FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ウィルソン(Wilson) KTOUR TEAM FX 102

サプリの摂取について書こうと思っていたが、
打球感の感じを忘れないうちに新商品ラケットのインプレッションを・・・(笑)

今回紹介するのは、大量に新ラケットが発売される
ウイルソンラケットの中の注目株(たぶん・・・)。
あの[K] TOUR 105の後継モデル??のラケット紹介。



NEWモデル!ドライブボレーも自由自在攻撃的で安定感も高い叩くダブルスを始めてみようきっと新...

メーカーの紹介では
「錦織 圭 使用する[K]TOURファミリーに、
ヘッドサイズ102インチのFXシリーズが新登場。
グラウンドストロークだけでなく、ボレーにおいても
プレイヤーのパワーとコントロールを協力にバックアップします。」

とあるが、果たしてどうなのか・・・?

また、スペック的にも「ZEN」と近いので、悩まれる方は多いはず。。。
「ZEN」との比較もしながら書いていこうと思う。

このラケットも「ZEN」のように、スロートに隙間がある変わったタイプ。

実際打ってみると、打球感は「ZEN」に比べて締まった打球感。
打ちごたえばっちりで、ボールの強弱が良く分かる。

当たったところも分かりやすいし、FXシリーズは、以前よりは個人的には好み。

「ZEN」に比べると、少しだけ球離れが早く、反発性も感じたが、
そこまで気にならない程度。

まだ許せる範囲の、反発性と球離れの早さだと思う。

面の安定性も良い方だと思うし、
あのスロートのおかげか?少しだがしなりを感じれる。

個人的には喰いつき、コントロール性能から
「ZEN」の方が好きだが、後は好みの問題だと思う。

メーカーの宣伝文句のように、確かにボレーでは使いやすい飛びと感触。
面さえしっかり作れば、思ったところに飛んでくれるので楽だった。
ある程度反発力があるので、女性でも追い込まれた時にラケットが助けてくれそう。

このラケット、女性のダブルスプレーヤー向きに作られたのかもしれない。
(女性はダブルスをする方が多いので、そうしたのかも・・・。)

ウイルソンのラケットを探していて、
ボレーもストロークもそこそこ打っていきたい方には良いかも。。。

けれど、敢えてこのラケットを選ぶ必要は私はないと思う。。。
他のメーカーで良いラケットはたくさんある。。。
 
スポンサーサイト

サプリマスターへ。

今日は午前中のレッスンを終えたあと、偶然にもお昼から時間が空いたので、
いつもお世話になっている「サプリマスター」へ。。。

今回はシーズンに入るということで、筋肥大というよりもコンディショニング重視。

購入したものは・・・

ファイナルバーン

これはほぼ毎日飲むサプリ。
CoQ10の作用か、スタミナアップと筋温が上がるのが早いので重宝している。
ダイエット効果もあり、かなりのお気に入り。

Z-MAX

これも就寝前にほぼ毎日飲むサプリ。
スポーツをしていると激しく消費される亜鉛、マグネシウムが補給出来る。
快眠効果もあり、疲労回復の手助けにもなる。

アルファリーン

これも毎日飲むサプリ。
最近では個人的に1番お気に入りで、少しずつ体脂肪が勝手に落ちていく。
体重のコントロールをかなり簡単にしてくれるダイエットサプリ。

グルタミン

これも毎日飲むサプリ。
体の調子が悪い時など、グルタミンを大量摂取すれば勝手に治る(笑)
グルタミンを飲み出してからこの1年は風邪薬を飲んでいない。
というか、熱が出る前に治る。。。
個人的には、コンディショニングの最強サプリ!

