FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

HALEO GCS750

私の中で、ダイエットをしたいと思っている方に
お勧めするサプリのBEST3には入る「GCS750」。



今日はその素晴らしいサプリの紹介。。。

このサプリを簡単に説明すると、以前ブログの中で紹介したサプリ「ALA」の強化版。

基本的に食事の前や間食前に、このサプリを摂ることにより、
摂取したカロリーを脂肪として体に付きにくくする作用がある。



少し詳しく説明すると、「ALA」と「フェヌグリークエキス」が
食事から摂取した炭水化物をグリコーゲンとして蓄積させる。
よって、炭水化物による体脂肪への蓄積を抑制できる。

また、それだけではなく「ガルシトリンHCA」が、
過剰に摂ってしまった炭水化物を、脂肪酸に転換されるのブロックする働きを持つ。

つまり、このサプリは食事の栄養を優先的に筋肉に供給してくれて、
吸収に余った炭水化物などが脂肪になろうとするのをブロックしてくれる
2重ブロックの働きをもつ。


私が飲み続けた体感としては、まず食べても太りにくい!
筋肉の疲れが取れやすい、腹回りなどが知らないうちに徐々にすっきりしてくる。
など、即効性はそこまで無いが、飲み続けていれば効果はかなり出てくる。

また紹介しようと思っている「イグナイト」と、
この「GCS」を組み合わせて飲んで、やせない人はほとんどいないと言えるかも?



それぐらい、楽して痩せれるサプリだと思う。
ダイエットの予算が1カ月1万円ある方は、
だまされたと思ってこの2つを飲んでみてほしい。
痩せると思います。。。
(けっこう自信あり!)


一応、ダイエットサプリとして紹介しているが、
アスリートの方も摂らないといけないサプリ。


アスリートは、筋肉をたくさん使うので、その分エネルギー補給も必要となる。
普通の食事だけで、十分補給出来れば良いが効率が悪い。
このサプリを飲んで、その補給の効率を上げて筋肉の状態や疲労を取る目的でも良いと思う。

アスリートにもダイエット目的の方にでもお勧めを超えて、
必須サプリと思ってほしい。



※このサプリを毎食前に飲むと結果は早く出ますが、
 お金がかかるので、まず晩御飯前だけとかにするのがお勧めです。
 予算がある方は、毎食前に飲んでみると、効果がかなり早く出るかも!



 
スポンサーサイト

ウイダートレーニングラボ

今日は、私が今通っているジムの紹介。

私が大学生でテニスをしていたころ、フィジカルの大切さに気付いて以来、
色々なジムに通ってきた。

大阪の中部から北の方にあるトレーニングやフィットネスはだいたい見に行ったと思う。
(ボディビルジムは行ってません・・・。)

さまざまな失敗を経て、たどり着いたのはここ
「ウイダートレーニングラボOsaka」。
(ジムの詳細はHPをご覧ください。東京にもあります。)


このジムはまず、プログラムからしっかりしている。

① 1年を細かいサイクルに分割して       
   トレーニングの量や強度に変化をつけてくれる。
   また、オーバートレーニングを防ぎ体力要素が向上しやすい。

② 体幹のバリエーションが豊富。

③ オリンピックリフティングを適切に指導してくれる。


と、まとめれるが、簡単に言うと、

メニューが6週間~8週間程度できちんと変えてくれる。

他のジムは、一回くれたメニューはなかなか変えてくれず、
時期に応じてメニュー構成してくれない。。。

また、ウイダーは試合やその日のコンディションによってメニューの負荷を変えてくれる。
試合前や疲れている時は「体幹メニューだけ」など、調整してくれるのも魅力。

そして、他のジムではなかなか指導できない「スナッチ」なども指導して、
プレーのパフォーマンスを上げてくれる。


色々と書いたが、一番良いと感じるのは、
パーソナルトレーニングのように、かなりの時間をスタッフの方が横についてフォームのチェックやアドバイスをくれる。
こんなジムはなかなか無いと思う。
1人1人の会員さんを大切に見てくれるところが一番の魅力


あと、個人的には栄養士さんがジムのスタッフの中にいるので、
サプリメントの相談など専門的なことを相談できるのも嬉しい。
普通の人だと、サプリの成分などよく知らないので話がかみ合わないことが多い(笑)


私が以前通っていたジムは、トレーニングしているのが私1人でも
スタッフの人は受け付けにジッといる始末。。。
あの人は何をしているんだろう?とよく思っていたが、このジムではそんなことはない。


多数のアスリートというかプロ選手が通っていて、
1度ジムに行けば、何かのプロ選手に会える確率は90%を超える(笑)
(ジムに一回行って、プロの選手に最高10人以上に会ったこともある・・・。
 その時は「なんだこのジム・・・」と思ってしまった。)

それだけ、プロの方に選ばれているということはアスリートにとって評価が高いということ。

個人的にも、価格などを考えてこのジムより良いと感じるジムは今のところ無い。
だからこそ、ブログで紹介している。
(私としては、ラケット以外でブログで紹介するものは良い!と自信があるものという方針

