スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

サプリマスターへ・・・。

先日、いつもサプリメントの内容でお世話になっているサプリマスターへ。

生徒さんからも買ってきてほしいと、
お願いされていたサプリもいくつかあったので、
同じ物を2個(BCAA)など買っていく変な客に見えたに違いない(笑)

マスターが私の記事を書いてくれたので、もし良かったら読んでみてください。
マスター的、私への見解はこちら

マスターのブログを読んでいただければ、だいたいどんな感じだったのか分かると思うが、
いつもトレーニングなどについても相談に乗っていただいている。

最近は、サプリによる効果と言えば体に現れるもの(体感がでるもの)を、
求める方が多いと思うが、私は少し違ったものも求めだしている。

(今まで色々なサプリを試して、すごくシンプルなチョイスになってきたので
 新しい試みをしていることもある。)

それは「神経伝達をよりスムーズに出来る体の状態」を求めたり、
「細胞ひとつひとつの状態を日々良くする」ことを求めている。

「何でそんなことを?」と思われる方もいるかもしれないが、
私はもうそこまで体を大きく(筋肉をつける)するつもりがない。

練習の中である程度、筋肉が付いてしまうのは仕方ないが、
特定の場所を大きくする気はあまりない。

ということは、今の身体で「筋出力」や
「動き」をより良くしていくことが大事になってくる。

そのために神経伝達を上げるためのサプリ、
脳への血流量を増やすサプリも、少量続けて飲んでいる。

そうすることで、日々の練習の中での技の習得を早めたり、
感覚を掴むことを早める効果を狙っている。

要するに「子供の時は覚えが早い」という状態を
大人になっても近づけていこうとしている

(マスターと話をして、これは脳への血流量も関係しているという今のところの見解)

同じ練習をするにしても、習得が早い方が時間が短くて済むので、
私としてはありがたい。

「体感はあるか?」と聞かれると、悩むところだが(笑)、
昔より明らかに「プレー中の閃き」は良くなったと思う。

まぁ、マニアックなことをしているので一般の方にはお勧めはしない(笑)
少しだけ、サプリでそんなことも考えているのか!と、
参考にでもしてもらえるだけで嬉しい。
(ひょっとしたら未来では、今言っていることが当たり前になっているかも・・・。)
 
スポンサーサイト

SRIXON X4.0

やはりラケットネタは拍手が多いように感じるので、
ラケットに関する記事も増やしていきたいと思う。
今回もラケットの試打レポート。
(やっと秋に近付いてきて、レポートが出来る。。。)

この秋、9月上旬発売の「スリクソン」ラケット。
気になっている方は多いのではないだろうか?

「スリクソン」ラケットと言っても、
販売元が「ダンロップ」なので、ダンロップの仲間みたいなものかも(笑)

今回、発売される中でも一番スペック的にやさしいのがこの「X4.0」
どちらかというと女性向けになると思う。
(詳しいスぺックはリンク先を見てください。)



シリーズ最強のパワーのその手に!相手の強打に負けない飛びで勝率アップ【9月上旬発売!予約受...


新しい製法とか、素材とか説明してるときりがない、というか
説明をしても3か月も経てば新しいのが発表されたりするので、
そういうのをもう抜きにして、実際打ってみての感想は・・・。