GCS750

これは、食事で炭水化物が多い時や「グリコーゲンローディング」をするときに使う。
ダイエットサプリでもあるが、筋肉に栄養を運んでくれるサプリ。

NBG(ナチュラルバランスゴールド)

これも毎日飲むサプリ。
朝飲むことで、活性酸素を減らしてくれる効果が期待できるので、
パフォーマンスアップや集中力アップなどなど色々期待できる。

1番必要なBCAAはまだ家に残っていたので、今回は買わず。

次回はこのサプリたちをどのタイミングで飲んでいるのか?を紹介したいと思う。
サプリに興味がない人が多くても、そんなこと関係なく記事は書きます(笑)
 

プリンス EXO3 THUNDER105 (オースリーサンダー)

プリンスの新商品ラケット「オースリーサンダー」のインプレッションを。。。



スピードを身に付けたい中上級者専用ラケット”アドのガット張りがお手伝いします。プリンス(Pr...

今回からメーカーのラケット紹介文も載せていこうと思う。

「105平方インチフェースにEXO3エナジーブリッジと
エナジーチャネルを搭載することで、中上級者に快適な振り抜きとコントロールの安定性を可能にしたオールラウンドミッドプラスラケット」
らしい。。。

まず「エナジーブリッジ」と「エナジーチャネル」ってなんだ??と思ってしまった。

昔ならラケットの用語は大体知っていたのに、最近色々出てきて良く分からない(笑)

間違っているかもしれないが、調べると、
あのフレームに穴が空いているのを「エナジーブリッジ」。
フレームの中央部にある、穴が小さい??所を「エナジーチャネル」と言うらしい。
(はっきり言って名前は興味がないので、実物を見てください。。。)

それでは、メーカーの説明文も照らし合わせながら打ってみると・・・。

まず打球感は、O3らしかった。。。
けれど、少し打ちごたえが出てきて、
以前のような何か頼りない感じは少しなくなったように思う。
ある程度、打ちどころも分かるし飛びもそこまで大きくない。
メーカーの宣伝通り、スイートスポットは確かに広いと思う。

けれど、少し球離れが早く感じた。。。
捕まえる感じが少なく、少しだけボールが乗って離れていく感じなので
コントロールがし辛い。。。
「FX ZEN」と並行して使っていたのだが、ZENの方が断然コントロールしやすかった。。。

振り抜きに関しては確かにしやすい方だと思うが、
コントロールに関しては中上級者がこれで満足するとは思えない出来。

ボレーやサーブでも、やっぱりイマイチな感じで、しっくりこない。
球離れのせいか、スイートスポットが広すぎるせいか分からないが、
個人的には「嫌いではないけど、選ばないな」という結論に。。。

今までO3を使われてきた方にはお勧めできると思う。
少しO3は、独特な感じがあるので一度試してみて気に入ったら使うと良いと思う。

個人的には似たようなスペックであれば、
ウイルソンのFXシリーズやダンロップの方がお勧めできる。


「このO3システムが世界でたいへん売れている!」と、どこかで読んだが、
本当にそんなに売れているなら、私の感覚は世界とはずれています(笑)

そんな、ずれた私の感覚を参考にしてくださる方は、
これから続々と紹介する新製品のインプレッションも読んでください(笑) 

WILSON  K ZEN TEAM FX 103 (KゼンチームFX)

春の新商品ラケットが続々出るので、このブログでも新商品を続々紹介(笑)

今回、ウイルソンから新しいラケットがたくさん出るようなので、
今のうちに少しずつ試打をしておくことに。。。
(あまりにたくさんのラケットを同時に打つと分からなくなる(笑))

今回紹介するのは、以前からあった「K ZEN」の新モデル



3月末発売予定ガット・張り代・送料サービス!!ウィルソンラケット [K] ZEN TEAM FX 103 T7907...

これを紹介する前に、驚いたことが・・・。
もうすでに知っている方も多いかもしれないが、このウイルソンのFXシリーズ・・・

なんと・・・!?

スロート部に穴というか隙間が空いている!?
一番大きい所だと、指一本通りそうなぐらいの隙間が。。。

「フレームをいじるのを諦めて、スロートに来たか・・・」と勝手に納得してしまった。
さて、この新スロート形状がどのように打球感に影響を与えるかが楽しみ。

スペックから言うと、基本的に女性向きに作られていると思う。
さて、その気になる打球感はというと・・・。

以前のKシリーズは素材が硬くなって、ラケットの反発性は上がったものの
打球感がボールの当たり所が分かりづらく、個人的には嫌いだった。

しかし、さすがにウイルソンも前の打球感ではダメだと気付いた?(笑)のか、
今回はしっかりと打ちごたえと喰いつき感がある!
当たり所もよく分かるようになり、私好みの打球感になった!

