スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

X-BLADE  310

個人的にはお詫びの記事にいっぱい拍手が入っていて、
どういう意味の拍手なのだろうか?と少し笑ってしまった。

拍手を入れていただいた方々、ありがとうございます。

今後も興味のある記事に、拍手を入れていただけると嬉しいです。
(なるべく拍手が多い内容をとりあげようと思っているので。)

久々の記事なので「何を書こうかな?」と思ったが、
やはり試打レポートかな?と思い、新しい「X-BLADE」の記事とすることに。。。
(十坪ジム その2も書かないと(笑))



X-BLADEと言えば、ブリヂストンが何年か前から出しているシリーズで、
ブレード製法にこだわったラケット

初期のころからずっと試打してきていて、
個人的にはお気に入りなので、期待している。

前回の「ZERO」はかなりしなりがあり、
独特の打球感を作りだしていて、作りとしては好きだった。

さて、今回は・・・。
打球感は、少し硬くなったと思う

前回モデルはフレームがかなりしなって、ボールを掴む時間が長く感じる打球感。
今回は、フレームのしなりが少なくなり、カチッとした打球感に近くなった。


シャープな、切れ味のある打球感になったと言えるかもしれない。

打球感を今までのシリーズで表現するなら、
初期と前回の中間ぐらいの硬さ?と感じた。
(初期に近いかもしれない・・・)

金属的ではなく素朴な感じの打球感は、継承されていると思う。

本当にしっかりスイートスポットで捉えると、
柔らかさも感じられて、心地の良い打球感だと思う。

このシリーズはバランスも頭が軽めなので、振り抜きもしやすく、
重さはそこまで気になりにくいと思う。

けれど今回のラケットで1番感じたのは、芯を外した時のボールのひょろひょろ感(笑)

しっかりボールを捉えた時と、外して打った時の差が、
最近のラケットの中ではすごいと感じた。

「昔のラケットは皆こんな感じだったなぁ~。」と思いながら使っていた。
試合で使うとしたら、なかなか手強いラケットになると思う。

そこ以外は、今までのX-BLADEを使っている方なら抵抗なく使えると思う。

学生や昔のラケット寄りの打球感を探している方には、
1度試打してほしいラケット。

過去記事  X-BLADE MP (初期)   
        X-BLADE ZERO MP 
スポンサーサイト

ブリヂストン(BRIDGESTONE) X BLADE ZERO 3.25 MD

久々のラケット紹介。

今日は以前紹介したラケットのMIDの方。

MPの記事には17拍手も入るほど、反響の大きいラケット。



★最高の特典付き!★◆テクニファイバー X-ONE BIPHASE 張り上げ出荷★テクニファイバー グ...


とりあえず、打ってみると打球感はMPに比べて
「打球感が詰まっている感覚」が強かった。
これはもちろん、フェイスの違いからきているのだと思う。

また、ウレタンが詰まっているせいか、面安定性も高く感じる。

けれど、とにかくこのZEROシリーズは、ラケットのしなりがすごい。
(前回も似たようなことを書いたが・・・)

MDもMPも近い打球感だが、ボールを打った瞬間ラケットがグニッ!と折れたんじゃないか?
と思うほどしなる感覚が感じ取れる。

ここまでしなる感覚、ボールを捉えている感覚を得れるラケットは、
強いて言うならトアルソンの「アロー」。
それ以外は見つけられないほど、特殊?な打球感を感じ取れる。

前回も書いたがラケットがしなることで、ボールが載っている感覚はかなり感じ取れるラケット。

しなる分、振りきっても飛びすぎることもなく、きちっとコートに収まってくれる。
ボールを掴む感覚が長いのに、反発力を感じれるこのラケットは不思議。。。

グニッ!の後にパンッ!とボールが飛びだしてくれる。

バボラとは全く逆の方向性で打球感を作っているのが面白い。

MDとMPの一番の違いは、やはりボールの飛び。

MDは面が小さい上に、しなるのでどんな時でもしっかり振れることが要求される。
追い込まれた時にラケットの助けは期待できない。

ボレーにもあまり向いていないラケットと言える。
ストロークのことを第一に考えて作られたように感じた。。。

そう考えると、MPの方がトータル的なバランスは良かった。
MPでもまだ、ストローカー向きだがMDほど辛さは感じない。

本当に月並みな意見だが、
打球感・ストローク重視であればMD
トータルなバランスで言えばMP

になると思う。

個人的には、しなりがあって打球感も大好きだが、
自分が使うラケットであれば、もう少し反発力があるものを選ぶと思う。

けれど、試合に出たりせずに打球感を楽しむ方には一度試してほしいラケット。
 

ブリヂストン(BRIDGESTONE) DUALCOIL 2.8

最近、生徒さんが買い換えたラケット「デュアルコイル 2.8」。
さっそくお借りして打たしてもらうことに。。。





≪テニスショップエディ≫テニスラケットブリヂストン(BRIDGESTONE)デュアルコイル2.8ブリヂ...