アスリートだけでなく、健康志向の方も来ているので
尼崎・東京のジム近郊の方で、
「どのジムが良いのか、よくわからない。」という方には、ぜひお勧めのジム。
というか、近くの方でジムに通うならウイダーにしておいた方が良いと思う。


無料体験もしているので、
電話で「テニスブログを見て電話をしました、ジムの体験をしたいんですが・・・。」と
伝えていただければ、スタッフの方が優しく対応してくれると思います。

※ジムから許可もいただいたので、
 近々、私のしていたトレーニングメニューも公開しようと思っています。
  


 

最低1度は目を通してほしい本

超有名な本で、
だいたいの人が読んでいると思われる「ウイニングアグリー」。

もし、この本を読んでいない方がいたら、
必ず読んでおいてほしいと思うのがコーチ側の意見。

ある程度、試合に出るようになったら
最低限度知っておかないといけない「考え方」や「戦術」が載っている本。

もし読んでいない方がいたら、必ず読んでほしい。
一冊1900円程度だが、価値はもっとある本。。。

もし、一度読んだ方も自分のテニスが行き詰っていたら、読み返すべき。
また、違う発見が必ずあると思う。




でも気をつけてほしいのは、
試合の中で戦術にばかり意識を向けると失敗するということ。
試合であそこに打とう!あそこに打とう!としてミスを繰り返す。
そして、振りきれなくなり、自滅して行くパターンになる方は多いのではないかと思う。



ということは、結局、確率の世界になってしまって練習量が多い方が有利となる。
つまり、テニス歴が長い人の方が強い傾向になってしまうということ。。。

試合の中で、頭を使って戦術を立てるのはもちろんだが、
それは「あること」が出来る前提での話。
※その「あること」は商売上言えません。

けれど、その「あること」をしっか出来ずに「戦術」に走るので、
女ダブの方に多い、手打ちでコースばかり狙ってミス待ちの小さいテニスになる。
(この戦い方をしたくなくても、勝つためにしてしまうようになってくる・・・。)


コーチの中でも、女ダブのレッスンで戦術ばかり教える人がいるが、それは間違い。。。
必ずそのレッスン生はどこかで行き詰るはず。


私は、全日本ベテランの女ダブ優勝ペアと試合をしたことがあるが、
本当に、そこらへんでやっている女ダブとは質が違う。。。
しっかり振り切るし、パワーもありスケールの大きいテニスをする。
というか、そういうテニスをしないとチャンピオンにはなれない。

今、女ダブで悩んでいる方は「考え方」や「目の向け方」を変えるだけで何かが変わるかも?
周りと同じような練習をしていても、差は埋まらないことを認識してほしい。

また、練習をしているにも関わらず結果が出ないのは、
練習の方向性が間違っているからと早く気付いてほしい。。。


 

ラケットの選び方・買い方。

きっと、このブログを読んでいる方のほとんどはラケット好きだと思う。

だから今日は、私のラケットの選ぶ基準・買う場所などを簡単に話そうと思う。

なぜ、こういうことを書こう!と思ったのかと言うと、
意外にもラケットの正しい買い方や、
お得な店の探し方を知らない方が多いと最近感じたから。

何となくスクールやショップに行って、店員さんの言うがままに買うぐらいなら
ここで勉強してからラケットを買ってほしいと思う。

何という、テニスをする人にとって優良ブログ(笑)!!
(実は生徒さん1人1人に説明するより、「ブログを読んでください!」
 と言った方が楽だからだったりする・・・(笑))



という建て前と裏事情は置いといて、まずラケットの簡単な選び方だが・・・

① スペックを決める


これがまず一番始めにくる。
決めるポイントとしては「面の大きさ、ラケット全体の重さ、薄さ」。
あと、少し高度になってくると「硬さ」もポイントになるが、
とりあえず上の3点をだいたい決める。
(特に薄さは、1mm違ってくると飛びが全然違ったりするので気をつけたい。)
※簡単な基準はメルマガにて・・・。


② 自分のフィーリングやイメージで決める


スペックが決まると、だいぶラケットが絞られていると思うので、
次に、試打や自分が好きな選手のラケットなど、自分の感性で決める作業に入る。
女性に多いのが、この部分を1番に持ってくる方。
スペックを無視すると上手くなるのを阻害するラケットを選びかねないので気をつけたい。


③ 値段で決める


最後は値段。同じラケットでも安く買える方がお得。
ガットを入れて3万円を超えるようであれば、そこは高い!
必ずガット込みで28000円など、探せば見つかる。。。


という手順を私はラケットを買うとき踏む。

スペックはどういうサイズの物が良いか?という疑問を持たれた方、
これは私の商売上あまり言えませんが、
コメント、もしくは全く機能していない掲示板(笑)から
気になるラケットを相談していただければ、お答えします。。。
(間違っているかもしれませんが・・・)


最後に、ラケットを買う店だが、行きつけの気に行ったお店がある方は
今後のためにもそこで買った方が良いと思うが、
そういうお店がない方は「ラケットモール」というサイトでラケットを探してみてほしい。