今回のFXシリーズは一度グッ!と掴む感じがあり、
少しだがしなりも感じれる。
このしなる感じは、あの穴あきスロートのおかげなのかも??

あのスロートは素材は硬いままで、
しなりを出すためにウイルソンが考え出したのかもしれない。


これはなかなかウイルソンがんばった(笑)
前のKシリーズに比べて、とても印象が良かった。

メーカーが強調している「面安定性」も確かに良いと思う。

また、喰いつき感が上がった分コントロールもしやすかった。
しかもZENは、
ボレー・サーブともに飛びも上手くまとめられていてオールラウンドな印象。

女性が使うにはちょうど良い飛びか、もしくは少し飛びが足りないぐらいかも?
しなりが出た分、飛びすぎることもなくなった。

新しいFXシリーズ、なかなか良いかも!?
ある程度、振っていく女性にお勧めできるラケット。 

ブリヂストン TOURーPRO(ツアープロ)

今回もボールの紹介。

ブリヂストンから昔からおなじみのボール「ツアープロ」。



【送料無料】『2ケースお買い上げ毎にタオルプレゼント』ブリヂストン ツアープロ 1箱(60球) ...

このボールの打球感といえば、硬めで反発力が強いので、
日本人では苦手な人が多いかもしれない。

オムニで使っているとケバケバ?になりやすいし、
ハードで使うと、一回り小さくなったようにツルツルになる。

けれど、個人的には耐久性、反発力、価格というトータル的な面から
「練習球としては1番良いのではないか?」と思っていて、
自分の練習球として利用している。

反発力が確かに少し強いが、
これぐらいの反発力をコントロールできるだけの技術は必要だと思うし、
JOP(賞金付きで日本ランキング獲得の試合)などでは、
前に紹介した「フォート」を使っている大会のほうが少ないぐらい。

硬いボールに慣れておけば、
柔らかいボールはコントロールしやすいと思っている。

硬いといえば、ノンプレッシャーボールも使っていたこともあるが、
感覚的にさすがに違いが大きいので、お勧めは出来ないかも(笑)

コストパフォーマンスとしては、とても良いボールなので、
練習球に悩んでいる方はぜひ使ってみてほしい。

 

パシフィック Classic-Gut(クラシックガット)

今回は、使っている人が少ないと思うナチュラルガット。



ポピュラーナチュラルPACIFIC(パシフィック)【Classic-Gut】(クラシックガット)硬式用ガット


パシフィックというメーカーはナチュラルガットの世界では、
賞を独占するほど品質の良いガットを提供している会社。

また、ナチュラルガットと言えば、テンション維持率や打球感の良さ、
反発性などの点において最高のガットとされている。


しかしその反面、水に弱いので雨の日などには絶対に使えないという問題点がある。
そういうナチュラルガットの弱点をも克服した会社が「パシフィック」。

パシフィックのナチュラルは、特殊コーティングのおかげか?
水につけても伸びたりしないらしい。

(もったいなくて試したことはないが・・・)

つまり、理論上は雨の後でも使えるナチュラルガットということ。

そんな、うんちくはさておき、肝心の打球感は?というと・・・。

「こんなに柔らかく感じれるナチュラルガットは出会ったことがない!」
というほど打球感がマイルドで優しい。
マルチのガットにかなり近いが、その柔らかさの中に少しだけ打ちごたえも感じれる。

初めて使った時は本当にびっくりした。

このガットをお勧めできる人は、
硬めのラケットを使っているがマイルドな打球感が好きな人。
マルチが好きで、その打球感でナチュラルガットを選びたい人

にはもってこいだと思う。

前回紹介したバボラのナチュラルよりは、だんぜん柔らかいので、
個人的にVSよりは好み。

しかし、ある程度の打ちごたえが欲しい人には柔らかすぎるかも?
マイルドな打球感が好きな人には、ぜひ試してみてほしいガット。
 

ブリヂストン(BRIDGESTONE) X BLADE ZERO 3.25 MD

久々のラケット紹介。

今日は以前紹介したラケットのMIDの方。

MPの記事には17拍手も入るほど、反響の大きいラケット。



★最高の特典付き!★◆テクニファイバー X-ONE BIPHASE 張り上げ出荷★テクニファイバー グ...