やっぱり、基本的に「ダイアクラスター4.0」に似ている。。。

けど、個人的にはトータル的にもっと良くなっているような感じを受けた。

相変わらず、どちらかと言うと打ったときの打球感はカチッとしておらず、
マイルドな感じ。それは「ダイアクラスター」シリーズも近いと思う。

けれど、スリクソンはそのマイルドさに少し「打ち応え」が加わったように感じる

「ダイアクラスター」の打球感は喰いつきなどもあるが、
個人的には「頼りない感じ」があった。

その頼りない感じが自分の打つ力を吸収しているように感じてしまい、
少し馴染めないところがあったのが個人的な意見。

しかし、今回の「スリクソン」は喰いつき感が増しているにも関わらず、
「打ち応え」も増している。
無駄な振動も少ないように感じた。

ボールの当たり具合をしっかり感じながら打つことが出来るので、
個人的にはかなり好みの打球感。

しなりはあまり感じれなかったので、フレームから作られる喰いつき感は、
ダンロップと良く似ていると思う。
面の安定性もまずまずと言ったところ。

「ダンロップ」の打球感が好きな方にも受け入れられると思うし、
もう少し打ち応えが欲しかったユーザーにも受け入れられそう。

喰いつきがかなりある分、コントロールもしやすいし、
このスペックのモデルとしては飛びも抑え気味。

ラケットのバランスも良いのでサーブ、ボレーでも扱いやすいし、
かなりの層に受け入れられると思う。

ある程度ラケットを振る女性には1番お勧めできるラケットかもしれない。

この秋以降、「スリクソン」ユーザーが増えていきそうな気配がする(笑)
他のスペックも後日打つ予定。。。個人的には楽しみ。

 

自分のラケット選び・・・(現時点で)

あまり昨日書いた記事がトップに来ているのは嫌なので、
早めに新しい記事を書くことに。

と、その前に報告し忘れていたが、
小田島トレーナーとの連携してのレッスンは無事に終了した。

内容をまだまだ改善していく点は多々あると思うが、
コンディショニングをしてからテニスをした方は、
明らかに動きが変わった
ので、私はそこに手応えを感じた。

けれど、レッスンの中で1番良かったと思ったのは「座談会」だったかもしれない。

なかなかレッスン後に、色々な話をコーチも混じってする機会はないと思う。
そんな機会を作ることで、参加された方が気持ちよく帰れた様子がとても嬉しかった。

話の内容も「サークル紹介」だったり、「トレーニング論」であったり、
「JOPに出てみて」の話だったりと、
いつの間にか予定時間をオーバーしての楽しい座談会となった。

また、来週もテニスオフで募集をして第2回を開いていく。

これが定期的に開けることで、体の状態もテニスの技術も向上していけると私の理想。
座談会も毎回開くつもりなので、
レッスンの参加者同士がもっと仲良くなっていく効果もあると思う。

これからも新しい形のレッスンも色々と試していきたい。

今日の記事は、新ラケットたちの発売も少し先なので、
本当に個人的な内容に(笑)

「自分のラケット選びならどう考える?」という記事を書きたいと思う。
(興味のない方はこの先は読まないでください)

というのも、今すぐにはラケットを変えないが
「今ラケットを変えるとしたら、どれにするだろう?」
考える方は多いのではないかと思う。

実は私が今、その状態です(笑)

今まで色々と紹介してきて、本当に個人的な感覚から候補として上がってくるのは・・・

ダンロップ 「エアロジェル4D 200」
ダンロップ 「エアロジェル4D 300ツアー」
バボラ   「ピュアドライブGT」
バボラ   「ピュアストームツアーGT」(期待を込めて(笑))
ヘッド    「マイクロジェルプレステージ MP」
ブリヂストン 「X-BLADE ZERO MP」
プロケネックス 「C2クラシックツアー」
テクニファイバー 「T-FLASH 315」
になると思う。(意外と多いことにびっくり・・・)

どれも良いラケットだが、自分が使っていくとなると、
「試合での助けられ具合」「コントロール性能」を意識した選びになってくる。

だから、MIDなどの面が小さいものが入りにくくなってくる。
「打球感」と「コントロール性能」を重視するのであれば、また候補が変わると思う。

上の候補から少しずつ頭で整理していくと・・・

まず、C2とX-BLADEが「しなりが強い」分、
打球感が好みだが、パワーが気になるところ。

何年か前なら、パワーがあるラケットはコントロールがしにくくて、
しなるラケットが扱いやすかったが、
少しずつ自分の技術も上がってくるとパワーをコントロール出来るので、
ラケットにある程度のパワーが欲しくなってくる。