「ラケットモール」は、自分の欲しいラケットを選ぶと、
値段が安いお店から表示させることができる。

全てのお店が登録されているわけではないので、
1番安いとは言えないが、だいたいの値段の目安を見てからショップに行くのも大事。


あと大阪の「アプローチテニス」もなかなか安いし、
ラケットの情報が詳しく載っている「コートサイド」もチェックすると良いかも。

これを読んで、安くて自分に合ったラケットを選んでくれると嬉しい。

※ラケット選びに失敗すると、テニスの上達が遅れます。
 実際、私の生徒さんもラケットを変えてプレーが変わった方が多い。。。
 間違ったラケットだと怪我の原因にもなるので、慎重に。。。

 

 

バボラ VSタッチ

なるべく、毎日更新出来るときはしようと決意して数日・・・。

早くも限界が近づいている・・・(笑)

明日なんて、朝8時前からずーーーーっと16時過ぎまでコートに立っている日。。。
お昼ごはんもコートの横で食べている。。。
でも頑張ります!
(メルマガもまた内容によって送ります。)


今日は、ナチュラルガットの紹介。
私は、週1、2のプレイヤーでガットがあまり切れない方には、
少し高いがナチュラルガットをお勧めする。

それはなぜかというと、

まず第一にテンション維持率が良く、痛みがまだ遅いから。
(けれど、ナチュラルは基本的に雨には弱いので使わないように)


それと、やっぱり打球感など総合的に見て、ナチュラルガットが一番良いと思うので、
ガットが長く持つ方は、良いものを選ぶべき!

良いものを長く使う考え方(笑)


ナチュラルガットの中で一番と言っても良いぐらい有名なのが、バボラの「VSタッチ」。
ベストセラー商品だと思う。
けれど、私の使ってみての感想は思ったより硬い・・・。

バボラのガット自体、コーティングが多いので、どうしても硬い傾向になっていると思う。

私としては値段の割にあまり気に入らなかった。
これだと、もう少し値段が抑えめで良いナチュラルガットがあるので、
そちらの方が好き。

(あくまで個人的な意見です。プロなど使っている人も多いよう・・・。)


ガットの王様みたいなものなので、
なかなかガットが切れない方で、興味のある方は一度試してみると良いと思う。
 

ジョイントエイド

この時期になると、多いのが肘や膝などの関節痛。

私はあまりそういうのが無かったが、
最近プレーが激しくなるにつれて、膝の痛みが少し出てきた。。。
(足の使い方が悪かったのもある・・・)

そこで、膝を治すためには2種類のアプローチがあると思う。

1つは外側からのアプローチ。
つまり、マッサージなどによる体の外側から痛みを軽減する方法。


2つめは内側からのアプローチ。
サプリなどによって間接を治癒する方法。



マッサージは以前、「ボディケア松本」でしてもらい、
少しは痛みがマシになったが、何日かすると再発するので、
そんなに頻繁にマッサージにも行けないので(お金がもたない)、
お得意のサプリで攻めてみることに(笑)


そこで、今回紹介するのが「ジョイントエイド」という製品。
(下のAmazonから現物が見れます。)

このサプリ、実は中身がすごいがそれを書いていると、
読む気が失せるくらい長くなる(それぐらい色々入っている)ので、
なるべく簡単にまとめたいと思う。


この製品のどこが優れているのか?というと、
ひとつの成分、例えばグルコサミンだけ入れて関節の調子を良くする、
という1方向からのアプローチではなく、

1つは靭帯や間接の構成成分を適切に栄養を供給することで治す。

2つめは炎症の痛みを軽減し、炎症による組織の分解を防ぐ成分も含んでいる。

3つめは細胞再生を促進する成分や骨の状態を良くする成分も含む。


つまり、
靭帯などを治すだけでなく、炎症も抑えて、痛みの原因の一因となる骨もサポートするところまで考えている
いわば過保護とも言える成分がふんだんに含まれている。

こんな関節系サプリは他にはないと思う。
すごい・・・。(すごさはわからなくても良いです(笑)独り言。。。)


体感としては、1~2週間飲んでから痛みがほとんどなくなって、今は膝は痛くない(笑)

念のために今も飲んでいる(残ってるし・・・)が、
私の場合、ひどくなる前に飲んだのが良かったのかもしれない。


現在、痛みが軽い方は寝る前に一回飲むだけで良いと思うが、
痛みがひどい方は練習前かお昼に一回飲んで、寝る前にもう一度飲むと良いと思う。



一回マッサージに行くとだいたい60分 6000円ぐらい。

それなら、こちらを買った方が一か月ぐらい飲めるし、効果は持続すると思う。
良くわからないサプリを買うなら、私を信じてこれを試してみてほしい。
(信じれない方は他のをお試しください(笑))




 

私学の方向性について・・・。

最近、全く書いていなかった「教育」。
あまり興味のない方もいると思うが、そんなの関係なしに書きたいと思う(笑)