とりあえず、打ってみると打球感はMPに比べて
「打球感が詰まっている感覚」が強かった。
これはもちろん、フェイスの違いからきているのだと思う。

また、ウレタンが詰まっているせいか、面安定性も高く感じる。

けれど、とにかくこのZEROシリーズは、ラケットのしなりがすごい。
(前回も似たようなことを書いたが・・・)

MDもMPも近い打球感だが、ボールを打った瞬間ラケットがグニッ!と折れたんじゃないか?
と思うほどしなる感覚が感じ取れる。

ここまでしなる感覚、ボールを捉えている感覚を得れるラケットは、
強いて言うならトアルソンの「アロー」。
それ以外は見つけられないほど、特殊?な打球感を感じ取れる。

前回も書いたがラケットがしなることで、ボールが載っている感覚はかなり感じ取れるラケット。

しなる分、振りきっても飛びすぎることもなく、きちっとコートに収まってくれる。
ボールを掴む感覚が長いのに、反発力を感じれるこのラケットは不思議。。。

グニッ!の後にパンッ!とボールが飛びだしてくれる。

バボラとは全く逆の方向性で打球感を作っているのが面白い。

MDとMPの一番の違いは、やはりボールの飛び。

MDは面が小さい上に、しなるのでどんな時でもしっかり振れることが要求される。
追い込まれた時にラケットの助けは期待できない。

ボレーにもあまり向いていないラケットと言える。
ストロークのことを第一に考えて作られたように感じた。。。

そう考えると、MPの方がトータル的なバランスは良かった。
MPでもまだ、ストローカー向きだがMDほど辛さは感じない。

本当に月並みな意見だが、
打球感・ストローク重視であればMD
トータルなバランスで言えばMP

になると思う。

個人的には、しなりがあって打球感も大好きだが、
自分が使うラケットであれば、もう少し反発力があるものを選ぶと思う。

けれど、試合に出たりせずに打球感を楽しむ方には一度試してほしいラケット。
 

ボール DUNLOP FORT(フォート)

あまり、他のブログでは紹介していないので新しく「ボール」も紹介していくことに。

第一回目のボール紹介はやはり「ダンロップ フォート」かなと(笑)



全国送料サービス!!税込価格ダンロップボール フォート FORT(4球入)1ケース (30缶)


日本の公式試合でもよく使われていて、日本を代表するボール。
品質の良さでも有名で、フォートでいつも練習出来るとなぜか贅沢に感じる(笑)

打った時の感触は硬すぎず柔らかすぎず、絶妙なバランス。
癖のない打球感とコントロールのしやすさで、日本人に好まれている。
ボールの硬さの基準も、日本では「フォート」になると思う。

けれど、海外では一般的に使われているボールはもっと硬いらしく、
海外の選手がフォートを使うと、ボールがインパクトで潰れすぎて違和感を感じるらしい。

そういう背景もあり?スリクソンのように
硬いボールの発売が多くなっていく傾向に。

また、練習球として使うにはちょっと高いので「ダンロップ st」を使う人も多いと思う。

耐久性から言うと、「st」より断然「フォート」の方が良い。

私も新球の「st」を使ってオムニで試合をすると、せいぜい長くて2セット。
「フォート」だと、何とか3、4セットは使える耐久性。

試合前には、少し高くても使いたくなるボール。 

アンディ・マレーのコアトレーニング

これからは気に入った画像も公開して行くことに。

記念すべき第一回は、
肉体改造に取り組んでいることで有名なマレーのトレーニング風景。



自重のトレーニングで、体幹を鍛えているよう。

やっている内容は特に珍しいものはないが、
途中でストレッチポールを使っているのが、個人的にはびっくり(笑)

