FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

PRINCE EXO3 グラファイト100S

ブログを毎日、「書かないと!」と思いつつなかなか書けない日々。
それでも試打だけはしているので、コツコツ記事を書いていこうと思う。

最近、大阪では「世界スーパージュニア」なども行われ、
試合観戦が豊富で楽しい時期だった。

今回、スーパージュニアで優勝した内山君は、生で見るとすごかった。
大会2日目から見だしたのだが「ジュニアじゃない。」と思ってしまう
プレー、フィジカル、雰囲気。


ジュニアの全日本を優勝などしている栗林君や、内田君、
河内君などは、試合で生徒が当たったりするので、
よく試合などを見ているが、内山君は歳が近いと思えない(笑)

個人的には楽しみな選手が出てきた。

今日紹介するのは、昔からの人気ラケット「グラファイト」の新作。



「グラファイト」は昔から人気で、学生のころ使ったがすごく良いラケットだった。
このO3を採用してから売れているのか?はよくわからないが、
プリンスの主力商品には間違いないと思う。


実際打ってみると・・・。
前回モデルより、フレームの変化は出ているように感じた。

喰いつき感が感じられ、しなり?っぽい感覚もあった。
明らかに違うと感じたのは、「振動」かもしれない。


打球感がすごくクリアになっており、スイートスポットも広く感じる。
グッ!とボールがめり込む?感じがあり、
場合によってはボールがやたら重く感じる(笑)


このしなりというか、フレームとボールの飛びだしの一体感が、
このラケットの特徴なのかもしれない。

これは、昔のグラファイトに近づけるため?
そこらへんは分からないが、
個人的にはこれでもう少し面の安定性が出ると、しっかり感がでて好きになると思う。

フレーム厚が19.5㎜で、これ以上厚くしてしまうと、
他のラケットとスペックが似てしまうので、これは仕方ないのかも。

ということは、このEXO3系だとなかなか面の安定性の向上は難しいのかも・・・。
あんなに穴が空いているし(笑)

ボレーやサーブの飛びなども予想通りで、ちょうど良い感じだし、
抵抗なく使えるラケットだと思う。

けれど、これなら今でも売られている、
普通のグラファイトの方が個人的には好き・・・。

というか、同じ「グラファイト」という名前のラケットが
新作・旧作共に売られていることが珍しい(笑)


過去記事  EXO3 グラファイト100
 
スポンサーサイト

EXO3 BLACK 100

今年のウインブルドンは、
錦織選手の1回戦の相手が何と「R・ナダル」!!

楽天オープン2010への出場を2人とも表明していたため、
日本での対戦が実現するか!?と思っていたが、
グランドスラムで実現してしまった。。。

これを「運が悪いなぁ」という方もいると思うが、
私としては「運が良いなぁ」の一言。
世界最高レベルの選手と今、戦えるのはとても幸運なことだと思う!

フレンチではジョコビッチと対戦したし、
今年の錦織選手は運が良いのかも(笑)
しっかりTVを見ながら応援したいと思う。


と、少し話がそれてしまったが、今日はプリンス「EXO3 ブラック100」の紹介。




スペックは面が100で重さも300g程度、
フレーム厚も24ミリまでと黄金スペック。
ピュアドライブの対抗機種という位置づけかと思われる。

実際打ってみると・・・。
打球感は「EXO3らしいなぁ」と言った感じで、
少し打ち応えの無さが感じれるが、
良い言い方をすればマイルドな打球感だと思う。


とりあえず喰いつき感はあまり感じ取れず、
パンッ!とすぐ弾いてしまう球離れが早い印象だった。

そこそこの飛びで、そこまで飛びすぎる感じは少なかった。

ラケットのバランスが良いので、操作性は問題ないと思う。
球離れが早い感じなので、ストロークでは少し打ちにくかったが、
ボレーに関しては取り回しや、弾き感が良いのでとても使いやすかった。

フレーム厚もそこそこあるので、ボレーに向いているラケットだと思う。

けれど、ピュアドライブと比較してしまうと、完成度にまだまだ差がありそう・・・。

EXO3シリーズは打球感の特徴が他のラケットと違うので、
EXO3シリーズの打球感が好きで、
ダブルス主体の方にはお勧めのラケットと言える。

 

プリンス(Prince) EXO3 REBEL95

発売は少し前になるが、スペック的に気になるラケットだったので試打することに。
以前のレベルはなかなか好きなラケットだったこともある。。。



下取(売却)ラケットがあれば、さらに¥5.000off!!プリンス(PRINCE)テニスラケット:EXO3 ...

