FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

MANTIS マンティス300

オフシーズンのトレーニングで、毎日、筋肉痛と戦っている。。。
やっとメニューにも慣れてきて、少しずつ筋肉痛もマシに。


汚い話で悪いが、昔は吐くぐらいまで追い込まれながらやっていたが、
今はまだその少し手前。。。
毎回、吐きそうになるが・・・(笑)

しっかりトレーニングすると、精神的にも成長させられるな、
と改めて感じる。

私も毎回、自分の気持ちを超えて追い込める精神力が欲しい。。。
そう考えると、オフシーズンのトレーニングをかなり追い込めてやれる
プロ野球選手や一流のアスリートはすごい!!!

話がかなり脱線しそうなので、このあたりにしておいて、
今日紹介するラケットは、日本ではまだ認知度も低いメーカー「MANTIS(マンティス)」

イギリスのメーカーで「良い物をより安く」みたいな理念で、
新品のラケットでも、2万円を切るぐらいで買えてしまう安さ。

色々重さがあるのだが、紹介するのは、
販売されている中で1番重い「300」



日本は基本的にラケットの価格が高く、こんなに安くて大丈夫??(笑)
と思いながら試打してみた。

【打球感】
 
 本当に「素直な癖のない打球感」と言うのが、第一印象。
 特に喰いつきがあるわけでもなく、弾きが強いわけではない。
 ガットの種類やテンションで、自分好みの打球感に近づけることが出来そう。
 個人的には、少し喰いつきを感じて、
 インパクトからの情報が分かりやすい好みの打球感
 

【ストローク】

 ラケットの頭が少し重いので、ストロークでの振り抜きが良い。
 喰いつきもある程度あるので、個人的にはコントロールがしやすかった。
 打球感がシンプルな分、あまり抵抗なく使えた印象。 
 面の安定性も、フレーム厚のおかげかこの重さにしては良く、
 ストローク向きのラケットだと思う。

【ボレー】

 バランスが頭にあるので、取り回しは少し悪いかも。
 重さ自体はフレームで300g程度なので、
 しっかり準備して打てる人にとっては気にならないレベル。
 コントロールは個人的には、とてもしやすかった。 
 フレーム厚が25㎜ぐらいあるのが、ポイントかもしれない。


【サーブ】

 バランスのおかげで、しっかり振れると振り抜きは良い。
 パワーもそこそこあるラケットだとは思うが、
 そこまで弾くラケットではないので、スピードよりはキレが出しやすい。
 
 コントロールもしやすいし、しっかりこの重さ・バランスが振れるか?
 に左右されると思う。
 他にも何種類か重さがあるので、サーブの振り抜きやすさなどで選んでも良いかも。
 

【総評】

 個人的には、コストパフォーマンスとしては最高クラスのラケットだと思う。
 このままでもいいが、もう少し重くして、もう一度使ってみたい!と思った。
 
 まだ、重くしては使えていないが、ラケット自体の方向性?というか、
 メーカーが目指しているラケット像は個人的には好き。

 
 今からテニスを始める人、これからもう少し真剣にテニスをしようと思っている人、 
 今でもしっかり試合に出て頑張っている人など、
 色々な層の人にお勧めできるラケットだと思う。
  
 周りがあまり持っていないラケットを使いたい!と言う方には、
 重さの種類も多いので、1番にお勧めできるメーカーのラケット。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。