感覚的で伝えにくいが「ラケット自体の反発力」がある程度ある方が、
私はショットを打つ時、力の配分が少なくて済むので、楽に試合を進めれる。
(これは打ち方など、人によると思います。)

かと言って、バボラのシリーズは未だに使える自信がない。。。
なぜそんなことを言うのか?というと、ピュアドライブはまだ使えるかもしれないが、
「ピュアストーム」の方は、まだたぶんカンカンした反発力だと思う。
(打っていないので分からないが、想像で・・・)

それ以上に、バボラの打球感が振動止めを付けているラケットのようになるので、
個人的にあまり好きではない・・・。

しかもピュアドライブは軽すぎるので、きっと鉛をかなり貼ると思う。

そうなると、飛びなどに大きな影響が出てくるので、かなりの調整が必要になってくる。
そこまでしてピュアドライブを使いたいと思うかどうかは疑問・・・(笑)

そんな点がネックになってきそうで、バボラシリーズはたぶん選ばないように思う。。。
(現時点での話なので、コロっと変わるかも。)

エアロジェル200も、ストロークでかなり良い感じだったが、
トータル的なスペックなどから、ダンロップでは「300ツアー」を選ぶかも。

ここまでで残った候補は、
「プレステージ」、「T-FIGHT」、「300ツアー」かなと・・・。

この中でもう1度試打したり、スペックを見直し、
いつもアドバイスをいただいているショップの店長さんと相談して決めると思う。
(けれど、個人的にはやっぱり「プレステージ」が好き(笑))

本当に自分の頭の中で考えておけば良い、
勝手な内容の記事だったが、最後まで読んでいただきありがとうございました(笑)

ラケット選びは本当に悩むが、この悩みが楽しかったりする(笑)
 

夏の大会・・・。

そういえば最近、クラブのことを書いていなかったな、と思ったので、
ちょうど今、試合シーズンということもあり、クラブの状態などを報告したいと思う。
(読んでいる方も何か参考になることがあるかもしれない・・・)

私がクラブを見始めて早いもので4カ月、
この夏、クラブとしては大きく3大会に出場させた。
(毎年出ている3大会だが。。。)

結果から言うと、事情があって女子の方だけを週1、2回程度見ているのだが、
3大会の合計で本戦出場者が9名でた。
(たぶん学校の歴史上最高人数だと思う。)

「これはすごいの?」と分からない方も多いと思うので、
簡単に例年と比較してみると、
私が見ていない去年は1名、一昨年は0名だった。
(いずれも3大会の本戦出場者合計の数・・・寂しい。でも毎年これぐらい。)

クラブ全体の人数が20人と少しなので、
クラブ生の約3分の1は本戦に行かすことが出来た。

1人の2年生は3大会全てで本戦出場という生徒もいた。

こういうことを書くと、その子は1年生の頃から強かったのではないか?
と思われるかもしれないが、去年は団体メンバーに入れるかどうかのレベルで、
本戦出場はもちろん今回が初めて。

自分がメインの学年になって初めて出た試合で、
全ての試合の本戦に出れたのだから頑張ったと思う。

今年は新1年生も全部で10人と少し入部してきて、
その内、初心者が6名。

さすがにラケットを握ってから2カ月もないぐらいでの試合だったので、
本戦出場は0名だった。

けれど、その内2名は3回戦(他の学校の2年生などに2回勝っている)まで
行けたし、他の生徒もだいたい最低1勝はしている。

残念ながら、この夏1勝も出来なかった初心者の1年生が2名いたので、
秋の大会には勝たせてやりたい。

新1年生の経験者4名は全員1年生ながら本戦出場できた。
(もちろん、うちの学校は推薦など取っていないのでそこまで強くない。。。)

秋の大会には、初心者から始めた子も本戦出場させれようにしたい。

うちの学校は練習時間がとても他の学校より少ないながら、
この結果は良く頑張ったと思う。(平日1時間半ぐらいしか練習出来ない。。。)