それ以外は、バランスボールさえあれば自宅で出来るトレーニングばかり。

トレーニング風景を載せておいて言うのも変だが、
流行りの「コアトレーニングって必要なのかな?」と個人的には思っている。

もちろん、体幹部の筋力は不可欠だが、
その体幹部の筋力を「固める動作」で付けていくことに疑問を感じている。
腹筋部や大胸筋、広背筋などが固まった状態などプレー中にない。

むしろ、足からの力の伝達をスムーズにするためには、
固まらない方が良いと思っている。

私はジムで腹筋や体幹のトレーニングをしてもほとんど筋肉痛がこない。
けれど、練習で全力で打つことが続いた時には体幹部にひどい筋肉痛がくる。
ここに、体幹部の鍛え方のヒントが隠されていると感じている。

しかし、意味のないトレーニングはないので、
マレーファンの方はぜひ同じトレーニングをして、
パフォーマンスアップを目指してほしい。
 

森永 たまごのとろふわプリン

コンビニのスイーツは入れ替わりが激しいので、
これからは、長い間売られているものを紹介していくことに。。。

今日紹介するのは「とろふわプリン」。

DSCF2846.jpg


スーパーやコンビニなどでよく売られている商品。

これが食べてみると、なかなかおいしい!!

最近、森永の商品はお気に入り。
チョコなどでもおいしい商品が多い(笑)

このプリン、素朴な味がして、
この値段で売られているプリンの中では1番のお気に入りかも!?

カラメルソースはないが、それでも充分おいしい。
甘すぎないのに、しっかりした味があるところがまた良い。

食べたことがない人には、ぜひ1度食べてもらいたいプリン。


評価 ★★★★☆

 

生徒を放課後残す学校は、熱心で良い学校・・・??

久々の教育シリーズ。
今日は、前々から思っていた疑問について書きたいと思う。

私が以前勤めていた学校で、「学校見学会」のお手伝いを少しだけする機会があった。

その時、なぜか(笑)?私のところに質問にくる保護者の方が多かった。

その質問内容は面白いように二つに分かれた。

1つは「この学校に通った場合、塾に通わせた方がよいですか?」

この質問の意図は良く分かる。
進学校だったので、学校の勉強についていくためには
「塾」という選択肢がいるのか悩んでいるのだと思う。
納得納得。。。


あともう1つは「宿題などを学校で残してやってもらえますか?」

・・・。この意味はこういうことだろうか?
「家ではなかなか勉強をしないので、先生がしっかり宿題をやるように見てくれるか?」
そういうニュアンスで聞いてくる方が多かった。。。

事実、その学校では宿題を忘れた生徒は毎日居残りさせていた。
そのことを伝えると、保護者の方は安心したような顔をして、
学校に好印象を持たれたようだった。

「放課後、宿題など勉強を見てくれる学校は、熱心で良い。」
こういう考えの保護者の方は多いのではないだろうか?

本当にそうなんだろうか?
生徒の考えや意識を無視していないだろうか?


生徒だけで教室に残して宿題をさせても、
しゃべりだしたり遊びだしたりして、宿題をしない。
なので、監督の先生が交代しながら教室を見張る。。。

仕方なく生徒は残って宿題をするが、それに意味があるのだろうか?

保護者の考えでは、
「家で宿題をしない→学校で残される→先生が見てくれる→勉強を学校でしている」という考えの図式で安心しているのだと思う。

これは大間違い。

生徒の中では
「宿題をしない→怒られる・残されるのが嫌→仕方なく宿題を終わらせるだけ
 →勉強をやらなければ怒られる・残される→やりたくないことを強要される
 →勉強より遊びたいが、怒られないために宿題をするだけ」

という考えの図式で、勉強に対して悪循環を繰り返していく。
 
この生徒の頭の中に自発的なものは全く生まれない。
そんな状態で勉強しても、頭に入るわけがないし楽しいわけがない。

宿題をとりあえず済ましただけで、勉強した気になり、テストを受けると成績が悪い。
そして、怒られたり・自分は頭が悪いんだと思ったりすることも少なくない。

もちろん、宿題をきちっとやることは社会に出た時の責任能力を育成する上で、
大切なことだと思う。

けれど、私の考えでは学生時代に宿題をあまりちゃんと出さない子でも、
会社に入ったら書類はきちんと出すだろう?という考え。
(事実、私もそうだったりして・・・(笑))

大学を卒業したければ、期限内にレポートを出さなければ単位はもらえない。
そこで学べば良いのではないだろうか?