一応、グラファイトと同じ時期に発売されて、
スペックからもグラファイトのMIDとMPの間のような感じの「EXO3 レベル95」。

実際打ってみると・・・・。
う~ん、と言った感じで個人的にはあまり好きでない打球感

グラファイト以上にしなりを感じれて、喰いつく感じが得れるので、
O3の中では珍しい打球感
だと思う。
そういう意味ではO3が苦手な人でも、まだっ!大丈夫な人がいるかも。。。

けれど、まず中途半端な打ちごたえがあまり好きではない。
打った感触が何%かO3に消されていて、変にボールの感触が消える。

これに慣れれば、問題ないのかもしれないが、
個人的にはボールの感触や感覚は、
ダイレクトに感じた方が良い
と思うのでお勧めではない。
(打った時の感覚を磨くため。。。)

あと、なぜか分からないが、ガシャガシャした感じが打球感に混ざるのが嫌だった。
これは、新しいグラファイトにも少し感じたが、EXO3のせいかもしれない。

打球感や面安定性を除けば、飛びやしなりなどバランスよく作られていると感じた。

面が95だがボレーでもなかなか伸びるので、
ストローカー寄りのオールラウンドなラケット。

グラファイトと悩んでいる方がいるとしたら、しなる感じが好きな人には、
こちらのラケットをお勧めする。

また、スピンの掛けやすさで言うと新グラファイトの方に分があるかもしれない。
 

プリンス EXO3 ZAP 95

今回もEXO3シリーズの「ZAP」というラケットを試打してみた。

面が95と小さめで、フレーム厚が22ミリのラケット。
このバランスがどういう感じになっているか楽しみだった。



2009新製品!【送料無料】【ガット張り無料】Prince(プリンス)【EX オースリー ザップ 95(EX...

実際、打ってみると・・・思ったよりは良い打球感!
個人的にEXO3シリーズの打球感は何か物足りないというか、
頼りない感じがしてあまり好きでなかったが、
このラケットはまだ!打ちごたえがあり、少し喰いつきも感じれる。

最近プリンスに多い、打球感がボヤける感じも少ない方。。。

競技者に向けている??ように感じれる打球感だった。
喰いつき感はフレームのしなりからきているように感じた。

違うEXO3シリーズでも、一応喰いつきは少し感じれたが、
このラケットは他の物より感じれる。
(といっても、まだ球離れが早いように感じる・・・)

面安定性などは、はっきり言って足りないと思うが、
少し喰いつく分コントロールはまだ!しやすかった。

というか、プリンスの新しいラケットは基本的に面安定性が低く感じる。
昔書いた「ディアブロ」のようなラケットをもう一回作れば良いのに・・・。

スイートスポットは確かに広いが、それがあまり好きでない。。。
打った感じと飛んでいくボールに違和感を感じてしまう。

サーブを打った時などはラケットがグニッ!と曲がっている感じがすごい感じれた。

そういうフレックス(ラケットの硬さ)からも考えて、ストローカー向きのラケットだが、
オールラウンドに使えるように、フレーム厚を22ミリに調整したのかもしれない。

これ以上薄くしてしまうと、現代のテニス傾向から考えてパワー不足は明らか。
ストロークメインだが、
ボレーも使う方(最近多いと思う。。。)用に作られたラケット。


プリンスの中でラケットを探しているのであれば、まだお勧めできるラケットかも。。。
 

プリンス EXO3 THUNDER105 (オースリーサンダー)

プリンスの新商品ラケット「オースリーサンダー」のインプレッションを。。。



スピードを身に付けたい中上級者専用ラケット”アドのガット張りがお手伝いします。プリンス(Pr...

今回からメーカーのラケット紹介文も載せていこうと思う。

「105平方インチフェースにEXO3エナジーブリッジと
エナジーチャネルを搭載することで、中上級者に快適な振り抜きとコントロールの安定性を可能にしたオールラウンドミッドプラスラケット」
らしい。。。

まず「エナジーブリッジ」と「エナジーチャネル」ってなんだ??と思ってしまった。

昔ならラケットの用語は大体知っていたのに、最近色々出てきて良く分からない(笑)

間違っているかもしれないが、調べると、
あのフレームに穴が空いているのを「エナジーブリッジ」。
フレームの中央部にある、穴が小さい??所を「エナジーチャネル」と言うらしい。
(はっきり言って名前は興味がないので、実物を見てください。。。)

それでは、メーカーの説明文も照らし合わせながら打ってみると・・・。

まず打球感は、O3らしかった。。。
けれど、少し打ちごたえが出てきて、
以前のような何か頼りない感じは少しなくなったように思う。
ある程度、打ちどころも分かるし飛びもそこまで大きくない。
メーカーの宣伝通り、スイートスポットは確かに広いと思う。

けれど、少し球離れが早く感じた。。。
捕まえる感じが少なく、少しだけボールが乗って離れていく感じなので
コントロールがし辛い。。。
「FX ZEN」と並行して使っていたのだが、ZENの方が断然コントロールしやすかった。。。

振り抜きに関しては確かにしやすい方だと思うが、
コントロールに関しては中上級者がこれで満足するとは思えない出来。

ボレーやサーブでも、やっぱりイマイチな感じで、しっくりこない。
球離れのせいか、スイートスポットが広すぎるせいか分からないが、
個人的には「嫌いではないけど、選ばないな」という結論に。。。

今までO3を使われてきた方にはお勧めできると思う。
少しO3は、独特な感じがあるので一度試してみて気に入ったら使うと良いと思う。

個人的には似たようなスペックであれば、
ウイルソンのFXシリーズやダンロップの方がお勧めできる。


「このO3システムが世界でたいへん売れている!」と、どこかで読んだが、
本当にそんなに売れているなら、私の感覚は世界とはずれています(笑)

そんな、ずれた私の感覚を参考にしてくださる方は、
これから続々と紹介する新製品のインプレッションも読んでください(笑) 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。