スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

小田島トレーナーとの新しい試み・・・。

またまた久しぶりの更新になってしまい申し訳ありません。。。

今日は、小田島トレーナーのメンテナンスと新しいレッスンの試みも簡単にご紹介。

小田島トレーナーに体を2回ほど見ていただいて、
とりあえず私は、立った時に首の硬さと、
肩の位置が少し前にでる体の状態であることが分かった。

そこら辺を今後改善していけば、もっと体が楽に動くと思われる。

そこで、始めにしていただいたメンテナンスが、「首」ではなく、「足裏」。

足裏の動きが出るようにマッサージしてもらうと、
何と!姿勢が少し良くなる。。。

しかも、足裏がぴったりと地面に吸いついている感じがして、
その後の練習でもフットワークが良くなった。

今まで、いろいろな体の部位に意識を向けていたが、足裏は見落としていた。

かなり感覚が変わるので、皆さんも一度軽く揉んで
足裏の動きを出してみてほしい。
(足の甲の辺りが柔らかくなって、動きやすくなる。)

メンテナンスはとりあえず足裏をしていただいて、
あとは簡単なトレーニングを行った。

どういうトレーニングかと言うと、一言でいえば「体幹トレーニング」だが、
細かく言うと、ヨガなどにもある背骨一本一本を動かすトレーニング。

これもなかなか体の感覚が変わるので、やってみる価値はあると思う。

そこで、色々と小田島トレーナーと話をしていて、やっぱりトレーナーとして
コンディショニングにおいても「メンタルトレーニング」は必要だということ。

結局は、怪我の際も「メンタルケア」の必要性は外せないということで、
今後そちらにも力を入れていくとのことだった。

また、最近私がレッスンをしていて思うことは、
「故障を抱えている方が意外に多い」ということ。

特に、長年テニスをされている方は「テニスエルボー」だったり、膝を痛めていたり、
肩なども痛めている方が多い。

また、「体の使い方」や「コンディショニング」に興味はあるが
専門家に聞く機会があまりない方が多いということ。

そいう部分を踏まえて、新しく小田島トレーナーと組んでレッスンをしてみることに。
(今、小田島トレーナーはアメリカに研修中なので、帰ってきて8月から土曜日に。)

私がテニスを見て、小田島トレーナーは体の状態やトレーニング、
メンテナンスの仕方、歩行チェックなどをレッスンの中で行っていく。

テニスオフネットで新しく開いてみたので、
もし興味のある方はチェックしていただけると嬉しい。
(しかも、練習後に私たちに質問できる座談会も企画している。。。宣伝です(笑))

 
スポンサーサイト

KOBRA TEAM FX100

久しぶりの更新になりました。
記事を楽しみにされている方お待たせしました、すみません。

最近、自分の意識や技術・メンタルを上げることにエネルギーを向けすぎてしまい、
ブログを書く気になれなかった。

しかも、コメント欄も削除しようかな・・・と思っている。。。

きっと、悪気はないのだと思うが「???」と思うようなコメントが来て、
最近、コメント削除の割合が多い。

色々な方に読んでもらうのは嬉しいが、それに伴うストレスも生じてきたのは
少しブログを続けるのが嫌になる。

と、少し暗い話は置いておいて今日紹介するのは、
ウイルソンの新しいシリーズ「FX コブラ」。

少し前にコブラを紹介したが、こちらはスロートが変わっている「コブラ」の方。



送料・ナチュラル使用ハイブリッドそしてグリップテープ3本も無料サービス中!ウイルソン 【K...

実際打ってみると・・・。
今まで打ってきた「FX」シリーズの中でも、
トップクラスの打ちごたえで、男性などは好きそうな打球感

そんな癖のある打球感ではなく、素直な打球感だと思う。
打ちどころや、手に伝わる感触も読み取りやすく、硬派なラケットに感じるぐらい。

喰いつき感もしっかりあるし、球離れもちょうど良い具合。
ガットもそこまで選ばないラケットのように感じた。

とりあえず、「FX」シリーズは打球感がどれも似ている感じなので、
その中でも少しカチッとしていると思ってもらえば良いと思う。


飛びもそこそこあるので、ラケットにパワーを求めつつ、
ある程度、しっかり感が欲しい方には良いと思う。

コントロールもしやすいラケットだし、ボレーやサーブなどでも、
飛びがある分楽に使えそう。

最近はオールラウンドに使えるラケットが売れるので、
メーカーもそういう風に作っていると思う。

ウイルソンの「FX」シリーズ、スロートの性能のせいか、
打球感に素材などの影響が少ないように感じる。


この「FX」シリーズを続けてくれれば、この打球感を気に入った方には
良いラケットだと思うが、果たしてウイルソンが続けるかどうか・・・。

ここら辺は次のウイルソンのラケットでどうなるか楽しみにしたい。
(このシリーズは無くなるに一票!)

けれど、プロスタッフにこの「FX」を採用しないで欲しい(笑)
妙に優しいラケットになってしまって、プロスタッフのイメージが崩れそう。

 

SHOCK Dr ウルトラ2

最近、少しハードなスケジュールが続き、バテ気味(笑)

この前、「自分の休みっていつなんだろう?」と考えてみたら、
休みらしい休みって1週間のうち1日もない!?

