スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

シダス インソール

以前、紹介したインソール「スーパーフィート」。

これもずっと使い続けていて、なかなか良いのだが、
1つ気になるのが「クッション性」

全体的に硬めのインソールなので、
ハードコートなどで激しく動くと足裏への負担が大きい。。。

「疲れ」などは減らしてくれるが、
硬い分、足の爪やまめなどに影響が出てくる。

硬いインソールの方が、地面の力などを吸収せずに
ダイレクトに足の力を体幹に伝えられるので、
良いのかもしれないが、テニスはストップ&ダッシュの競技。

止まるときには硬いと少し辛い(笑)

そこで、他のも試してみようということで専門家の方にお聞きしたところ、
お勧めと言われたのが「シダス」。



テニスではあの、フェデラーも使っているとされているインソールで、
サッカーの日本代表の選手などは、たくさんの選手が採用している。

というのも現在、
シダスとアディダスとの協力でサッカー日本代表のユースなどに積極的に採用して、
「怪我が減るか?運動量の変化は?足への負担は?」というデータを取っているよう。

これできちんとした結果が出れば、もっと導入していくらしい。

そういうサッカー界ともつながりのあるインソールで、
使ってみるとなかなか「優しい」感じ。

少しだけクッション性があり、足と靴が張り付いている感じがする。
今のところ、スーパーフィートよりは足への負担も少ない。

やはり、インソールはカスタマイズが望ましいが、
なかなか近くにお店が無い方には、
「スーパーフィート」に加えて「シダス」も候補に入れてみてほしい。


過去記事   スーパーフィート その1
         スーパーフィート その2

 
スポンサーサイト

SHOCK Dr ウルトラ2

最近、少しハードなスケジュールが続き、バテ気味(笑)

この前、「自分の休みっていつなんだろう?」と考えてみたら、
休みらしい休みって1週間のうち1日もない!?

まぁ、毎日楽しいし、充実しているからやれるんだと思う。

これがやらされてやっているなら、たぶん体は持たないと思う(笑)
皆さんも体と心のケアには十分気を配ってほしい。
(今日も2度目の酸素カプセルに行く予定)

今日、紹介する商品は「ショックドクター」というインソール。



≪テニスショップエディ≫テニスシューズSHOCK Dr ウルトラ2SHOCK Dr ウルトラ2

スノーボードやスキーなどでは有名らしく、バランスがとりやすいとのこと、
実際使ってみると・・・。

少し、薄くて硬めの印象。
このインソールを入れると、違う靴になったように感じる。

確かに、サイドの動きに効果を発揮してくれるようで、
足がぶれにくい
と感じた。

かかと部分のクッションのようなものが利いてるのかもしれない。

でも、個人的に大切にしている「足裏の感覚」が分かりづらい。。。

クッション性が良すぎるのか、踏ん張っている感じや、
足裏のどの部分にどれだけ体重がかかっているかを感じにくかった。

それを考えると、個人的には「スーパーフィート」の方がお勧め。
ここら辺は好みの問題もあるので、色々試してみてほしい。

(新ラジカル、試打が手に入ったので今度試す予定、お楽しみに(笑))
 

その後の super feet (スーパーフィート)。

以前、紹介したインソール「スーパーフィート」。



この感想を後日書くと言っておきながら、見事に忘れていたので今日書くことに。。。
(打ちたいラケットもあまり無いことだし・・・)

使ってみての感想は、素直に良いです!!
今まで、いくつかのインソールを使ってきたが(結構高いやつも・・・)、
間違いなく1番良いと思う。

「何がそんなに良いのか?」と聞かれると、何から言おうか悩んでしまうが、
まず靴とのズレ?みたいなものが、ほとんど感じなくてとても靴がフィットする。

靴ずれもこのインソールを使えば、少ないと思う。

それと、私が靴を選ぶ時などに1番大事にする、
「足裏の感覚」がとても出やすいインソールだと思う。
それがとても良い!

足裏の感覚が出ないと、バランス感覚などに大きな影響が出てくるので、
とても気にしたいところ。

私の生徒さんも、スーパーフィートを入れた方がいたが、
明らかにフットワークが良くなった。

どう良くなったのか?と言うと、左右に走らされた時のバランスが崩れにくくなって、
だいぶ、コートカバーリングが早くなった。

また、「練習後の足の疲労感が全然違う!」と驚かれていて、
今では、靴を履き替えるたびにスーパーフィートも入れ替えている(笑)

スーパーフィートはクッション性はほとんど無いが、足が疲れにくいのは確か

きっとそれは、土踏まずの部分がピタッと合っているので、
余計な力が入らない?というか、土踏まずの部分でも
しっかり地面を押せるからかもしれない。

あと、他のインソールとは明らかに違うと感じたのは、
つま先への体重のかけやすさ。

つま先にスッと体重をかけれるので、前に走るときなどスムーズで快適。





 

super feet (スーパーフィート)

新しく「インソール」というカテゴリを追加!
少しだが、試してみたインソールを紹介していこうと思う。

「シューズはこだわるが、インソールはそのまま。」なんていう人は意外と多いと思う。
けれど、いくら靴が良くても「靴と足のつなぎ役」のインソールが合わないと
靴の良さも半減する。
そいう意味でも大事なインソールたちを少し紹介。

第1回目に紹介するのは「スーパーフィート」

実は昨日、スポーツデポでカスタマイズしてもらった。
というのも、運良く今は半額でカスタマイズしてくれるということだったので、
普通の製品を買うのとあまり値段が変わらないので作ってみた。

DSCF2875.jpg

なので、使ってみての感想はまた後日に。。。

しかし、このカスタマイズの作り方が面白い。

足が着かないくらいの高い椅子に座り、
足は体重がかからない状態でかたどっていく。

そうすることで、ニュートラルの状態での足の形がインソールに刻まれる。

スーパーフィートの考え方は、
なるべくニュートラルな状態(足に負担がかかっていない状態)を、
靴の中で作ってやることにより、
足首の負担やスムーズな体重移動を実現するとのこと。


実際作って履いてみると、確かに母子球へ体重が乗りやすく、
前への動きが楽になったように感じた。

(詳しい感想はまた後日・・・)

普通のインソールは、クッション性などを重視しているが、
「スパーフィート」はあくまで靴と足とのつなぎ役として考えられている。

色がたくさんあって、始めどれを選べばよいか分からなかったが、
テニスなどのスポーツでは「グリーン」の物が良いよう。



【0403spo】【10,500円以上送料無料】Superfeet[スーパーフィート]トリム・フィット ブルー カ...

女性にはこちらもあります。



【美脚・冷え性にも効果が期待できます!!】女性専用モデル曲がった骨格をまっすぐに外反母趾...

もし、インソールに興味のある方はぜひ試してみてほしい。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。