地方の私学などは話が変わると思うが、都心部、
特に私が勤めていた地区・大阪の私学は、現在ある傾向に向かっている。。。

それは・・・「とにかく勉強をさせて進学率をアップさせる。」

休みが少ないのは当たり前、授業数が多いのは当然。
補習という名の授業も毎日。
ひどい所は、9時まで毎日補習。
もしくは、テスト前は学校に監禁状態の所も少なくない。

逆に保護者はそれで満足する傾向にある。
しっかり学校が見てくれていると勘違いするからである。

なぜこういう傾向になるか?と言うと、

進学率がアップ → 受験者数がアップ → 受験者層のレベルがアップ 
→ 学校全体のレベルが上がる → 一番初めに戻る。

という、一種の良い循環が学校にとって起こるからである。

学校を選ぶ基準は「進学率」がキーになってくるので、学校の生き残りをかけてそこに力を注ぐ。
だから、何とかして進学率を上げるために、補習をいっぱいしたり、
休みを減らしてまで授業を入れる。

というのは、学校側の話。

でも私はその中に、「本当に生徒の力を伸ばす」というものは欠けていると感じる。

なぜなら、「勉強は最後は自分で考えてやるもの」だと思うからである。
テニスと一緒。。。

やらされて伸びた成績なんて一時的に出てくるもの。
どうしても、目先の成績にとらわれすぎて、生徒の自主性を殺していると思う。

テニスで自分が納得いかない戦い方(例えば繋ぐだけで、強打はするなとか)
をコーチに押し付けられて、目先の勝ちにこだわっても、そのプレイヤーは最後は伸びない。

まぁ、中級程度で頭打ちだと思う。。。


話を戻すが、学校において進学率が大事なのはもちろんだが、まず生徒あっての学校。
最低でも、自分で「勉強しないと!」と思わせるように持っていくことが
教師の役目なんじゃないかと思う。


自主性を出すためには、絶対必要なこと・・・。
それは、教科を「好き」と思わすことに限ると思う。

余談だが、去年私がメインで担当していた2クラスの好きな教科アンケートで、
両方とも1位は体育などをはねのけ数学だった。
その分、2クラスの成績も良かったし、何より自分から勉強してくれた。
私は、ほとんど「勉強しろ!」なんて言ってない。好きなら勝手にするからである。


その証拠に授業でよく小テストをしていたが、小テストがない日は
生徒から「今日はテストないんですか?あ~あ、やってほしかったのに。」
と私も驚く言葉が飛び出した。

その言葉が気になったので、その生徒に「テスト嫌じゃないの?」と聞くと、
「だって、授業の復習になって思いだせるからあったほうが良い」と・・・。
それを聞いていた周りの子たちも、うなずいている。。。

その時に、やっぱり「好き」=「学ぶ」ということにつながるんだと実感した。

結局、どれだけ補習などで勉強を見ても、自分で勉強することにはかなわない。

生徒がやる気を出せるような環境を作る意味でも、
強制でなく自由に勉強に向かわせるべきだと思う。。。

大学入学が生徒にとってのゴールではないので、
その先につながるように生徒を育てることができる学校の傾向になってほしい。。。

きっと、今の傾向では10年以内に頭打ちする学校だらけになると思う。。。

でも、現状はなかなか変われないと思うので、私は体が動かなくなったら、

自分の教育方針で塾を作るつもり(笑)

その教育方針は

「こちらからは何も宿題を与えない。自分がしたい時だけ宿題を与える。
けれど、将来の話や夢についてイメージをふくらます話をずっと伝える」

この教育方針でいくためには、教師自身が夢を持って走らなければならないと思う。
そこで、得た経験を生徒に伝える先生であるべきだと思う。
だから私は今、夢に向かって走ってます(笑) 

私の思うテニス上達法・・・。

久々の持論シリーズ。
このブログの読者になった方には、こちらが大好きな方も・・・。
ラケットが分からない人にはチラッと読んでほしいことを書いている(笑)

今回のテーマは、皆さん興味のある「テニス上達法」について。。。


最近、巷で溢れかえっている「ネットでのテニス教材」。

私も仕事柄、たまに気になったものは買ってみたことがあるが、
当たりのものは少ない。。。(当たりもたまにある。。。


何で、こんな内容で人がこんなに集まるんだ?と言う物も・・・。
(最近、私も作ってやろうかと思ったりしている(笑)
 けど「買ってくれる人がいないや」とも思っている)



皆さんの中にも、「テニスを上達する方法を教えてください。」と
聞かれたことがある方もいると思う。
私も、本当によく聞かれる・・・。
皆さんはどう答えられているかわからないが、
たいてい「練習」やら「イメージ」やら、その人が自分で手ごたえがあったものを教えてくれる。


私の答えは「誰でも上達する方法はありません。」です。
(なんとも夢がない・・・。)

考えてみてほしいが、極端な例として「初心者」と「試合も出ている上級者」と
一緒にレッスンして、全く同じことをしますか?

