FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

SRIXON V5.0

最近、錦織選手の
2大会連続チャレンジャー優勝!
全仏本戦出場!
は嬉しい報告だった。
これからも頑張っていってほしい。

今日、紹介するラケットは日本期待の女子「奈良くるみ」選手使用モデル

実は、くるみ選手が高校1年生の時に、うちのクラブの生徒が戦っていたりする(笑)
生徒はボコボコにやられたが、もう少しで1ゲーム取れそうだった・・・。
あと、男子生徒も伊藤竜馬選手と戦っていたりする。
プロになって活躍する選手と試合出来たのは、運が良かったのかもしれない。



しなって粘る、コントロール重視

話がそれたが、今回、紹介するラケットのスペックは、最近では王道。
フレーム厚もそこそこあるし、重さも280gぐらい。
リンク先に簡単にフレーム厚の特徴が書かれているので、興味があれば見るとよいと思う
あとは素材による感覚の違いだが、実際打ってみると・・・。

メーカーの宣伝通り、確かに少しだけなら「しなり」を感じられる??かも。。。
それ以上に印象に残っているのは、反発力がすごい!ということ。
とにかく、球離れが早く感じた。


けれど、しなりやスロート厚の工夫が少しプラスされているせいか、
最近のラケットに多い金属的なカンカンした感じは少ない。

現代の「パワー・スピード」テニスの傾向から、
フレームが硬くなっているが、それには金属的な素材が加えられることが多い。

だからどうしても昔のラケットのようなマイルドさが少なく、
カンカンした打球感になってしまうのは仕方のないことなのかもしれない・・・。


このラケットはほんの少しだけしなって、
パンッ!と飛び出していくイメージをしてもらうとよいかもしれない。

反発力が強い分、ストロークでのコントロールがしやすいラケットではないと思う。
けれど反発力のおかげで、サーブやボレーはなかなか楽だと思う。

ラケットを振り回す女子の学生には少し向かないかもしれないが、
ダブルス主体で、ある程度、面やタッチでボールをコントロールする方には、
お勧めできるラケット。


 
スポンサーサイト

自分のダイエット(笑)。

最近ラケットの紹介記事が多いので今回は少しお休みして、
個人的なダイエットネタ。

12月に体重が増えすぎてしまったので、
4月までの約3カ月間でだいたい体重を5キロ落とした。

というのも、前々からテニスという競技の特性的に、
そこまで体重を増加させる必要がないのではないかと思い、
落としていこうと思っていた。
(怪我の防止にもなるし・・・)

「筋肉量の考え方」などの話になると今回の記事からだいぶそれてしまうし、
色々な考え方があるので、触れないでおこうと思うが、
大事なのは、「体重を落とす」といっても、
プレーヤーなので「筋肉量」を落とし過ぎるのもまずい。
(動きやパワーが落ちる可能性が高くなり、怪我の恐れもある)

そこで「筋肉を保持しつつ体重を減らす」というテーマで、
減量を開始した。

と言っても、運動量などを特に増やしたのではなく、
サプリとご飯時の決めごとをしただけ。。。

運動量、特に有酸素運動の量を増やし過ぎると、
確かに痩せやすいが、その分、筋分解が多くなる可能性もあるし、
なによりずっと続けられない。
運動量を減らすと、またすぐに体重が増えやすくなると思ったので不採用。

あと、筋トレをして「筋肉量を増やして基礎代謝を上げて痩せる」
というのがブーム?というか、加圧トレーニングなどで流行っているが、
考え方としてありだと思う。

しかし、今回のテーマから外れていたし、
有酸素運動もしないと脂肪は燃えにくいままだし、
この方法も、結局カロリー制限をするか、筋肉量を増やし続けないと、
途中から痩せにくくなってくる。。。ので不採用。
(これについては説明が面倒なので飛ばします・・・)

だからあまり普段の運動量からは変えずに、
サプリで調整することに・・・。

まず夕食時「GCS」と昼食後「アルファリーン」

これは「GCS」でカロリー制限をせずになるべく脂肪とならないようにするため。

そして「アルファリーン」は、
「運動時の消費を上げること+脂肪細胞の数自体を減らす」作用があるので、
直接、脂肪に働きかけてくれるから。
これもいつもよりは量を増やした。
内容成分のCLAが量が多い方が効果が期待できるため。

それと朝にフルーツ、おにぎりと一緒にプロテインを摂った。
朝に炭水化物やビタミンだけより、手軽にタンパク質を補給したかったため。
この組み合わせも脂肪の消費を上げてくれる。

最後に、練習時に「BCAA」の量を2倍にした。
この理由はある程度、このブログやサプリマスターのブログ
読んでいる方はわかると思うが、
「筋肉を保持し、脂肪燃焼を促進する」ので、
血中のアミノ酸濃度が保持されやすくするため。

そして、ご飯の時の決めごと?として「野菜や汁物から食べる」。
これもよく知られていることで、血糖値の急上昇を防ぐため。

これだけを変えて、3カ月後「In BODY」で計ると、
筋肉量は同じで、脂肪だけ落ちていた・・・。

色々なダイエット法があると思うが、人によってライフスタイルは違うし、
結局自分なりの方法が見つけることが1番だと思う。


ダイエットに興味のある方は多いと思うので、
これを読んでひとつでも「これをやってみようかな。」と思うことがあれば嬉しいが、
今回はあまり参考にならない、息抜きな記事でした(笑)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。