スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウイルソン SIX.ONE BLX 95

またまた久々の更新。。。

最近、更新する回数が少ないので、記事がラケットばかりになってしまいがち・・・。
ニューラケットの試打が一通り終われば、
また違う内容の記事もちょくちょく入れていきたい。

クラブのこともなかなか書けていないが、順調に結果は出てるので、
また、まとめて書きたいと思う。

今日、紹介するラケットは前回モデルも人気が高かったシリーズ「SIX ONE 95」

このスペックのラケットは一般ユーザーにも人気が高く、
ウイルソンの中でも売れ筋ラケット。

正直、スペックは変わらないので「素材の違い」が、「ラケットの違い」
となっているので、今回の素材はどんな感じだったか?
を個人的な意見で書きたいと思う。



BLXシリーズの人気NO.1はこれだっ!なんでもこなせるオールラウンドモデル【新発売】ウイルソ...

詳しいスペックはリンク先にお任せするとして、
実際打ってみての感想は・・・。

やはり「k TOUR」シリーズ同様、打球感が良くなっているように感じた。

前回の硬さから、柔らかさと喰いつき感が加わり、
コントロールがしやすいラケットになったと思う。

前回はパン!と「弾く」感じが強く、強打をしても喰いつく感じはそこまで出てこなかったが、
今回のラケットは、軽く打っただけで、
前回の強打した時より「喰いつき感」を感じ取れると思っていただいて良いと思う。

今回のラケットはまさしく、前々回モデルのnシリーズと前回の[k]シリーズの中間
という位置づけぐらいの打球感の硬さだと思う。

飛びも前回より少しだけ落ちたかな?という程度で、
そこまで違いは感じない。

本当に個人的な意見だが、スペック的には王道スペックで文句なしだが、
もう少し「面の安定性」が、このシリーズに出てくると本当に良いラケットだと感じる。

打球感としても、ある程度完成されているし、
あとはいかに「皆が使い心地の良いラケットにするのか?」という、
試行錯誤の段階かもしれない。

このラケットのように,一般ユーザーの広い層に受け入れられるラケットは、
ラケットのバランスが命だと思うので、そこに「面の安定性」が入ってきてほしい。

少し話がそれたが、サーブもそこまで重くない(これについては個人差があるが)
ので問題なく出来るし、ボレーも飛びがある程度あるので、そこまで苦にならない。

さすがに少しスポットを外すと、ボレーはヘロヘロになるが、
それは技術でカバーするしかないと思う(笑)

このシリーズを使っていた方は、すんなり移行できる出来だと思う。
面が95ぐらいで、ラケットを探しているなら、ぜひ候補に挙げてほしいラケット。


あと、今回のラケットは日本モデルとUSモデルの作りが若干違っているようなので、
いつもUSモデルを買う方は、ある程度の打球感の違いはあると思うので、
試打も気をつけてほしい。


アクセス解析を見てみると、
こんなに更新をしていないブログであるにもかかわらず、
毎日300人ぐらいの方が見てくれている。

本当にありがとうございます。
この場を借りて、お礼を申し上げたいと思います。


tocovich 
スポンサーサイト

ウイルソン TOUR BLX 95

前々から気になっていた、ウイルソンの新しいシリーズ「BLX」

かなり前に試打していたが、なかなか記事が書けず遅くなってしまった。



【3/25再入荷予定】先行予約でポイント3倍!!ウィルソン BLXツアー95【Wilson BLX TOUR95】

新しい素材を加えたようで、どういう打球感にまとめてきたのか気になるところ・・・。
実際打ってみると・・・。

ただの[K]シリーズでは「硬すぎてコントロールが落ちる」
という意見が少なくなかったよう。。。
そこをしっかり調整してきたのかは分からないが、
今回の打球感は、かなり好感触だった。

というのも、硬さが少し和らぎ「喰いつき感」がかなりアップしていた。
しなりを加えたわけではないので、反発力も落ちていない。

つまり、攻撃力もそのままでフレームの素材で喰いつき感をアップさせている。

前回モデルのラケットも打ったが、やはりどこかカンカンしていて、
ガットによっては板に近くなってしまい、当たり所も分かりづらかった。

これは素材が硬くなると仕方ないところで、
前回は球離れが早めで、弾く感じだったが、
今回のラケットはグッと掴む感じが感じ取れる。

この錦織選手モデルのTOURシリーズは、
ほとんどスペックも変わらないので、素材による飛びなどが変更ポイント。

今回は飛びもあまり変わらず、
喰いつきが増した分、コントロールしやすくなったと思ってもらえれば良いと思う。

前回のラケットを使われていた方は、なんなく変更できると思うし、
学生にもお勧めできるラケット。

この「BLX」シリーズ、個人的にはおすすめ。

 

アスリート座談会2

サプリマスターから「座談会の内容を良かったら書いてください。」と
言われていたのに、なかなか思い出せず書けなかった。

マスターすみません・・・・。

去年の12月13日、神戸の某所で極真空手の世界大会準優勝の松岡先生
総合格闘技の世界ランカー花澤13選手
他とは一味違うパーソナルトレーナーの武田さん
などのメンバーで座談会をした。

議題は特に決まっていなかったので、色々な話をしたが、
格闘技系の話が多かったような気がする。

格闘技の話は詳しく分からないので、へ~。と思いながら聞いていたのだが、
その中でも私は、「減量」の話が印象に残っている。

花澤選手は試合前に水分を調整して2,3日で7~8㌔痩せれるらしい。。。
人間の体はそんなことが出来るのか!?と関心してしまった。
(もちろん、テニスには向かない減量の仕方・・・)

あと、面白かったのは4~6月生まれの子は、
運動能力や勉強が出来る子が多い傾向にあるということだった。

確かに同じ学年でも、4月生まれと3月生まれでは約1年の成長差がある。

だから、同じ学年でも4~6月生まれの子の方が脳や身体の発達段階も早く、
他の子よりも色々な面で勝りやすい。

ということは、よく勝って自信を持つことに繋がるので、
能力がもっと伸びやすくなるという説明をしていただいた。

そんな話などをしながら、3時間ほど楽しい時間を過ごした。

普段、テニス関係の方との関わりが多いので、
このように他の競技の方との交流は、
また違う視点を見つけれるので、とても勉強になる。

今後も開催されるようなので、座談会での有益な情報をブログで載せれたら、と思う。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。