大学に行かないで、高卒で会社に勤めたとしても、
より一層、会社でがんばらないといけないことは、
就職活動で身に染みて分かっているはずなので、クビになりそうなことはしないと思う。


残して無理矢理、宿題をさせることより
自由にさせて自主的に「さすがに勉強をしないと・・・。」
早めに気付かせることの方が大事なのではないだろうか?

学校生活で定期試験をいくつか悪いからと言って、ダメなんだろうか?
大学受験のために最悪でも高2までに「勉強をしないと・・・」と
気づかせてあげれば、大丈夫ではないだろうか?

中学から入った生徒は6年。
高校から入った子は3年もの間、無理矢理勉強させられて意味があるのだろうか?

会社に置き換えれば、やりたくもない仕事を残業手当なしで
毎日遅くまでやらされて仕事に対するやる気が出てくるのだろうか?


質問だらけになってしまったが(笑)、
根本的に考え方を変えさせてあげれば、残す必要なんてないと思う。

私はそこまで教育論に詳しくないので、偉そうなことは言う気はないが、
「こんなのって教育と言えるの?」というのが本音。

ただ、大学受験で良い結果を残して、
学校の評価を上げるためにしているようにしか思えない。

生徒にとっては、大学合格がゴールではないと思う。

残して勉強を見てくれる学校は熱心だとは思う。
けれど、それが生徒にとってプラスになっているかは疑問が残る。

まだまだ言いたいことはあるが、あまりに長くなるのでこの辺で・・・(笑)

 

HALEO アルファリーン

久々のサプリ紹介。

今日、紹介するのはダイエットサプリ「アルファリーン」。



内容成分などを紹介しようと思っていたが、
こちらこちらを見た方が詳しくて、楽(笑)なのでチェックしてみてください。

製品を買うときはもちろん「tocovichさんのブログを見て・・・」と言えば、
丁寧に対応してくれるかも(笑)

簡単に説明すると、今まで紹介してきた
「GCS」 「ALA」 「イグナイト」 「ファイナルバーン」
と「アルファリーン」は少し考え方が違う。

前の4つはどちらかというと、
4か月程度で結果を出す短期集中型のダイエットサプリ。

なので、体感を上げるためにサプリを飲まない「オフ期」というものを
作った方が、より効果が期待できる。


しかし、アルファリーンの目的は脂肪を燃焼させるのではなく、
脂肪細胞自体を減らす「そんなこと出来るのか?」という目的で作られている。

だから、もちろん「オフ期」は必要ない。
また、即効性も期待できないのも事実。

つまり、長くじっくりと体の脂肪を減らしていくサプリと考えてもらえば良い。

実際飲んで見ると、飲んだ後に少し運動するとすぐに汗が出て、
脂肪が燃焼されやすくなっているのは分かる。
けれど、それ以外は何も感じない(笑)

1ヵ月ほど飲み続けると、何だか太りにくい。
食べ過ぎても体重があまり増えないし、運動すればすぐに痩せる。
体質的に、痩せやすくなったと感じている。


体感はあまり感じ取れないが、徐々に体重が落ちていく感じ。
メタボリック気味な人も、試しに2~3か月飲んでみると太りにくくなるかも。

長期的に体を変えたい、体質を変えたい人にはお勧め。
私も、今後も飲み続けていこうと思っているサプリ。

 

錦織 圭選手に遭遇!

