スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

昔のフェデラーのトレーニングなど。

個人的にはとても大好きなトレーニングネタ。

プロのトレーニングは最近書いていなかったので、
若いころのフェデラーのトレーニングなどの紹介。




ナダルもこういうトレーニングをコツコツしているよう。






 
スポンサーサイト

YONEX EZONE

だいぶ前に試打していたが、書くのを忘れていた。
ヨネックスの新しいシリーズ「EZONE」



スペックとしては、面100sq。
フレーム厚が23-26.5mm。重さも300g。
と、黄金スペック。

最近、このスペックのラケットは山ほどある。
(ピュアドラの影響・・・)
この手のラケットを選ぶ基準としては、打球感など「好み」で選べると思う。

実際、打ってみると・・。

この打球感、個人的には好み!

勝手なイメージだが、ヨネックスの打球感は
独特の面の形で(四角い感じ)、スイートスポットは広いが、
少しぼやけるところもあるように感じていた。

けれど、このラケットはそんなことはなく、
自分のインパクトの違いを素直に打球感として感じさせてくれる。

しっかり喰いつく感じもあり、球離れもちょうど良い。
また、本当に素直でシャープな打球感だと思う。

打ったときに一度、手のひらでボールを乗せている感覚も感じ取れるラケット。
この喰いつき感のある無しが、個人的にはかなり重要になってくる。

似ているスペックといえば、以前紹介した「RDiS200」も近いが、
フレーム厚がかなり薄いので、
EZONEの方が楽に感じる、また打球感も少しマイルドに感じる。

と言っても、面が100あるラケットにしては、
飛びは少し抑え気味で、スピンも掛けやすい。


最近出されるヨネックスのラケットは、個人的には好み。

打球感が金属的なものが多くなっている中、
しっかり感覚を育ててくれるラケットが多い。

このラケット、人気がもっと出てほしい。

同じようなスペックのラケットを探している方は、
ぜひ候補の一つにしてほしい。


過去記事   RDIS200 

バランスエクストリーム


最近では「パワーバランス」、「EFX」が人気になり、
付けている人もよく見る。

最近、ちょっとネットを見ていたらこんな物もあった。



スペインで作られたもののようで、
リンク先の写真にはナダルが付けている写真もある。

ナダルは今のところ試合では付けていないので、
付けているのは、この写真の時だけかもしれない。

デザインは、ちょっと目玉に見えなくもない(笑)、ので、
賛否両論ありそう(笑)

作りは、パワーバランスよりしっかりしており、
EFXよりは少し薄い感じだった


効果の違いなどは正直良く分からない。。。

周りがあまり持っていない物を選びたいときは候補に入れてみてほしい。

 

十坪ジム その2

そろそろ続きを書かないと、
書くのを忘れてしまいそうなので「十坪ジム その2」を。。。

十坪ジムと言えば、スプリントトレーニングマシンという
乗っているだけで足が速くなるマシン。

聞いているだけでは怪しい(笑)が、
その正体はマシンに乗ることで、走る動作を体に学習させる。

始めは上手く乗れないが、
体の使い方が上手くなってくると、マシンに上手く乗れるようになる。

その結果、骨盤や体重のかけ方が上手くなり足が速くなるという原理。
詳しくはググってみてほしい。

今日は、それ以外にも面白いマシンがあるので紹介を。

船

これは船漕ぎのマシン(笑)
体全体を鍛えるらしい。。。

アにマー

これは上半身と下半身の連動を上手く機能させるマシン。
個人的には1番乗るのが難しいマシン。
なかなかしんどい。。。

ストレッチ


これは、個人的には1番お気に入りで、ストレッチをするマシン?
ここで足を広げたりすることで、股関節のストレッチがしやすい。
けれど値段を聞いたら・・・びっくりした(笑)

2ストレッチ


これを履いて足を滑りやすくする。

カールレッグ
レッグ


この2つはレッグエクステンションとレッグカール。
普通のジムにあるものとは、少し形が違う。


色々なマシンがあり、とても面白い施設だった。

他にも、歩き方の分析をしてくれたり、
陸上の方に人気があるのが分かる。

走ることに興味のある方には是非1度、マシンに乗ってみてほしい。
東京などにもジムがあり、意外に試せる方は多いと思う。


関連記事 十坪ジム その1

      私が行った十坪ジムHP 

X-BLADE  310

個人的にはお詫びの記事にいっぱい拍手が入っていて、
どういう意味の拍手なのだろうか?と少し笑ってしまった。

拍手を入れていただいた方々、ありがとうございます。

今後も興味のある記事に、拍手を入れていただけると嬉しいです。
(なるべく拍手が多い内容をとりあげようと思っているので。)

久々の記事なので「何を書こうかな?」と思ったが、
やはり試打レポートかな?と思い、新しい「X-BLADE」の記事とすることに。。。
(十坪ジム その2も書かないと(笑))



X-BLADEと言えば、ブリヂストンが何年か前から出しているシリーズで、
ブレード製法にこだわったラケット

初期のころからずっと試打してきていて、
個人的にはお気に入りなので、期待している。

前回の「ZERO」はかなりしなりがあり、
独特の打球感を作りだしていて、作りとしては好きだった。

さて、今回は・・・。
打球感は、少し硬くなったと思う

前回モデルはフレームがかなりしなって、ボールを掴む時間が長く感じる打球感。
今回は、フレームのしなりが少なくなり、カチッとした打球感に近くなった。


シャープな、切れ味のある打球感になったと言えるかもしれない。

打球感を今までのシリーズで表現するなら、
初期と前回の中間ぐらいの硬さ?と感じた。
(初期に近いかもしれない・・・)

金属的ではなく素朴な感じの打球感は、継承されていると思う。

本当にしっかりスイートスポットで捉えると、
柔らかさも感じられて、心地の良い打球感だと思う。

このシリーズはバランスも頭が軽めなので、振り抜きもしやすく、
重さはそこまで気になりにくいと思う。

けれど今回のラケットで1番感じたのは、芯を外した時のボールのひょろひょろ感(笑)

しっかりボールを捉えた時と、外して打った時の差が、
最近のラケットの中ではすごいと感じた。

「昔のラケットは皆こんな感じだったなぁ~。」と思いながら使っていた。
試合で使うとしたら、なかなか手強いラケットになると思う。

そこ以外は、今までのX-BLADEを使っている方なら抵抗なく使えると思う。

学生や昔のラケット寄りの打球感を探している方には、
1度試打してほしいラケット。

過去記事  X-BLADE MP (初期)   
        X-BLADE ZERO MP 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。