スクールのレベル分けの意味に疑問を感じる人は少ないと思う。


答えは「誰でも上達する方法はない」だが、
ここを意識すれば良い・・・。など
「ほとんどの人が上達するポイント」
というものはあると思う。
それを多く知っているコーチは、一般的には良いコーチとされると思う。


少し、話を戻すが一般の方は「上達法」に目が行きがちだが、
「テニスを上達する考え方」と言うものを持つ方が、
私は効果が高いと思っている。


具体的に言うと、私の場合テニスのメニューや自分に足りないものを考えるとき、
テニスだけで考えるとわからなくなるので、よく「数学の勉強」に置き換える。


置き換えるとはどういうことか?というと、
例えば、
 「テニスの試合」 = 「定期試験」、
 「練習」      = 「問題集を解く」
 「レッスンを受ける」= 「授業」  
           
    という感じである。

もし、練習をしているのに試合で負けてばかりで悩んでいるとすると・・・

数学に置き換えて、生徒の中には、問題集を解いているのにテストが悪い子がいる。
そういう子は、問題集の解き方が悪いことが多い。
だから、問題集の解き方に問題があると分かる。
(例えば、一回しか解かず、やり直しをしていないなど・・・。)

ということは、練習の仕方・メニューに問題があると考えられる。

あまり詳しく書くと長くなりすぎるので、簡単にしか書けないが
別に「数学」である必要はないと思う。

私は数学の勉強法に自信があったので、数学に置き換えたが、
小さいころからピアノを習ってきた人なら、
「ピアノでの上手くなる考え方・プロセス」「テニスでの上達の考え方」は同じだと思う。

皆さんも、自分が自信のあるものに置き換えて(「仕事」でも良い)
テニスを違う角度から見て、やり直すのも良いと思う。

「置き換え」の観点から考えても、
「誰でも成績が上がる数学の勉強法」なんて無いということが分かってもらえると嬉しい。


勉強だけしても、やり方が悪いと成績は上がらないし、
結局、生徒によって勉強の仕方は変わってくる。
テニスも同じで、レベルなどによって求めるもの、与えるものは変わってくる。



ここまで読んで
「自分のコーチに聞いた方が早い。コーチの言う通りにすればよい。」
と思われる方がいるかもしれないが、それは間違っていると思う。

今年の全日本選手権を優勝したクルム伊達選手のスピーチで

「復帰してきた人間にぱっと勝たれてしまって面白くないと思っているだろうけど、世界に目を向けて、そのレベルに近づくために何をしなければならないのか、自分で考えてほしい

と言われている。

「自分で考える」と言うことをしなければ、私は本当の上達はないと思っている。

このブログを読んでいる皆さんには、
本当に自分のテニスのレベルアップに向けて、
「置き換え」などを使って、自分で考えることを忘れず、楽しくテニスを続けて欲しい。。。



※長いのに、最後まで読んでいただいてありがとうございます。
 偉そうなことを書いてますが、私はそんなたいした人間ではありません(笑) 
 ですので、書いてあることはあまり気にしないでください。
 独り言みたいなもんです(笑)

 

上海マスターズカップ

ジョコビッチ


さて、これは誰のサインでしょう??

テニスに詳しい方なら当然気づくでしょう・・・。

これは・・・。

そう!今回の上海マスターズカップを見事制した、
ジョコビッチ選手のサインです!


たまに練習と、アシスタントコーチとしてレッスンを手伝ってくれる
私の大事な相棒・Y君が、今回のマスターズカップで
本人からサインを、お土産にもらって来てくれました!

本当にありがとう!!
お礼をこのブログでさせていただきます。


※実はこのブログのtocovichはジョコビッチとかかってたりする(笑)
 そして、綴りを間違っていることも私の周りの人は知っている(笑)
 ジョコビッチとかけるなら、正しくは「tokovic」なのだ。。。
 

ブリヂストン(BRIDGESTONE) DUALCOIL 2.8

最近、生徒さんが買い換えたラケット「デュアルコイル 2.8」。
さっそくお借りして打たしてもらうことに。。。





≪テニスショップエディ≫テニスラケットブリヂストン(BRIDGESTONE)デュアルコイル2.8ブリヂ...



私は、あまり女性向けのラケットを試打しないが、
このラケットの良さはすぐにわかった。

このラケット良いです。。。あくまで女性にですが・・・。


打球感は癖がなく、スコーン!と抜ける感じがする爽快な打球感。
一回、グッとボールを捕まえて弾いてくれる感じは、
プレステージの粘り気がない感じで、個人的には大好き。
ボールの伸びも重量が軽い割にあるし、体重が乗った球も打てる。


何より、スポットを外してもだいぶラケットが助けてくれて、面だけでボールを返してくれる。
重さやバランス、飛びも女性が使うのにはちょうど良いバランスだと思う。
スペック的にも、女性にはとても良いと思うのでお勧め。


私の中で、少し打てるようになってきた女性には1番にお勧めするラケットだと思う。
初心者でもいけると思うが、自分で振り切って打つタイプの女性の方が、
よりラケットが生きると思う。