最近、急に成績が伸びてきたからか、
試合会場で他の学校の先生から声をかけてもらうことも多くなってきたらしい・・・。
(私は知らないが、生徒が言っていた。)

この短期間でどんな練習をしたのか?と興味を持たれる方も多いかと思う。

けれど、答えは単純で「基礎的な練習」を徹底的にさせただけ。

もちろん、2年生と1年生の経験者には戦術もいくつか簡単にアドバイスしたが、
私が見れる時間は限られているので、そこまでやれていない。

けれど、私が渡した練習メニューを信じて、
真面目にやってくれたおかげで、明らかに「タッチ」と「精度」が上がった。

それだけで、本戦に上がるには十分だったと思う。

私はそこまでクラブに関われていないので、
今回の夏の大会の結果は明らかに生徒の努力の証しだと思う。

練習を地道にやってくれたおかげで、基礎的なショットはだいぶ出来てきたので、
これからは1人1人、少しずつ違うメニューを渡している。

この記事を読まれている方はミニラリーを100回、簡単に出来ますか?
うちの初心者(テニス歴3ヶ月)クラブ生は出来ます(笑)

試合ばかりさせてもダメ、フォームばかり教えてもダメ。
練習はバランスが大事なんだと、生徒に教えてもらっている最近です(笑)

 

質問に答えてみました!

今回、コメントで「しんたろうさん」からいただいた質問が、
皆さんにとっても参考になるな、と思ったので答えてみたいと思う。

「夏場のトレーニング中のコンディショニングで
気をつけておられることというのはございますか?
暑さ対策、水分補給、サプリメントなどいかがでしょうか?」


いつもご丁寧なコメントありがとうございます。
こういう気持ちの良いコメントをいただくと嬉しい限りです。

夏場のトレーニング中のコンディショニングについて・・・
このトレーニングというのは、オンコートの際と解釈して話を進めていきたいと思う。

夏場は確かに暑くて練習が大変だが、
私が普段練習しているコートは高架下なので、贅沢にも日影での練習が多くなっている。

けれど、試合はお昼の炎天下の中が多いので、とりあえず暑さにだけはなれるようにしている。

暑さになれるとはどういうことか?というと、
なるべくお昼に、長時間クーラーのかかった部屋に居たりはしないようにしている。
(これは会社でデスクワークをしている方はできないかも・・・)

また、なるべく汗をかくようなメニューも取り入れている。
暑いと私はどうしても心拍数が高くなりやすく、バテやすくなるので、
ダッシュメニューや振り回しのメニューも多めに入れて、
普段より心拍数を上げて練習を行っている。

心肺機能をアップさせる点から言うと、
ある程度、心拍数が落ちてからメニューをこなした方が効果があるのだが、
試合中のことも考えて、あまり心拍数を下げないで行っていることがある。

インターバルを短くし、息切れが起こっている状態でボールに集中する練習という感じ。

他にコンディショニングと言えば、
気温が高く筋温がそこまで下がらないので、怪我は少ないと思う。

夏場は痙攣が心配だが、栄養と水分補給の仕方を間違えなければ予防ができるので、
そこには注意している。

暑さ対策・水分補給について・・・。

一番はとりあえず帽子だと思う。
あと、首をアイシングできるようなものを試合会場に持って行ったりもする。

また、水分もある程度冷たいものを飲んでいる。
あまりに冷たいと、温度差がありすぎて体にも良くないが、
常温だと体温が下がりにくい。

そこで、自分が少しだけ冷たいと思うぐらいの温度の水分を取るようにしている。
水分の作り方はこちらで書いています。

試合中の飲み方もコートチェンジの際、
基本的にスポーツドリンクを一口、水を一口分としている。

あまりがぶがぶ飲むと余計しんどくなるのは、経験済み(笑)

