し説明すると。

例えば、週末プレーヤーの方だと休みの日に長時間テニスをしたり、
しっかり練習していつも以上に疲れてしまうことがあると思う。

また、受験生であれば試験に向けての緊張や、
深夜までの勉強で寝不足、塾や予備校で換気の悪い部屋で長時間いるということがあるだろう。

そういう色々な条件でストレスがかかると、
免疫力が低下し、ウイルスにかかりやすくなる。

健康的な時は、体が臓器などをストレスから守るため、
筋タンパクを分解して、筋肉から大量のグルタミンを放出する。

その放出されたグルタミンは、
腸管のひだの修復やエネルギーとして利用され、腸管の免疫力を上げる。


しかし、ストレスが大きかったり、長引くときなどは、
筋肉からのグルタミンの放出が不十分になり、
腸などの免疫力が低下し、体の免疫力低下につながる。


こういうことから、グルタミンは手術後の患者に感染症予防のために、
利用されることもあるぐらい。

ちょっとややこしい説明が続いたが、
要するに、免疫力を上げてくれるのでこの時期には、特にお勧めだと思う。
(簡単に言い過ぎだが(笑))

私も本当にグルタミンにはお世話になり続けている。

負荷をかけたトレーニング後などは、
扁桃腺などが痛くなっていたが、グルタミンを飲むようになってほとんどなくなった。

毎年、冬には必ず風邪を引いていたのが、
今は引かないのは、少なからずグルタミンのおかげかもしれない。

サプリに興味がある方には、ぜひ1度試してみてほしい。

過去記事   グルタミン      
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。