カラーも2種類あるし、女性にはぜひぜひお勧めのラケット。 

ZAMST 足首用サポーター

最近すっかり忘れていた「サポートアイテム」(笑)。
今日は、久々に更新。


今では試合で手放せないほど重宝しているアイテム。
ZAMSTの足首のサポーター。


今、別に足首を痛めているわけではないのだが、
トレーニングジムのスタッフの方の説明を聞いて、納得したので着けることに。。。


と言うのも、私は6,7年前にひどい捻挫をしたことがあった。
(1年以上痛みが引かなかった・・・。)


その捻挫も治り、今では痛みもないがその事をジムの人に話すと、
1回捻挫などをすると、足首のスジが伸びてしまうらしい。

けれど、そのスジは一度伸びると戻らないので足首がゆるくなってしまうとのこと。。。

足首がゆるくなってしまうと、捻挫の再発だけでなく、
ステップでの踏ん張りも利きにくくなると言われてハッ!と気付いた。。。


当時私は、フォア側に振られた時によく踏ん張れずに、
体が流れてしまったり、ボールにうまく力を伝えれないことが悩みの一つだったので、

原因は筋力だけでなくスジにもあったのか!?ということで納得して着けだした。


すると、結論から言うと確実にパフォーマンスが上がった!


足の踏ん張りが利くようになって、フットワークも良くなったし、
振られても体が流れにくくなって以来、手放せなくなった(笑)


怪我防止にもなるし、パフォーマンスも上がるし一石二鳥!



昔、捻挫された方やなぜか踏ん張りが利かない方など、
一度足首のサポーターを試してみてほしい。


色々と種類があるが、Amazonでテニスで使えるものをピックアップしたので
それを見てほしい。


※ぜひ、サポータ以外でもAmazonで物を買うときは、
  このブログからAmazonに入って買ってください(笑)
  一応、宣伝も(笑)





  

ルキシロン アルパワー

ポリエステルガットのブームを作ったと言ってもいいガット「アルパワー」。


このガットの打球感は、当時のポリのイメージを変えるぐらい柔らかい打球感。
柔らかい中にも打ちごたえがあって、反発力もなかなか良い。

人気が出るのも納得のガット。


プロ選手のルキシロン使用率も高い。


その理由は簡単に言うと2点。。。


一つは海外選手の多くに、ルキシロンがガットを無料提供したから。

あともう1つは、プロは試合で1日しかガットを使わないので
テンション維持率はそこまで気にしない。

(ガットを張る人も一流だから・・・。)


なぜこういうことを言うか?と言うと、ポリはテンション維持率がかなり低くすぐ伸びる。

だから、このアルパワーも張りたての頃はとても良いガットだが、
もって2~3週間すると、全く別物のガットになってしまう。


アルパワーは伸びると、コントロールが利かなくなって弾きが強い印象を受けた。


学生さんで、ガットがすぐに切れる人などにはお勧めだが、
1,2か月はガットが持つ、週1プレイヤーの方にはあまりお勧めできないガット。



 

ブリヂストン XーBLADE ZERO MP

ミニ試打会、最後のラケットインプレッション「X-BLADE ZERO」。

このラケットはアクセス解析でも検索の多いラケットで、意外と注目されているのかも?

前回のX-BLADEは私も一時期、相棒にしていたほど良いラケットだったので
今回もニューラケットに期待。。。



★最高の特典付き!★◆テクニファイバー X-ONE BIPHASE 張り上げ出荷★テクニファイバー グ...



長々と書くのも嫌なので、結論から・・・。
このラケットすごい!しかも良い!!
かなりお勧め。久々に、男性用のラケットでこんなに良いラケットに出会った。

まず「何がすごいのか?」というと「弾くのに球が載っている」感じがする。

もう少し分かりやすく言うと「弾く」と言うことは「球離れが早い」
(バボラなどがそういう傾向・・・。)

けれどこのラケットは、最後に「弾く」のに「球の喰いつき」と「しなり」を感じれる。
不思議すぎる・・・初めてこんなラケットに出会った。

競技者向けにありがちな、

 パワーを求める       → 球離れが早くなり打球感・コントロールが悪い
 コントロール性能を求める → 喰いつきがある分パワー不足になる


という不満を払拭してくれるラケットだと思う。


もちろん、コントロール性能は良いし、飛びも抑え気味。
スポットで捉えれなくても、ある程度飛んでくれるし、
スポットで捉えた時は「グッ!パーーーン」と飛んでくれる気持ちの良い打球感。

フレームの頼りなさもほとんど感じなかった。
良い意味で、前回のX-BLADEとは別物になったと思う。

ブリヂストンはこの打球感を軸にしていけば、ユーザーからもっと支持を得られると思うほど。


ある程度、打球感にこだわりがある方ならぜひ一度、試打してほしいラケット。
もう一度言うがお勧めです。

私も、今のラケットがヘタったら新しいラケットの候補にしようと思う。

※ミニ試打会の本当のまとめはメルマガにて(笑)



 

バボラ(BABOLAT) PURE STORM LIMITED

ミニ試打会の2本目のラケット「ピュアストーム リミテッド」。





出荷開始!![テニスラケット]★NEW★[Babolat]PureStormLimited[バボラ]ピュアストームリミテ...