家に帰ってからの暑さ対策はこちらで書いています。

サプリメントについて・・・。

やはり痙攣を意識するのであれば、ZMAZ-MAXを試合や練習前に飲むのが良いと思う。

最近では、「カルシウム」をなるべく取るようにしている。
カルシウムは意外と必要な栄養素で、体の動き、
特にスポーツでは筋肉の動きを良くしてくれる作用もある。

※カルシウムを取りすぎると結石になるというのは、勘違い。

それ以外では、バテ対策に一番効果を示すのはやはりBCAA
(これは散々記事を書いたので、説明は不要だと思う。)

とりあえず簡単にはこのような感じなので、
読んでいる方も良かったら参考にしてほしい。
(あくまで参考で、自分のベストな方法を見つけてください。)
 

YouTek Radical MP

久々の更新。。。

最近、ブログのネタに困っている。(笑)

特に書きたいこともないし、新しいラケットもないし、
少し前から思っていることを書こうかと思っても、
内容が重くなってしまって、書く時間とパワーが出ない・・・。

簡単な私の日常を書いていこうかな?とも思っているが、
情報発信系のブログだから、日記みたいになるのも嫌だし。。。

でもブログを書かないよりはマシかな?とも思っている。
う~ん、悩むところ(笑)

今日、紹介するのは新しいラジカル。
(リンク先は安いお店です。)



■NEWモデル■[HEAD]YouTekRadicalMP18x20[ヘッド]ユーテックラジカルミッドプラス18x20[テニス...

スペックも従来のラジカルと近いので、今までラジカルを使っていた方にも
使えるスペックだが、MPのガットのパターンが18×20になっている。

最近、このガットのパターンが増えつつあるのは、時代の流れから?かもしれない。

とりあえず実際、打ってみると。。。

スピードシリーズよりは個人的には好きな打球感。
スピード MPを試打した時と今回も同じガット)
まだ、打ちごたえを感じ取れるし、少し喰いつき感も感じれると思う。

スピードシリーズに比べ、当たり所などが少し感じ取りやすいラケットだと思う。

ラケットのしなりがそこまで感じれないが、喰いつき感は多少ある。

あと、やはり柔らかいタッチで打った時と、強いタッチで打った時の打球感が違う。
これは素材によるものだと思うが、打ち終わった後の感じが、
弱く打った時はマイルド、きつく打った時はしっかり感が感じ取れる。

打つ瞬間にはそこまで感じ取れないが、打ち終わりに感じ取れた。

この打球感の違いを感じたい人がいるのかはナゾだが、
素材が衝撃の強さによって変わるのは本当っぽい(笑)

その分、飛びも変わってくるのだと思う。

このラケットの対抗馬としたら、「スピード MP」になって来ると思うが、
そこまで大きな違いは感じないので(ガットで調整できる範囲だと思う。)、
こだわりがないなら、重さで決めてもらって良いかもしれない。

少しずっしり感のあるのが良いのであれば「スピード MP」。
軽めが良ければ「ラジカル MP」で良いと思う。


もしくは男性は「スピードシリーズ」で女性が「ラジカル」。
けれど、ここら辺の重さを使うのであれば学生か、
ある程度ラケットを振れる人の方が良いとは思う。

飛びの調整力やコントロールはラジカルの方が良いと感じたが、
これも個人差があるので、あまり気にしなくて良いと思う。

とりあえず、この素材は今回限りで消えるような気が・・・。
(それは分からないが・・・)
これなら素材的にマイクロジェルの方が良かった!と思うのは私だけだろうか??

また、秋にスリクソンからラケットも出るが、
ダンロップのダイアクラスターシリーズに似ているように見えるのも私だけだろうか??

ダンロップもスリクソンからラケットを出すのに意図があるのだと思うが、
もう少しデザインなど変えても良いんじゃないだろうか・・・。

少し話がそれたが、秋の新ラケットが早く出てほしい。
(記事も書けるし・・・)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。