私は、あまり女性向けのラケットを試打しないが、
このラケットの良さはすぐにわかった。

このラケット良いです。。。あくまで女性にですが・・・。


打球感は癖がなく、スコーン!と抜ける感じがする爽快な打球感。
一回、グッとボールを捕まえて弾いてくれる感じは、
プレステージの粘り気がない感じで、個人的には大好き。
ボールの伸びも重量が軽い割にあるし、体重が乗った球も打てる。


何より、スポットを外してもだいぶラケットが助けてくれて、面だけでボールを返してくれる。
重さやバランス、飛びも女性が使うのにはちょうど良いバランスだと思う。
スペック的にも、女性にはとても良いと思うのでお勧め。


私の中で、少し打てるようになってきた女性には1番にお勧めするラケットだと思う。
初心者でもいけると思うが、自分で振り切って打つタイプの女性の方が、
よりラケットが生きると思う。


カラーも2種類あるし、女性にはぜひぜひお勧めのラケット。 

ブリヂストン XーBLADE ZERO MP

ミニ試打会、最後のラケットインプレッション「X-BLADE ZERO」。

このラケットはアクセス解析でも検索の多いラケットで、意外と注目されているのかも?

前回のX-BLADEは私も一時期、相棒にしていたほど良いラケットだったので
今回もニューラケットに期待。。。



★最高の特典付き!★◆テクニファイバー X-ONE BIPHASE 張り上げ出荷★テクニファイバー グ...



長々と書くのも嫌なので、結論から・・・。
このラケットすごい!しかも良い!!
かなりお勧め。久々に、男性用のラケットでこんなに良いラケットに出会った。

まず「何がすごいのか?」というと「弾くのに球が載っている」感じがする。

もう少し分かりやすく言うと「弾く」と言うことは「球離れが早い」
(バボラなどがそういう傾向・・・。)

けれどこのラケットは、最後に「弾く」のに「球の喰いつき」と「しなり」を感じれる。
不思議すぎる・・・初めてこんなラケットに出会った。

競技者向けにありがちな、

 パワーを求める       → 球離れが早くなり打球感・コントロールが悪い
 コントロール性能を求める → 喰いつきがある分パワー不足になる


という不満を払拭してくれるラケットだと思う。


もちろん、コントロール性能は良いし、飛びも抑え気味。
スポットで捉えれなくても、ある程度飛んでくれるし、
スポットで捉えた時は「グッ!パーーーン」と飛んでくれる気持ちの良い打球感。

フレームの頼りなさもほとんど感じなかった。
良い意味で、前回のX-BLADEとは別物になったと思う。

ブリヂストンはこの打球感を軸にしていけば、ユーザーからもっと支持を得られると思うほど。


ある程度、打球感にこだわりがある方ならぜひ一度、試打してほしいラケット。
もう一度言うがお勧めです。

私も、今のラケットがヘタったら新しいラケットの候補にしようと思う。

※ミニ試打会の本当のまとめはメルマガにて(笑)



 

ブリヂストン(BRIDGESTONE) X BLADE FORCE 3.15 MP

最近、ブログの記事のバランスを考えすぎて、書く気が失せてきたので
あまり気にせず、自分の好きなことを好きなだけ書くことに決定!!
ですので、内容が偏ってしまいますがすみません・・・。


最近、あまり良いラケットがなくてラケットへの興味もあんまりないし。。。


今回も「エディ大阪」さんのご協力で試打したX-BLADEについて。




【テニスラケット】【NEW】*ブリヂストンX-BLADE FORCE 3.15 MP(国内代理店商品)【20%OFF!送...


打球感は前回書いたMIDに比べて、スペックから考えても仕方ないと思うが
少しぼやけた印象。

打ちごたえはある程度あるが、ラケットの重さがそこまで無い分
ボールに体重が乗っている感じはなかった。

けれど、打球感の路線としてはクラシックな感じで嫌いな人は少ないと思う。
どちらかと言うと「粘り気」ではなく「さらっと」した打球感。
少しだけ弾きもあったように感じる。


しかも、MIDが結構飛ぶのでMPも飛ぶと思ったら、意外とそこまで飛びは大きくなかった。
ラケットの重量が抑えられているからか・・・。
でも、とりあえず感じたのはフレームのしっかり感のなさ。。。
これだと、重い球が来たときにどうしても押されてしまう印象を受けた。


けれどよく考えてみると、このラケットのターゲット層から考えて
「この作りでいいのかな。」と変に納得することも。

やっぱり、競技者であればZEROをチョイスするだろうし、
それよりももう少し下のレベルであれば、そこまで重い球が来ることは少ない。



だから、
操作性を良くし、重量を抑えたものを作っているのか?


う~ん、ブリヂストンがそこまで考えて作っているのかは分からないが、
これはこれで、あるターゲット層には良いラケットだと思う。


競技者には向かないが、テニスを楽しくやりたい人には良いラケット。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。