バボラには珍しい薄いラケットで、本格派のスペック。
前から、スペック的に気になっていたラケットだったので、インプレッションを・・・。


打球感としては「バボラだな~」という印象。

相変わらず、当たり所が分かりづらくて飛びもコントロールしにくい。
けれど、まだバボラの中では喰いつく方で打球感もしまっている。

飛びはバボラとしては抑えめで、弾きもそこまで強くない。
弾きが速すぎない分、コントロールが少しだけしやすい効果が

打球感ではK-SIXONE95(18×20)の打球感にとても似ていた。。。
基本的に硬くて、スポットである程度のスイングスピードがあれば
柔らかさも感じることができる。

やっぱり、「バボラ」と「ウイルソンのKシリーズ」の打球感が似てきているような・・・。けれど、コントロールのしやすさなどは「ウイルソン」の方が上かな。。。

面が小さくてストリングパターンも細かいので、
スピンの性能にはあまり期待しない方が良いラケット。。。

フラット系の人には、ひょっとしたら武器になるかも。

スペック的に「プレステージMId」に近いが、
なぜかプレステージの方がスピンをかけやすい印象。

使ってみて思ったのだが、このラケットを使う人はかなり限られてくると思う。。。
技術がかなり高いか、バボラが大好きか(笑)


このラケットぐらいのスペックで考えている人は、
バボラにこだわりがないなら、このラケットを選ばない方が良いと思う。。。
「プレステージ」か「X-BLADE ZERO」を選んだほうが正解・・・。

3本の中では、個人的には一番選ばないラケットだと思う。。。
(事実、中古も結構売られている・・・。)


お勧めできるのは・・・バボラが好きで本格的なスペックが良い人。
薄いラケットで、少しパワーが欲しい人ぐらいかな・・・。
あんまり、お勧めできる人が見つからないほど、ターゲットが限定されたラケットだと思う。 

プリンス(Prince) EXO3 グラファイト100

今日は「エディ大阪」のMさんとミニ試打会を。。。

ミニ試打会のラケットたちは、前から気になっていた
「新グラファイト」、「X-BLADE ZERO」、「ピュアストーム」の3本。


今日は、その中のグラファイトのインプレッションについて・・・。





【中・上級者】プリンス EXO3 グラファイト100送料・ナチュラル使用ハイブリッドそしてグリッ...


プリンスの名器中の名器「グラファイト」。
未だに旧グラファイトが売られているのがすごい!
それだけ良いラケットで、売れ続けている証拠!


グラファイトにO3が付いて正直、あんまり期待していなかったが打ってみての感想は・・・。


打球感を一言で言うと「ガシャガシャしている」感じだった。


打つたびに気になる振動「ガシャ」という感じがあった。。。
真ん中に当たった時でも振動が・・・。

この振動を打ちごたえの目安にすることができるかもしれないが、
個人的には、もう少しクリアな打球感の方が好み。

少し、最近のラケットにしては振動が気になったので、小さい振動止めがいるかも。。。
(個人的には、振動止めは嫌い・・・。)


けれど、O3特有の打球感がぼやける感じは少なく、
真ん中でしっかり捉えれば、なかなか打ちごたえのある中に柔らかい打球感。
いわゆる硬派なラケットの感触を得れる。

スポットを外した時でもそれなりに飛んでくれるので、扱いやすい方だと思う。

あと、少しだけフレームの弱さを感じたが、まだマシなレベル。

コントロール性能は良くて、旧グラファイトをまだ易しくした感じだと思う。
飛びもある程度抑えられており、飛びすぎず振りぬきも良い。
オールラウンドに使えるラケットだと思う。


けれど、はっきり言って旧グラファイトと比べるなら、
新しいラケットは足元に及ぶか及ばないか微妙な感じ。。。


本当にグラファイトが好きな人は合格点をつけない出来だと思う。


印象をまとめるなら「現代版グラファイト」だと思う。
昔からのグラファイトファンの方は、とりあえず試すだけにしておいた方が良いかも。。。


最近始めた男子高校生などには、お勧め出来る良いラケット。
あと、ピュアドライブが飛びすぎる・扱いづらい方には、新グラファイトがお勧め。


 

お勧めの本

このブログをお読みになっている方で、
興味のある記事は「体の使い方」という人は多いと思う。


商売上、ここで詳しく書くことは出来ないので、今日は
「体の使い方の大きなヒントになる本」を紹介したいと思う。


何だか大げさに紹介してしまったが、それは「古武術 For sports」という本。
(下でアマゾンから現物が見れます)


「古武術」と言えば、元巨人の投手・桑田選手が古武術の考えを取り入れたことで
一躍有名になったが、テニスにおいてもこの動きは大いに役立つ。


これ通りにすれば良いわけではないが、
動きのヒントとなるべきことが分かりやすく、たくさん書かれている。


サイドステップや、ストロークでのフォア・バックの打ち方。
サーブの打ち方のヒント
まで書かれているので、私は見つけてすぐに買いました(笑)