まぁ、毎日楽しいし、充実しているからやれるんだと思う。

これがやらされてやっているなら、たぶん体は持たないと思う(笑)
皆さんも体と心のケアには十分気を配ってほしい。
(今日も2度目の酸素カプセルに行く予定)

今日、紹介する商品は「ショックドクター」というインソール。



≪テニスショップエディ≫テニスシューズSHOCK Dr ウルトラ2SHOCK Dr ウルトラ2

スノーボードやスキーなどでは有名らしく、バランスがとりやすいとのこと、
実際使ってみると・・・。

少し、薄くて硬めの印象。
このインソールを入れると、違う靴になったように感じる。

確かに、サイドの動きに効果を発揮してくれるようで、
足がぶれにくい
と感じた。

かかと部分のクッションのようなものが利いてるのかもしれない。

でも、個人的に大切にしている「足裏の感覚」が分かりづらい。。。

クッション性が良すぎるのか、踏ん張っている感じや、
足裏のどの部分にどれだけ体重がかかっているかを感じにくかった。

それを考えると、個人的には「スーパーフィート」の方がお勧め。
ここら辺は好みの問題もあるので、色々試してみてほしい。

(新ラジカル、試打が手に入ったので今度試す予定、お楽しみに(笑))
 

メンタルトレーニング

今月から「シンパシィ・ユニオン」・長谷川式メンタルトレーニングの
個別プログラムを受けていくこととなった。

「メンタルトレーニング」はテニスのプレーヤー、指導者ともに不可欠なものと思っている。
私のレッスンの中でそのノウハウを発揮出来たらな、と思っている。

この「シンパシィ・ユニオン」はテニスのプロ選手も通う会社。
加藤プロや米村プロもこのプログラムの受講者。

1度セミナーに行った時の話でもとてもためになることを聞けた。

例えば「トップアスリートと一般の方の捻挫は意味が違う」ということ。

一般の方の捻挫は、
普通に歩けるようになり日常に支障をきたさないようになれば「治った」と言える。

けれど、アスリートの場合はそれでは「治った」とは言えない。

プレーでのぎこちなさや「再発するかも」という不安感を持っていては、
ベストなパフォーマンスは出来ないからである。

そこで、「捻挫をした」という「苦い記憶を消す」という作業までしてしまうのが、
この長谷川式メンタルトレーニングの「治った」という段階


これはほんの1部の話だが、こういう深いところまで求めて取り組むプログラムを行っていく。

もちろん、トレーニングなども行うし、体のメンテナンスも入って来る。
「メンタルトレーニング」と言っても、体全体のトータルプロデュースみたいなもの。

個人的には、このブログを読んでいる方の一人でも多く、
メンタルトレーニングに意識を向けてほしい。

 

ボウブランド・プログリップ

最近ラケットネタが少ないが、今は少し気が向かないので、
また後日書いていきます(笑)
(ラケットの記事を楽しみにしている方すみません。。。
 今は新ラジカルの試打を狙っているところです。)

また、小田島トレーナーとの取り組み内容も1回目を書かないと・・・。

と、頭の中では色々と考えているが、いざ記事を書くとなると気分が乗らない時がある。

そういう時は気持ちが乗った記事が書けないので、
私は書かないようにしている。。。

全く今日の記事には関係無いのだが、
2日前に初めて「酸素カプセル」なるものを体験した。

酸素カプセルを出た直後は頭がすっきりして、
すごい良い感じだったが、その後から次の日の昼まで眠い眠い。。。

けれど、その眠気がなくなると、練習の疲れ方や疲れの残り具合が少ないので、
効果があるのかな?と感じている。
効果があるのかないのかまだ分からないので、今度もう一度試そうと思う。

こんな、何気ない日常を記事の前に書くのが最近のマイブームです(笑)

で、今日紹介するのは「ボウブランド」のグリップテープ。
(リンク先の店もけっこう安く買えます。)



■30%OFF■[BowBrand]Griptapex3 [ボウブランド]グリップテープx3

色もたくさんあるし、何より質感がとても良い。
このグリップテープを使っている方も多いのではないかと思う。

ウエット感もしっかりあるし、耐久性もとても良い。
バランスが取れた良いグリップテープだと思う。

私がお世話になっているショップの店長さんも、
このグリップのリピート率が1番高い」と言っていたので、
きっと、1度使って気に入る方が多いのだと思う。

さらさらな感じが好きな方には「トーナ」のほうがお勧めだが、
グリップが滑らない感じを好む方には、1番にお勧めしたいグリップ。

「ボウブランド」と言えば、ガットの記事でも良い!と書いたが、
やはり質の良い物を作るメーカーは、何を作っても質を落とさないな、と感じる一品。

こういうメーカーが本当に増えてほしいし、こういう小物をしっかり作っているメーカーは
きっと、ラケットやガットなどもこだわって作っていると思う。

このブログを読んでいる方も、、
小物製品の質からメーカーの力の入れ具合を探ってみるのも面白いと思う。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。