今日は、デ杯の練習が行われているという情報を得たので、
プライベートの生徒さんとデ杯会場の「なみはやドーム」へ。

まず、会場に着いて思ったのがほとんど人が見当たらない。。。

ドームの中に入って、やっと関係者の方が、ちらほら見える程度。

マスコミの姿なんか全く見当たらない。
テニスがマイナー競技だと思い知らされた(笑)
(野球だったら、練習だけでもすごい報道陣なのに・・・)

会場に来たのは良いが、練習場所も分からず、
関係者以外立ち入り禁止の場所もあり、練習を見ることを断念。。。

せっかく「なみはやドーム」に来たので、個人的な興味もあり、
生徒さんとドーム内のトレーニングルームを見学に行った。

受付けで施設を見学したいと伝えると、後ろから若くて細い2人組みの姿が目に入った。

ちらっとその姿を見てみると、何だか見たことがある人。。。

もう一度よく顔を確認してみると、1人は錦織圭選手だった!
(普通過ぎてびっくりした。。。)

もう一人の方は背中に「JAPAN」とプリントされたTシャツを着ていたので、
デ杯のトレーナーの方だと思う(日本人)。

練習後に、筋肉に軽く刺激を加えるためにトレーニングに来たようだった。

5分後には添田豪選手も現れ、2人のトレーニング姿を見れるという幸運に!

錦織選手はトレーニング前に何かのサプリを飲み物に入れて
(少し離れていてよく見えなかった・・・まさかBCAA?)
60kgぐらい?のスクワット5,6回を2,3セット行い、
その後にダンベルを使ってデッドリフトのような動きをして終了。

トレーニング時間10~15分程度だった。

ストレッチや体のメンテナンスは違う場所でするのだろう。。。

このトレーニングの間、トレーナーの方は錦織選手に付きっきり。

それに対して、添田選手は一人でやって来て、
自重のランジや三頭筋から背中に効くような軽いトレーニングを一人でこなしていた。

日本代表でも、錦織選手の扱いは特別なのだろうか・・・?

そこら辺はよく分からないが、間近で日本代表選手を見れるという
滅多にないチャンスに出会えてよかった!

ちなみに錦織選手は、TVで見るより実際に見た方がカッコ良いです(笑)
 

フォアハンドの打ち方について考える・・・(上半身)

合っているとは保証できないが、
私がレッスンで指導している「フォアハンドの体の使い方」について
今日は紹介したいと思う。

紹介する前に注意として「誰にでも絶対に正しいと言える打ち方は無い」
と私は思っているので、実際にこの記事を読んで試してみて、
感覚的に良くないなと思った場合は忘れてください(笑)

レッスンでは、この使い方を簡単に教えるだけで、
球質自体が変わる方が多いのは事実。。。


以前紹介した古武術の本↓



この本の54ページに載っている
「股関節のたたみと手の動きを合わせる」という、
体の使い方はフォアハンドにおいて、とても効果を発揮する。

けれど、実際のフォアハンドでこれだけ腕を固めて打つと、
おかしな、ぎこちない打ち方になる。

そこで「腕の固定」の代わりに、
テイクバック時に打つ方の肩甲骨を寄せて腕を簡単にロックしてあげる。


そして本の通りに体を回せば、インパクト時にハト胸の状態を作ることが出来、
フォアハンドを打つ時に、より大胸筋を使えるようになる。

結果、いわゆる「手打ち」がなくなる。
(ややこしい、専門的なことは余計な使い方や力みを生むので省きます。)


いきなりこの打ち方で、今までのように速く打つのは難しいので、
まずは「打つ方の胸を押し出すイメージ。」「テイクバックで肩甲骨を入れる」という
2つの意識だけを持って軽く打ってみる。

打ってみて今までより軽く打っているのに、
ボールが飛ぶようになればOK!

体の使い方が良くなり、以前より効率良くパワーを使えるようになったと言える。

そこから徐々にスイングスピードを上げて、体に染み込ませて欲しい。

この段階でも、ただ数多くボールを打つのではなく、
自分の感覚として「軽く打っているのに、ボールが飛ぶ」という事を
確認しながら行っていけると、より良い練習だと思う。


フォアハンドに悩んでいる方はぜひ1度、試してみてほしい。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。