この本の中で紹介されている動きを、
普段自分のテニスの中にあるのか、照らし合わせて見るだけでも意味があるかも。。。


2冊発売されているが、一冊1800円程度。
2冊とも買っても4000円いかない。
はっきり言って1、2、回レッスンを受けるよりよっぽど良いテニス投資になると思う。


テニスをしていて、どこか怪我をよくする方、痛める方やストロークなどで
力一杯振っているのに弱いボールしか飛ばない方、ステップでの戻りが遅い方など
どんな悩みの方が読んでもヒントがあると思う。



情報への安い投資だと思って、ぜひ一度読んでみてほしい。

 

AK プロ 

最近、コメントでもブログを読んでいる方にもよく相談される「ガット」。

自分が使ってみての感想を、少しずつ紹介していこうと思う。
けれど、注意していただきたいのは
「ガット」は張り手によって全然感触が違うし、ラケットによっても印象は変わる。。。
そこらへんも差し引いて読んでほしい。


今回、一番に紹介するのはかなり有名なガット「AK プロ」

どういう構造とか言い出すとキリがないし、よくわからなくなると思うので、
あまりそういうことには触れずに、インプレッションを書こうと思う。



このガットは基本的に硬いか?柔らかいか?と聞かれれば、硬い方だと思う。

けれど、爽快な打球感で癖もない。
抜け?が良いというか、スイートスポットに当たると何とも言えない柔らかさも感じれる。


どんなラケットに合うか?と言えば、硬派なラケットだと思う。。。
けれど、あまり硬めのラケットに張ると打球感がカンカンして良くないかも。。。
ある程度、しなりのあるラケットに相性がよさそう。


個人的にはガットとしてバランスが良いと思うし、とりあえず初めて使うラケットには
これを張って、打球感の基準にしている。



耐久性もそこまで悪くないし、ある程度自分から振っていくタイプの男性ならお勧め。
女性には少し硬いかも??個人差があるが・・・。
クラブの学生さんには耐久性の問題から、あまりお勧めできないガット。



 

六甲山麓プリン

プリン


今回は神戸元町商店街の中にあるお店「Ca sent bon」の
六甲山麓プリンについて・・・。

少しプリン自体も硬めで、昔のプリンのような印象。。。

とろける感じは全然なかった。
(個人的にはとろける感じの方が好き)

カラメルソースはおいしかったが、プリン自体は微妙・・・。

あまり印象のない味で、今だにプリンの1位は「京町プリン」のまま。。。
 

女性のお肌に・・・。

このブログは、ほとんど男性が見ていると思いきや!?
最近は、女性の生徒さんからも見ているとのお声が。。。
しかも、もっと更新してくださいとのこと・・・。(すみません、頑張ります。)

今回はこんな男向けのブログを、せっかく見てくれている女性に向けての記事
(男の人も彼女や奥さんのために知っておきましょう(笑))


男の人はそこまでこだわらないお肌。
けれど、女性にとっては気になることの上位にくるらしい。。。


お肌のために、何万円のクリームやコラーゲンを飲むぐらいなら・・・。
と言うことでお勧めするサプリ。

このブログのマニアの方なら分かりますか??


それは・・・そう!このブログでも一度取り上げた「ZMA」か「Z-MAX」


というのも、亜鉛が含まれているこのサプリは、
スポーツをしている・していないに関わらず、女性にとっては必須サプリ。


意外と、貧血が多い女性の方は「鉄分が不足」と言われるが、
正確には「亜鉛とマグネシウムが不足」している。



亜鉛とマグネシウム自体、女性にとって

① 活性酸素を抑制する酵素の働きを活性化させる → 老化防止

② 肝臓で解毒を行う酵素の原料で、各種有害ミネラルを体外に排出 
                                    → デトックス作用

③ 骨に取り込まれるカルシウムを増やす → 骨粗鬆症防止

④ 睡眠の質を高める → 疲労回復促進

⑤ 女性ホルモンを調節し生理不順を改善する → 体調を整える


などなど、女性にとって良い作用がかなりある。


もちろん、天然のマルチビタミンなども足した方が良いが、
何しろ、女性にとって1番始めに摂らないといけないサプリはこちら


値段もZMAなら、1つ2500円で2ヵ月持つので安いと思う。
安いし、まずはお試しで体の内側から整えていくと考えてほしい。


摂取の仕方としては、夕方以降の空腹時。

亜鉛・マグネシウムは、他の物の吸収に負けやすいので
なるべくお腹に何もない時に摂取するべき。

もちろん、サプリを飲んですぐにお菓子を食べたりも吸収を妨げるのでNG!

なるべく、何も食べない午後の時間帯に飲むと良い。
もしくは、夕飯から寝るまで時間の間が長い方は就寝前。。。


だから、働いている方は仕事終わりにすぐ飲んでから帰宅したり、
主婦の方は、ご飯を作る前の時間に飲んだりと自分の時間を見つけて摂取してほしい。



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。